blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
折紙展望台がある上山の道路を整備しました
・・展望台・休憩所の解体を手伝っていただきました・・
9月25日、蕨町から上山までの道路整備をアクロス五島の皆さんが行いました。

[写真:手づくり展望台(小林先生提供)]
手づくり展望台(小林先生提供)



台風後でしたので、竹や木々が道路に倒れているのを切りながら登りました。
猪が大きな穴を掘っていたのですが、雨で土が流れて穴が目立たなくなっていました。
猪さん、道路に出てこないでくださいね。
久賀島は山深いから猪が住むところは沢山あるでしょう。







私は久しぶりに展望台まで歩きました。
気持ちがよかったです。
島民手づくりの展望台・折紙展望台の壊れた休憩所の解体を手伝っていただきました。
まずチェーンソーで柱を切っていきます。







チェーンソーだとはかどりますね。
倒した建物は、アクロスの皆さんが片づけてくださいました。
有難うございます。
本当に助かりました。







2007年に展望台の清掃活動をしたあとに、歌手の茜つばきさんのコンサートと馬頭琴の演奏会を開催しました。
その時には、まだ休憩所がなく暑い中で歌ったり、演奏をしていただきました。
そこで、これでは申し訳ないと休憩所をつくることに・・・。

2007・4・29



その後、観光に訪れた皆さんが利用してくださっていました。
大阪からいらした教会の皆さんは、聖歌を披露してくださいました。
津軽三味線の演奏買いもしましたよ。





植物愛好家の皆さんが訪れたこともあります。
久賀島出身の方がお友達と一緒にいらしたことも・・・。
久賀小学校の児童と勉強に来たこともあります。
思い出いっぱいの休憩所でした。







道路整備や休憩所解体を終えて山を下りていると、ジャンボタクシーに乗られたお客様とすれ違いました。
お越しくださり有難うございます。
そして自転車でいらした方ともお会いしましたよ。
久賀島はいかがでしたか。
いい旅にしてくださいね。



アクロス五島は、10月には七ッ岳の登山ルートを整備します。
私も参加したいのですが、七ッ岳には登れないので諦めました。
日ごろから鍛えないといけないですね。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 09:03 | comments(0) | - | pookmark |
小中学校と地域合同の運動会
・・・ふれあい運動会 開催・・・
9月20日(日)いいお天気に恵まれた運動会。
地域と小中学校の合同運動会です。
三密を避けるために、綱引きなどはプログラムから外しました。
またテントも沢山はり、応援の人が密にならないように工夫しています。
選手宣誓は、小学生・中学生、そして地域の人三人です。



これから順不同で、皆さんの様子をご紹介します。
邪魔にならないように遠くから写していますので、迫力はないかもしれませんね。







次は消防団員のタイヤ転がしリレーです。
なかなか思い通りにはいないタイヤに、悪戦苦闘しながらのリレーでした。





中学生によるソーラン節。
初めて踊る中学生もいるのですが、とっても上手です。
アンコールの時には、卒業生も飛び入り参加して盛り上がりました。







小さい子どもたちの出番もありますよ。
島の宝のこどもたち。
がんばってね!





職場対抗リレーの選手たち。
10以上のチームが出場したのですが、近くにいた2チームの写真を撮らせてもらいました。
出張所チームと高校生チーム。
どちらも頑張ってね。





学校のプログラムのアナウンスは学校が受け持ちます。
そして地域の人が参加するプログラムは、私たちが引き受けました。
自分がアナウンスするときには、写真が撮れないので面白い場面がとれませんでした。
でも楽しい雰囲気が伝わればいいなと思います。



本部席の所で軽やかに踊っている先生がいらっしゃいました。
久賀エイサーを踊っている小学生を指導された先生です。
あまりの軽やかさに見とれてしまいました。



そして久賀エイサー。
今年のエイサーは、昨年と少し違っていました。
エイサーと一輪車の組み合わせに、観客席から大きな拍手がおきました。
とっても上手でした。





老人会と小中学生の玉入れ。
昨年は老人会の勝ちでしたが、今年は小中学生に軍配があがりました。
「今年の小中学生は一味違いますよ」と実況放送の先生がおっしゃっていましたが、ほんとにその通りでした。





