blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
空から見た田ノ浦と浜脇の美しい風景
・・・・久賀中学校の小林先生提供・・・・
久賀島田ノ浦港の入口にある砂嘴。
突端には、明神神社があります。



昔は、松林が続いていたそうです。
現在は、トベラやシャリンバイが多くあります。



ついこの前まで石の海岸だった所に、台風の後、白い砂が広がってきました。
多分、貝殻やサンゴが砂となっているのではないかということでした。
海岸の様子も、変化していくんですね。





田ノ浦港を堤防のように守っている明神山。
遣唐使船が旅だったともいわれている田ノ浦港。
久賀島の玄関口です。







田ノ浦港から車を走らせると、すぐに浜脇です。
海の色が美しいでしょう。
船も宙に浮いているように見えませんか。







久賀中学校の小林先生には、いつも写真提供していただいています。
ありがとうございます。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ツワブキの花咲く五島列島へ、ようこそ!
・・・・ドナドナドーナ牛もフェリーで福江へ・・・・
14日は久賀島と奈留島をご案内しました。
今年はツワブキの花盛りです。
まずは14日のお客様との記念撮影の写真です。



そして次は、久賀島へ渡る定期船シーガルの中での写真。
ここは上の座席ではなく、ガラス張りの下の部屋です。



そして五輪へ続く坂道です。
ツワブキの花のいい香りが漂っています。





関東では、ツワブキの花は観賞用だそうですね。
五島列島では、春になるとツワブキを採りに野山へ行きます。
皮をむき湯がいて少しあく抜きをして、煮ものにしたり佃煮にします。
皮をむいただけで生のまま、天ぷらにもしますよ。
野草は天ぷらにすると、アクを感じません。
お試しあれ。







15日は、パシフィックビーナスのお客様をご案内しました。
久賀島の旧五輪教会堂と福江島の鬼岳や堂崎天主堂などです。
出航をお見送りしました。
皆様、いい旅をお続けください。
そしてまたお越しくださいね。







フェリーで福江島へ行くときに、フェリーで牛に出会いました。
9ヶ月か10ヶ月で売られていくそうです。
「も〜、も〜」と鳴いていました。
元気で育ってね。



| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久賀小中学校運動会開催!!
・・・・・11月10日(日)・・・・・・
快晴に恵まれ、素晴らしい運動会になりました。
元気な小中学生の姿に、地域の人たちも笑って、応援して、そして感激しました。
私は、カメラを忘れてしまい写真を撮ることができず(なんということだ!)
西津真理奈さんの写真を提供していただきました。
有難うございます。
地域の人たち対小中学生の玉入れ競争です。
やはり背が高い地域の人たちの勝利でしたが、小中学生も頑張っていましたよ。







児童の競技です。
皆さん、楽しそうでしょう。









地域の人たちのゲートボールリレーもあり、学校の運動会ですが地域の方々も楽しめます。
次からは写真をお楽しみください。









大人気の「くが太鼓」
今年は、蕨小中学校で続けられていた「蕨太鼓」の演奏もありました。
蕨に住んでいる私は、とても懐かしく思わず涙がでそうになりました。













リレーやソーラン節など、多彩な種目であっという間に時間が過ぎ去りました。
地域の皆さんも、今日は楽しみましたね。
子どもたちは、地域の宝です。
これからも地域の皆さんは、温かく見守っていくことでしょう。













私は最近は、ガイドの講習会や自分で独自に勉強に行ったりと、忙しい毎日です。
ついつい更新が遅くなっています。
もっと、五島列島を、久賀島を、分かりやすく丁寧に、そして楽しくお伝えできるようにと思っています。
明日(14日)は、久賀島と奈留島のガイドです。
さあ、頑張るぞ。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ドローン撮影写真のご紹介
・・・拓水・大開の牛舎・郵便局・・・
いつもご協力いただいている久賀中学校の小林先生が、ドローンで撮影した写真です。
まず、蕨町大野にある車エビ養殖場の「拓水」です。
丸い島は弁天島です。
以前は離れていたのですが、今では道路でつながっています。