中学生による「太鼓の達人」
久が太鼓と蕨太鼓が披露されました。
いつもアンコールがかかる種目です。





小学校のプログラム。
高く上がったボールをカゴで受け取ります。
ボールが遠くへ行ってしまったり、せっかく入ったボールが飛び出したりと、面白い種目でした。





久賀島の民踊「椿音頭」
知っている人も知らない人も、輪になって踊ります。
間違っても平気平気・・・。
みんなで楽しく踊りました。
この写真は、観客からいただきました。



この日は、五島市の野口市長が一日お付き合いくださいました。
有難うございます。
人口減少と高齢化で運動会に参加できる人が少なくなりましたが、プログラムを工夫してみんなが楽しめる運動会にしています。
この日も、笑い声が空高く響きました。



家に戻り、コーヒーで一服したあとに外にでました。
すると奇麗な雲が・・・・。
いい運動会でした。みなさん楽しかったですね。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:49 | comments(0) | - | pookmark |
五輪へ続く道路の清掃(9月19日)
・・・有難うございました・・・
台風で木の枝や葉っぱが散らかって、歩きにくかった道路がきれいになりました。

[写真:小林先生提供]
小林先生提供



清掃活動をしてくださったのは、次の方々です。
五島市観光協会    三国観光
振興局  五輪の皆さん   旧五輪教会堂の教会守の永松さん





私は用事があり、写真だけを撮らせていただきました。
観光客の皆さんがいらっしゃる前にきれいにしたいと、頑張っておられました。
道路を終わると、次は海岸清掃です。
掃除しても掃除しても際限なく打ち寄せてくるゴミ。



一人一人がゴミを捨てないという意識を持って、少しでもゴミを減らせるといいなあと思います。
何処へ行っても、自分のゴミは持ち帰りましょう。





昔の五輪地区の写真です。
青い線で囲った海岸が、今日ゴミ拾いをした海岸です。
昔は、大勢の皆さんが住んでおられた五輪地区です。



道路も、こんなにきれいになりました。
でも大雨で穴があいていたり、緑の苔のようなものが生えています。
雨の日は、とても滑りやすい道路です。





この坂道に手すりを付けていただくようにお願いしています。
取り付けるというお返事はいただいているのですが、長引いています。
以前は「国の重要文化的景観と世界遺産だからできない」と言われたことがあります。
ではなぜ、軍艦島はできるのかと不思議に思い国に問い合わせました。
国の答えは、五島市の裁量でできるということでした。
金ぴかの手すりを要望しているわけではありませんので、ケガをする人がでないうちに手すりをつけていただきたいと思います。
よろしくお願いします。



今日のお客様がおりて来られました。
掃除の皆さん、間に合って良かったですね。
観光にいらした皆様、五島列島を楽しんでお帰りください。
久賀島には、コンビニもレストランもおしゃれなカフェもありませんが、自然豊かな島です。
歴史も島中に詰まっていますので、どうぞ又いらしてくださいね。



レンタカーで五輪へ行かれる皆様へお願いです。
島の方は慣れていますから、最後の細い道も大丈夫ですが、島外の方々は大変だと思います。
五輪入り口の800mくらい前に、駐車場があります。
できましたら、この駐車場を利用していただきたいと思います。





台風9号の時には、このような大きな木も道路に倒れこみました。
松本建設さんが切ってくださったので通れるようになりましたが、う回路がない久賀島は小規模のがけ崩れでも通れないことがあります。
台風のあとは、注意が必要です。





朝早くから掃除をしてくださった皆様、本当にありがとうございました。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:02 | comments(0) | - | pookmark |
折紙展望台の東屋が壊れました
・・・島民がコツコツ作り上げた展望台・・・





久賀島を訪れる皆様に、きれいな久賀島をご覧いただきたいと平成14年からコツコツと作っている展望台。
これまでの台風では、びくともしなかった東屋が壊れてしまいました。



2番目の展望台の東屋は、遠目には何ともないようですが近くに行って見ると、柱が割れていました。
電信柱を利用して作ったので、古くなっていたことと、本当に風が強かったのですね。





この展望台は、360度見渡せます。
ここを訪れる皆様は、とっても喜んでくださいます。
最初は「島を訪れる皆様にきれいな久賀島をご覧いただきたい」と作り始めました。
でも今では、島民の憩いの場ともなっています。