海の色と養殖池の色が違うことにお気づきですか。
養殖池には、植物プランクトンを培養して直射日光が差し込まないようにしているのです。
決して、池が濁っているのではありませんよ。



弁天島をぐるりと回ってみます。
弁天島の周りは、すべて養殖池です。
もちろん作業場を除いて。
車エビは、生きたままお届けします。
お歳暮にいかがですか。





次は、大開の牛舎です。
昔は、この周辺は段々畑や棚田でした。
名残が、少し見えると思います。



牛舎の前の畑に、白い丸いものが沢山ありますが、ロールというそうです。
冬場の餌にするために、乾燥、発酵させて保存します。



山の中の牛舎は、テレビ番組のポツンと一軒家のように見えます。
高齢化と人口減少が進んでいる久賀島ですが、まだまだ元気だぞう!
と叫びたいです。





最後は、久賀島の中心部にある郵便局です。
笑顔で対応してくれます。
旅の方も、ぜひお立ち寄りください。
久賀島のために、島外の方々も年賀はがきを購入してくださっています。
皆様もいかがですか。





小値賀島と野崎島の研修で、自分の運動不足を痛感しました。
帰ってすぐの2日と3日は、民泊でした。
我が家には、小学生が3人泊まりました。
久しぶりに可愛い元気な子どもたちの声が聞けて、疲れてはいましたが元気が出ました。
さあ、がんばるぞ!
でも、その前に、ゆっくり眠ります。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
小値賀島へ研修に行ってきました
・・・王位石をまぢかで見ました・・・
アクロス五島の研修で小値賀島へ行ってきました。
フェリー太古で出発。
途中、私の好きな若松島の白崎断崖を通り過ぎます。
近くにハリノメンドやキリシタン洞窟があります。



小値賀島につき、地元のガイドさんのご案内で小値賀島の見どころを巡りました。
楽しかった2泊3日の旅でした。





五両だきの赤い砂や海岸線は、久賀島では見られない風景です。
同じ島でも違うものだなあと感じました。



二日目は、野崎島へ渡りました。
今度の旅の目的は、野崎島の王位石を見ることが私の目的でもありました。
「登れるのか。登れないのか。それが問題だ」
そのような気持ちで行きました。
野崎島にも、やはり赤い海岸が広がっていました。



山に入ると坂、また坂、そしてまた坂。
ゼイゼイ言いながら登りました。
随分時間が経ったころ下り坂になりました。
「ああ良かった」
でも考えると、帰りはこの道を登らなければなりません・・トホホ・・・・。
やっとの思いで沖の神島神社に到着。
可愛い阿吽の狛犬が出迎えてくれました。







そして念願の王位石。
王位石の前の木が大きくなっていたので、石が見えにくくなっていました。



さて、もうひと踏ん張りして王位石まで行きます。
滑り落ちないように腹ばいになりながら登りました。
近くで見る王位石に震えました。
神がいらっしゃるような荘厳な気持ちになりました。





力を使い果たした帰り道。
ヨロヨロしながら歩きましたが、何とか無事に帰りつきました。
実を言いますとリュックを持っていただいたのです。
有難うございました。
今、脚が痛くて家事もヨロヨロしながらやっています。
今日よりは明日、明日よりは明後日が痛くなるかも・・・・。
2日と3日は小学生の民泊があります。
動けるかな・・・・。
次は、今の蕨の風景。
大潮なので場所によっては道路が冠水しています。
この写真は、潮が引き始めたころに撮ったので冠水した跡が見えると思います。





カンコロづくりも始まっています。
カンコロは、サツマイモを輪切りにして茹でて干します。
お正月近くになるとカンコロ餅を作り、親せきや子どもたち、知り合いに送るのです。
田舎の素朴な、故郷の味です。



| hisakajima | 最近の久賀島 | 05:26 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
久賀島牢屋の窄殉教会が開催されました
・・・・・10月27日(日)・・・・・・・
長崎に、当時フランス寺と呼ばれていた大浦天主堂が出来たと聞き、久賀島からも主だった人たちが教会目指して船出しました。
神父様のご指導を受け帰ってきた人たちは、みんなで話し合いました。
そして、代官所に申し出てしまいました。
「これから私たちはキリスト教だけを信じていきます。これまでのように、お寺や神社、山伏などのためには一文たりとも出しません(久賀島村史より)」
当時は、明治政府もキリスト教を迫害していたために、200名近くのキリシタンが牢に閉じ込められてしまいました。
8カ月の長きにわたって閉じ込められたために、牢死した人が39名、出牢後3名、合計42名が亡くなるという悲劇が起きたのです。
このご先祖の強い信仰と、亡くなられた方々を偲んで毎年殉教祭が開催されています。





以前は、久賀小中学校の校庭から殉教記念教会堂まで、ロザリオを唱えたり聖歌を歌いながら歩いていました。
今年は、信徒さんが高齢になったので歩くことはなくなり、牢屋の窄殉教記念教会堂にあつまりごミサが行われました。
今日、五輪からご案内した皆様ですが、ごミサに参加されました。

[写真:2004年殉教祭]
2004年殉教祭

[写真:牢屋の窄殉教記念教会堂にて]
牢屋の窄殉教記念教会堂にて

折紙神社にもご案内しました。
10月19日に折紙神社の例祭が執り行われました。
以前は、神輿巡行がありましたが、現在では子供たちの奉納相撲が行われるだけになりました。
今年は、私は用事がありいませんでしたので、以前の奉納相撲をご紹介します。

[写真:折紙神社]
折紙神社

[写真:2013年奉納相撲]
2013年奉納相撲

折紙神社の前でも写真を撮らせていただきました。
皆様方は、とても物知りな方々でいろいろと教えていただきました。

[写真:折紙神社の前で]
折紙神社の前で

内上平にある「久賀島潜伏キリシタン資料館」へも立ち寄りました。
シスターから説明をしていただきました。

[写真:久賀島潜伏キリシタン資料館]
久賀島潜伏キリシタン資料館

その時に細石流墓地や細石流教会堂のお話がでましたので、以前写した写真をご紹介します。
私が久賀島に越してきた時には、細石流教会堂はこのように崩れてしまっていました。
かろうじてルルド跡だけは残っていました。

[写真:2003年細石流教会跡]
2003年細石流教会跡

[写真:細石流教会ルルド跡]
細石流教会ルルド跡

次は墓地の写真です。
初めて細石流墓地へ行ったときに、青い空に高くそびえている大十字架に感動しました。
墓石も、とても大きな墓石が並んでいました。
そして墓地の周りにの石垣の上には、石の「十字架の道行き」がありました。

[写真:2009年細石流墓地の大十字架]
2009年細石流墓地の大十字架

[写真:細石流墓地にある「十字架の道行き」]
細石流墓地にある「十字架の道行き」

折紙には、潜伏キリシタンの墓と平家の落人の墓と言われるお墓地があります。
この潜伏時代の墓は、大きな墓でした。

[写真:折紙にある潜伏キリシタンの墓]
折紙にある潜伏キリシタンの墓

浜泊という集落の墓地です。
今ではこの集落は、無人の集落になってしまいました。

[写真:浜泊の墓地]
浜泊の墓地

建設途中の浜脇教会堂の写真ですが、右端に十字架が見えます。
この建物が、現在の旧五輪教会堂です。
浜脇教会堂を設計施工した野口正登さんのご家族から頂きました。

[写真:建設中の浜脇教会堂]
建設中の浜脇教会堂

蕨神社の例大祭の写真です。
今では担ぐ若者がいなくなりましたので、神輿巡行はなくなりました。
「ここは日向の高千穂の宮よ ハーェイヤ・・・・」と歌いながら、集落中を練りまわり、船で漁場へ行き、最後に海に入って大漁祈願や家内安全などを願っていました。
御接待で忙しかったですが、今では懐かしく思い出されます。

[写真:2008年の蕨神社例大祭]
2008年の蕨神社例大祭

[写真:2008年蕨神社例大祭]
2008年蕨神社例大祭

久賀島の川には、クレソンが自生しています。
今は大雨で流されてしまいましたが、また芽吹いてくると思います。
久賀島のご高齢の方々は「しなぜり」と呼び、いろいろな料理に使います。