[写真:小林先生提供]
小林先生提供







展望台の作業のあと、みんなで食事をしたりコンサートを開いたり・・・。
椿音頭に合わせて踊ったこともありました。
モンゴルの留学生に馬頭琴を演奏していただいたことも。
様々な思い出がよみがえってきました。









今でも、年に数回島民が集まって草刈りなどの作業を行っています。
そんな大切にしてきた展望台の東屋が壊れてしまいました。
今度の台風では、瓦が取られたり、作業小屋が倒れたり、また家の一部が壊れたりと被害が続出しています。
高齢者ばかりの島では、なかなかすぐには修理できないのが残念です。



| hisakajima | 最近の久賀島 | 19:54 | comments(0) | - | pookmark |
五輪の道路は復旧しました

・・・被害はあちこちにあるようです・・・



五輪の駐車場へ行く細い道路の路肩が崩れていましたが、12日の夕方には復旧しました。

復旧の連絡と写真は、旧五輪教会堂の教会守の永松さんからいただきました。

なかなか島全体を網羅できないので、ありがたいです。

地元の方は、最後のクネクネした道路を運転できますが、島外の方は少し手前のコンクリートの駐車場の方が安全かと思います。


[写真:永松さん提供]

永松さん提供


今度の台風は、地域によって被害の違いがあるようです。

大開は、風があたったようで、屋根瓦がとれたり小屋が倒れているところもありました。

修理するまで雨が降らないでほしいですね。


[写真:大開・小林先生提供]

大開・小林先生提供


柳坂神社は・・以前写したものです・・少し、瓦が取れていましたが、正面から見たところはあまり被害がなさそうでした。

後ろの方は分かりませんが・・・。


[写真:柳坂神社]

柳坂神社


市小木も風があたったようです。

やはり瓦が取れたり、小屋が倒れたりしていました。


[写真:市小木・小林先生提供]

市小木・小林先生提供


以前、台風の時に市小木の観音堂の前の桜が倒れてしまったことがありました。

がっかりしていると、切り株に地元の方が水をかけているうちに、また桜がきれいに咲くようになりました。

今回の台風でどうなったのか、とても心配で見に行きました。

良かった。無事でした。


[写真:2009年観音堂]

2009年観音堂


[写真:2017・4観音堂桜]

2017・4観音堂桜


[写真:2017・4観音堂]

2017・4観音堂


枝垂桜は傾いていましたが、折れてはいないようでした。

また春にはきれいな花を咲かせると思います。


[写真:2020・9観音堂]

2020・9観音堂


[写真:2020・9観音堂]

2020・9観音堂


猪之木の人に聞いたところ、猪之木は今回は風はあたらなかったそうです。

良かったですね。

神社も何ともないそうですよ。


[写真:猪之木・小林先生提供]

猪之木・小林先生提供


ゆっくり山を観察してみると、山の中の木は折れているものが多いです。

永里では、家の前にあった杉の木が倒れそうだったので切った家もありました。

我が家もそうですが、台風の後片付けが大変です。

夕焼けの中の虹を見たことがありますか。

2002年に、急に外が明るくなったので見てみると真っ赤な夕焼けの中に虹がかかっていました。

そして景色は、黄色のセロファンを通して見たように見えました。

その時は、とても強い風が吹きました。

それ以来、自然現象には気を付けています。


[写真:2002・8・29]

2002・8・29

| hisakajima | 最近の久賀島 | 13:31 | comments(1) | - | pookmark |
台風10号被害の旧五輪教会堂
・・・桜があったころの浜脇教会堂もご覧ください・・・
旧五輪教会堂の教会守の永松さんに、蕨町から五輪までの道路状況と旧五輪教会堂の台風10号の被害状況を教えていただきました。
五輪関係の写真は、永松さん提供です。
蕨町から五輪地区までの道路。

[写真:蕨町から五輪まで]
蕨町から五輪まで

新たに外壁が少し崩れました。
痛々しい感じです。

[写真:永松さん提供]
永松さん提供

一部ですが、雨漏りがするようになりました。
これからの雨で床が落ちないか心配です。

[写真:永松さん提供]
永松さん提供

永松さんからのご連絡です。
「台風の進路によっては倒壊も覚悟していたので、とても安心しています。皆様に建物は無事だとお伝えください。
また、五輪までの道ですが、突き当りの駐車場までの路肩が崩れて車でいけなくなっています。
ご案内する際は、いつもより10分くらい余裕を持って、手前のアスファルトの駐車場から来ていただけると安全です」
そしてまた、車から降りて歩かなくてはいけない坂道についての情報です。
「木の枝や、海からの漂流物も散乱しているので、サンダルのようなものだとケガをする可能性もあるので気をつけてください」