[写真:福見の川のクレソン]
福見の川のクレソン

最後に、田ノ浦神社の鳥居が海にあったころの写真をご紹介します。
神社の前の道路拡張の時に、危ないというので取り払われました。
写真を撮っていて良かったです。

[写真:田ノ浦神社(鳥居が海にあった頃)]
田ノ浦神社(鳥居が海にあった頃)

今日の添乗員の方は、ずっと以前、私がガイドをしていなかった頃にご案内した方です。
覚えていてくださってありがとうございます。
今日は、何にでも疑問をもち、新たに勉強しなおおそうと反省しました。
慣れてはいけませんね。
皆様、またいらしてください。もっと勉強してお待ちしています。
有難うございました。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 02:36 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
奈留神社の例大祭のご紹介
・・・・ウォッショイ ヤ ウォッショイ ・・・・
10月20日、久賀島の隣の島「奈留島」で例大祭が執り行われました。
奈留神社の宮司さんは、私が住んでいる蕨町の蕨神社のお祭りの時に来てくださいます。
奈留神社にはすでに多くの人たちが集まっていました。
若者が多いので聞いてみると、福江島からもお手伝いに来てくださっているということでした。



お祭りのために、準備をしてくださった皆様や、可愛い稚児さんです。
福江から御神輿を担ぐために来られた、昔の若者もいましたよ。
頑張ってください!









神社では、沢山のお餅をまきました。
張り切っていたのですが、気合が足りなかったようです。
しかし2個は拾えました。嬉しかったです。



御神輿を担ぐ皆様です。
白装束に身を包み、凛々しく若く見えますよ。



境内では、獅子が参詣者の頭を噛んで回っていました。
私も、少しでも頭がよくなるようにと噛んでいただきました。
頭がすっきりした感じがします。



天狗を怖がる子どもを退治しているお父さん。
子どもは泣き叫んでいますが、元気な証拠です。
いいですね。これからも元気ですくすく育ってください。



さて、いよいよ御座船が待つ港へ向けて出発です。
大きな声で掛け声をかけながら進んでいきました。
「ウォッショイ ヤ ウォッショイ  ウォッショイ ヤ ウォッショイ」
ワッショイではありませんよ。
蕨町の掛け声は「ハーェイヤー ハーェイヤ」です。
ハイヤーと聞こえますが・・・・。
子ども神輿も出ています。







月川宮司さんと世話役の方です。
氏子さんたちは、早朝からお餅の準備など大変でしたね。
でもいいお祭り日和に恵まれ良かったです。



御座船に御神輿を載せます。





そして御座船のあとをついて、奈留神鼻へと大漁旗を掲げた船のパレードです。
奈留神鼻に到着。
華やかな船が、続々到着しました。
昔は、この奈留神鼻の上に「奈留神社はあったと言われています。




御座船の上では神事が執り行われました。
まず花吹雪をまきます。
二礼二拍手一礼のあと、船主に下げていた一升瓶のお神酒を割り、お餅とお米をまきます。
海上タクシーで、すぐ近くで見せていただき感動しました。







船長さん、ありがとうございました。
来年もまた来たいです。



港に戻り、またお餅をまきました。
神社では何となく気合負けしていましたが、港では頑張って拾いました。
でも、まだまだ実力は伴ないませんでしたが、久しぶりに餅まきの楽しさを味わいました。



高齢化と人口減少で、お祭りが簡素化されています。
蕨町も御神輿を担いだまま海に入るお祭りがありましたが、担げるひとがいなくなり現在では御神輿はでません。
仕方がないですが、時々、あの賑わいや大変だったことが懐かしく思い出されます。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 13:03 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
雨の久賀島・奈留島の旅
・・・・でも楽しいひと時でした・・・
台風18号の時に、田ノ浦の明神神社の前の石ころの海岸の一部が、白い砂浜になりました。
近くの海底の砂が堆積したのでしょうね。



久賀島には、黄色いシーガルという定期船で上陸。
この写真は、晴れた日に写したものです。





浜脇教会堂です。
昭和6年に建設されましたが、当時は、このような大きな教会堂は珍しかったそうで、各地から見物客が訪れたそうです。





浜脇教会堂から見た浜脇の風景です。
竹林に隠れるように見えているのは、修道院です。



市小木から久賀に行く途中の風景。
田んぼの中には、まだシラサギが見えます。
雉も見かけるのですが、なかなか写真を撮れません。
久賀小中学校の体育館も見えてきます。