[写真:永松さん提供]
永松さん提供

これから道路の整備などは始まりますが、いらっしゃる時には気を付けてくださいね。
前回、浜脇教会堂の桜が倒れたことをお知らせしました。
まだ桜が両脇にあったころの写真をご紹介します。
懐かしい桜です。





永松さん、情報提供有難うございました。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:10 | comments(4) | - | pookmark |
台風10号被害のお知らせ
・・・蕨町から田ノ浦まで行ってみました・・・



まず蕨町から久賀町へ行く途中の山が、少し崩れていました。
水田へ続く道路ですが、今は耕作放棄地となっている所ですので誰かが通るということは無い所です。



あちこちの普通栽培の田んぼは倒れていました。
台風9号、台風10号、猪被害と続き、農家の皆さんは大変です。
野菜もほとんどがだめになったようです。



浜脇教会堂を見ると、一本残っていた桜が切り倒されていました。
倒れたのか、それとも危ないので切ったのかは分かりませんが、仕方がありませんね。
きれいなずっしりと重そうな桜でした。
私も寂しいですが、それ以上に信徒さんたちは胸を痛めていることでしょう。



浜脇を通りながら海を見ると、いつもとは違う海の色です。
濁ってはいませんでした。





田ノ浦の椿の里の前にあった炭焼き窯が倒れました。
毎年2月に、久賀島やぶつばき会で「久賀島つばき祭り」を開催していますが、炭を焼ける人が居たころには、この窯で焼いた炭を使っていました。



田ノ浦町内の入口まで行きました。
墓地の前に流木や流れ着いたゴミが沢山ありました。
これは台風9号の時に、海水面が30センチくらい道路まで来たそうです。
その時にゴミを運んできたようです。





田ノ浦から帰る途中に、市小木のあたりで九電工の人たちが仕事をしている場面に出会いました。
蕨町は停電はありませんでしたが、久賀島の一部で停電があったそうで復旧に来ておられたんですね。
有難うございます。



久賀湾には、草や木の葉などが沢山浮かんでいました。
いつもは鏡のような久賀湾ですが、山や畑から流れてきたんですね。



蕨町に戻ってきました。
台風10号は、「早めの避難を」と呼び掛けていたこともあり、多くの皆さんが、それぞれに避難しました。
・久賀島地区公民館
・診療所
・久賀小中学校
・元蕨小中学校
どこも満員だったようです。
蕨町内は、廃校となった元蕨小中学校に避難しました。
私たちも避難は初めてでしたが、安心していられたので良かったです。
「ゴーッ」と風の音がするたびに、「くるんじゃな〜い。まけんぞう」と言う人もいて、笑いながら一夜を過ごしました。
家に戻ってみると、我が家は少し雨漏りがしていましたが・・・。







私は、ただ道路を通っただけですので、詳しい被害は分かりません。
台風9号の修理を終えないうちにすぐに10号だったので、各家では被害が少しはあるのではないかと思います。
旧五輪教会堂も心配です。
台風よ、もう来ないでください。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:05 | comments(2) | - | pookmark |
台風9号被害
・・・旧五輪教会堂も被害・・・
台風9号は、久賀島のあちこちに被害をもたらしました。
人的被害はありませんでしたが、屋根瓦が飛んだ家は多数。
我が家も屋根瓦をとられました。
雨漏りがして、現在後始末中です。
道路には倒木が多かったです。
・・・・・・・・・・
旧五輪教会堂にも被害がありました。



まず教会堂の前の桜が倒れました。
これまで春には光に満ちた花を咲かせていた桜の木。
五輪まで行けなかったので、被害の写真は旧五輪教会堂の教会守の永松さんからいただきました。