旧五輪教会堂まで、駐車場から10分ほど歩くのですが、雨が小降りになったので良かったです。
教会守の永松さんは元気いっぱいでした。
これからも、久賀島をよろしくね。



五輪集落から、海上タクシーで奈留島へ。
10分ほどで到着します。
そして食事。美味しかったですよ。
食事の後は、三兄弟工房でストラップづくりの体験です。
久賀島の椿の枝が使われていますよ。



その後、江上天主堂へ向かいました。
車から降りると雨がひどくなったので、写真は撮れませんでした。
残念!
皆様の笑顔が、雨の中で輝いていました。
これからも楽しい旅を続けてくださいね。
またお会いしたいですね。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
台風被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます
・・・・・ニュースを見ると胸が痛みます・・・・・
以前は台風銀座などと言われ、台風の通り道だった五島列島。
しかし最近は、台風の通り道が違ってきたようです。
今度の台風19号。
久賀島からは遠い遠い所を通っているのに、台風のような風の音が続きました。

[写真:2019年10月久賀湾]


ニュースで流れる堤防の決壊の映像や、強風による家屋の倒壊などを見るたびに心が痛みます。
子どものころ、とても大きな台風が五島列島を襲ったことがあります。
その当時は、家の床下にサツマイモを保存する大きな穴が掘ってある家がありました。
我が家にも、四角い大きな穴が掘ってありました。
台風直撃の夜、父は家中の雨戸や窓を外しました。
雨戸が持っていかれそうになったのです。
そして私たちは、床下のサツマイモの穴の中で息を殺して一晩をあかしました。
ゴウゴウと吹き荒れる風が、とても怖かったことを覚えています。
今年は、早期栽培のお米も台風被害にあいました。
普通栽培はいいだろうと言っていましたが、それも長雨や強風で大変でした。

[写真:2019年9月]


久賀島は海に囲まれていますのでは、私が越してきてからは浸水などの被害はありませんでした。
道路の冠水は一部ありましたが、数時間すると引いてしまうようなものでした。
それでも私たちにとっては大ごとでしたが、ニュースで知る台風の被害は目を覆うものがあります。

[写真:2011年]


[写真:2016年9月]


[写真:2016年9月]


どうか決壊した堤防の水が早く引きますように。
どうか皆様が安心して暮らせる日が早く来ますように。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 16:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
前田万葉枢機卿が来島されました
・・・・10月10日(木)・・・・・
前田万葉枢機卿が来島されると聞き、内上にある久賀島潜伏キリシタン資料館で待たせていただきました。
写真撮影をお願いすると、快く承諾してくださいました。



資料館設立にご尽力された方々と関係者が集まっておられました。
枢機卿は、五輪と浜脇教会堂で信徒さんたちと交流されたあとに、資料館にいらっしゃいました。



一緒にいらっしゃった方々は、脇村さんの説明に熱心に耳を傾けていました。
滋賀県からいらしたお客様にお話を伺うことができました。
枢機卿とご一緒のツアーということで、すぐに満員になったとのこと。
皆様の熱気が伝わってきました。





前田万葉枢機卿は、久賀島に約6年いらしたとのことでした。
地域の方々とも顔見知りで、あちこちで親しく言葉を交わしていらっしゃいました。







何でしょうか。
枢機卿が熱心にご覧になっています。



実は、脇村さんご夫妻の結婚式の写真です。
右端の若い神父様が前田万葉枢機卿なのだそうです。
今となっては宝物ですね。
それにしても、本当にお若いですね。



資料館の次は、牢屋の窄殉教記念教会堂へと向かわれました。
浜脇教会堂には、歓迎の大漁旗を挙げていました。
枢機卿は、教皇につぐ2番目の聖職者だそうです。
前田枢機卿は新上五島仲知のお生まれですが、ご先祖は久賀島にもご縁があります。
島が光に満ちたような一日でした。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