[写真:永松さん提供]
永松さん提供

[写真:桜があったころ]
桜があったころ

窓の上部には雨戸がありません。
殆どのガラスが割れたそうです。

[写真:永松さん提供]
永松さん提供

[写真:旧五輪教会堂]
旧五輪教会堂

リブ・ボールト天井も、板がずれているようです。
旧五輪教会堂が建っている場所は、海の側なので台風が来ると大変です。

[写真:教会堂内部]
教会堂内部

[写真:永松さん提供]
永松さん提供

[写真:天井]
天井

内部の壁も破れているようです。
台風10号が、すぐにやってきます。
洋上で消滅してくれるといいのですが・・・。

[写真:永松さん提供]
永松さん提供

[写真:窓と告解室]
窓と告解室

永松さんは、台風9号の後始末で忙しかったようです。
五輪への道路の倒木などの後始末もしていたようです。
ありがとう。頑張ってくださいね。
台風10号の時には、皆さん「避難しようね」と言っています。
久賀島に来て初めてのことですが、私たちも避難しようと思っています。
皆様も気をつけてくださいね。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:46 | comments(8) | - | pookmark |
平家の落人伝説がある猪之木町
・・・・遅くなりました・・・
まず、猪之木町のドローン写真をご紹介します。
ドローン撮影は、久賀中学校の小林先生から提供していただきました。

[写真:猪之木(小林先生提供)]
猪之木(小林先生提供)

猪之木町は、資料によりますと明治維新の前までは「重別当」と言われていました。
しかし、猪之木の人たちは「じゅうべっとう」と言われることを好まず、明治初年に猪之木と改名したといいます。
しかし、「重別当」の地名は字名として今も残っています。
その昔、平家は壇ノ浦の戦いに敗れた後、源氏の手から逃れるために各地に散っていきました。
久賀島には別当役を交えた落ち武者たちが上陸しました。
島内に隠れ住む場所を探したあげく、大森林に覆われ奥まっている今の猪之木を安住の地と決めました。



それで「重別当」という地名が起こったと言われています。
改名した猪之木の地名の由来は、猪が大変多く大森林だったので猪之木と決めたと言われています。
浜泊と地区がありますが、平家の落ち武者たちが漂着し、そこで数日間泊まったので浜泊の地名になったと言われています。
・・・・猪之木のご紹介・・・・
猪之木出身の方が作った「猪之木名所古跡めぐり甚句」の一部を写真とともにご紹介します。

山紫で水清き、誰がつけたか重別当と、とってもいい名がついたもの

[写真:小林先生提供]
小林先生提供

村の鎮めは石神で、子々孫々に至るまで、家内安全、無病息災、今後もよろしく願います。

[写真:石神神社]
石神神社

村を興した地盤様、どこからお出でになりました。
出雲の国からきましたか。

[写真:地盤社]
地盤社

山城荒神さんは、法螺貝吹いて村廻り、悪霊退散いたします。

[写真:山城荒神神社]
山城荒神神社

2007年の石神神社のお祭りの様子です。
神社にお参りした後は、公民館で町内の皆さんでご馳走をいただいていました。
この石神神社には、役行者も祀ってあるのですが、平家と関係があるとかないとか・・・。
ご存じの方は教えていただけませんか。

[写真:石神神社例祭]
石神神社例祭

[写真:石神神社鳥居]
石神神社鳥居



町内を歩いてみました。
大きな石垣の家もあちこちにあります。
どこの集落にもあるのですが、カンコロや切干大根などを干す棚がありました。







次は「へそ神様」
昔は、子どもが生まれるとへその緒を納めていたそうですよ。



猪之木町内からは遠い田ノ浦の山之上にある巌観音。
以前は「よごもり」と言って、町内の皆さんがこの観音堂に泊まっていました。
私も泊りこそしませんでしたが、夜遅くまでお話をしていただき楽しかった思い出があります。

[写真:巌屋観音]
巌屋観音



観音経やらご心経、唱えますればあらたかや、岩より出づる水の音、十八日がご命日、老若男女が詣でます。
女の神様観音様は、とっても奇麗なお顔です。

[写真:巌屋観音]
巌屋観音



猪之木甚句にそって町内を巡ったことがあります。
狭い地区ですが、見所満載です。
そして海へ行くと、昔の磯は宝の磯でした。
マテ貝が、とにかく沢山とれた磯です。





きれいな川が流れていて、蛍の名所でもある猪之木。
町内を巡ると、あちこちにお地蔵さまや祠があります。
コロナがおさまりましたら、ぜひ猪木町を回ってみませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:51 | comments(6) | - | pookmark |
久しぶりに久賀島のご案内をしました
・・世界中を旅している金子貴一さんの旅・・
新型コロナが発生してから、久賀島は高齢と基礎疾患がある方が多いので、3月からガイドを休んでいました。
でも、10年くらい前と昨年ご案内した金子貴一さんが添乗員としていらっしゃったので、思い切ってご案内させていただきました。
3月から休ませていただいていたので、自分の思うようにはできなかったと反省ています。
旧五輪教会の中での集合写真です。
写真を撮るときだけ、2〜3秒、マスクを外しましたが、あとはマスクはしっかりとしていましたよ。
ご安心ください。



久賀島のルートは、次の通りです。
田ノ浦港・・久賀島潜伏キリシタン資料館・・牢屋の窄殉教記念教会堂・・旧五輪教会堂・・浜脇教会堂・・田ノ浦港



まず田ノ浦港をドローンで撮影した写真です。
久賀中学校の小林先生から提供していただきました。
空から見ると、本当に天然の良港だということが分かります。
資料によると遣唐使船が大陸へ船出したと言われています。
昔は、とも綱をつないだという松の木があったそうですが、今では枯れてしまってなくなりました。
湾の一番奥にあったそうです。(山口新一郎さん談)





浜脇教会堂は、後回しにして内上平にある久賀島潜伏キリシタン資料館を訪ねました。
浜脇教会堂を過ぎて下り坂をしばらく行くと、左手にマリア様の像が見えてきます。
時々、展示品を入れ替えるそうですよ。

[写真:小林先生提供]




[写真:久賀島潜伏キリシタン資料館]


久賀町を過ぎていきます。
湾の左手に干拓した田んぼが見えてきます。
五島列島の殆どは、埋め立てて耕作地や家を建てる土地にしています。

[写真:小林先生提供]




明治元年に始まったキリシタン迫害の地、「牢屋の殉教窄記念教会堂」です。
牢の中で39名、出牢後に3名、合計42名が亡くなったと言われています。
胸がいたくなる場所です。





蕨町へ行く途中の大野という所です。
以前は、棚田が美しい所でした。
残念ながら、今は耕作放棄地が増えてしまっています。



海の方を見ると「車えびの養殖場」があります。
拓水といいます。
薬は一切使わずに養殖している車エビ。
皆様、一度召し上がってみてください。

[写真:小林先生提供]




大野をすぎると私が住んでいる蕨町です。
昔は、山の上まで畑があったんですよ。
ご苦労が偲ばれます。

[写真:小林先生提供]


[写真:昭和41年11月7日蕨航空写真]

↑クリックすると拡大して見れます

蕨神社の例大祭です。しかし今では神輿巡行はなくなりました。
高齢化と人口減少で、いろいろな祭りがなくなってきています。





五輪集落です。
昔は、大勢いた人々も都会へと出てしまい、今では2軒だけになりました。
旧五輪教会堂と新しい五輪教会堂が並んで建っています。
大風や大雨の時には、教会堂に気を配ってくれています。

[写真:小林先生提供]




五輪から一路、浜脇教会堂へ。
戦争中は、敵機の標的にならないように黒く塗られていました。
今では、元通りの白い教会堂になっています。
修理費を捻出するために、信徒さんたちはご苦労なさったと聞きました。
何でも守っていくのは大変です。



[写真:向後さん提供]
向後さん提供

金子さんたちは、新上五島町からずっと旅してきたようです。
若松島のキリシタン洞窟にも行かれたようですね。
若松島は、私の出身地です。

[写真:若松キリシタン洞窟]
若松キリシタン洞窟

奈留島の奈留神社の例大祭の様子ですよ。
昨年、天気がよかったので船上から見ることができました。

[写真:2019・10・20]
2019・10・20

最後は、久賀湾の早朝の景色です。
波がなく山や空が鏡のような水面に映って、とても奇麗です。
深浦荘という民宿がありますので、ぜひ久賀島にお泊りになって久賀島を堪能してください。

[写真:早朝の久賀湾]
早朝の久賀湾

[写真:深浦荘]
深浦荘

新型コロナ、熱中症にお気をつけください。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:13 | comments(4) | - | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

bolg index このページの先頭へ