blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
旧五輪教会堂への道路
・・・・・5月19日雨・・・・・
五輪地区へ行く用事があったので、道路の写真を撮ってきました。
最初の五輪の写真は、久賀中学校の小林先生がドローン撮影したものを使わせていただきました。



五輪の駐車場からご紹介します。
途中の集落を通り抜け、山道を行くと右手に駐車場と書いた看板が見えてきます。
地元の方は最終まで行きますが、初めての方は、ここに駐車していただいた方が無難かもしれません。
しかし暫く歩きますので、不安になられると思いますが大丈夫ですよ。



しばらく歩くと、このような看板があります。
ここからは、本当に道路が狭くなりガードレールもありません。



左手には海岸が見えてきます。
お天気がいい時には、とっても奇麗です。
右手には、小さい石で積んだ石垣が・・・・。
昔の人たちのご苦労が偲ばれます。
そして左手はご覧の通りガードレールがありません。







しばらく行くと、久賀島のジャンボタクシーや地元の皆さんが駐車する場所につきます。
ここから、さらに10分ほど歩きます。



五輪までの道路は下り坂です。
特に雨の日や雨上がりの日は滑りますので、ご注意ください。
石段がある所は、石段を歩いてください。大地にしっかり足を踏みしめて・・・・。







大きなアコウの木も見えてきます。
人々が暮らした石垣の跡や、カニの住処である小さな穴も見えます。
カニは赤いカニで、6月か7月の満月の夜に、産卵のために海へ向かいます。





海が見えてきました。
打ち寄せる波の音がします。
この日は、荒れていたので灰色の海ですが、いつもは、エメラルドグリーンの海です。







右手に大きな石垣が見えますが、これは蕨町の人たちの田んぼでした。
今では耕作していません。
海も又「道」
蕨の人たちは、小舟で田んぼの仕事にきていました。
昔は、車が通りませんでしたし、道路は山道でしたから舟の方が便利でした。
小さい花は、クレソンの花です。
久賀島では至る所にクレソンが茂っています。







橋を渡って最初のあるのは、新しい五輪教会堂です。
昭和60年に建設されたものです。
「自分たちの身の丈に合ったものを」と、小さな教会堂を建てました。



そして旧五輪教会堂。
正面の写真は、前回も載せましたので後ろの方から撮ってみました。
この屋根の形も、私は大好きです。



横には、お手洗いがあります。
広場の桜の木は、五輪の人が挿し木をしてくれたものです。
満開の桜の時期は、とても奇麗ですよ。





旧五輪教会堂の裏の山には、昔、人々が住んでいたころを思わせる石垣などが残っています。
今でこそ、五輪には2家族しか住んでいませんが、以前は沢山住んでおられました。
イワシの缶詰工場もあったんです。
新しい教会は、その缶詰工場の跡地に建設しました。



中には行って見ましょう。
外観は、普通の民家のようですが、天井をご覧ください。
教会特有の天井です。
久賀島の仏教徒の大工さんが、明治14年に建てたものです。
現存する教会堂では、長崎の大浦天主堂につぐ2番目に古い木造教会堂です。
最初は、久賀島の浜脇という場所に建てられてましたが、昭和6年に新しい鉄筋コンクリートの教会を建設しましたので、それに伴い移築されたものです。





さあ、それでは外へ出ましょうか。
この旧五輪教会堂だけは、内部の写真撮影OKです。
皆様の、とっておきの1枚を撮影してください。



次の1枚は、新しい浜脇教会堂の建設途中の写真です。
浜脇教会は、野口正登さんという方が設計施工されました。
その野口さんのご家族から、「どのように使ってもいい」ということで頂いた写真です。
大浦天主堂の修理を手掛けたのをはじめとして、教会建設を依頼されるようになったそうです。
どの教会堂建設の時でも、信徒さんたちの働きは、とても頭が下がる思いだと書いておられました。
鉄筋コンクリートの骨組みの向こうに十字架が見えます。
それが旧五輪教会堂です。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
細石流の名もない巨石です
・・・海外のシスターも久賀島へ・・・
4月2日、シスター5人が久賀島へいらっしゃいました。
以前、何度か久賀島へきていらっしゃる松本シスターが皆さんをご案内してきたものです。
まず、細石流の海岸にある大きな岩。
実は、この岩は5月17日のNHKのラジオ番組の中で、モアイ像みたいだと紹介されました。
名もない巨石ですが、面白い形をしているでしょう。



細石流の堤防で記念撮影。
みなさん、とってもいい笑顔です。
海はキラキラ光って気持ちのいい日でした。







旧五輪教会堂もご案内しました。
建設されてから138年経過している旧五輪教会堂。
長い間、久賀島の信徒さんたちの、喜びも苦しみも悲しみも見てきたんですね。





久賀町にある禅海寺です。
天井絵があります。





久賀小中学校では、学校のご厚意により英語の先生に学校について説明をしていただきました。
シスターたちは、とても興味深げに聞いていました。
先生、ありがとうございました。



最後は、展望台の風景です。
キラキラ光っている木は、椿の木です。
椿の葉は、油分が多いのでこのように光るんですよ。



「NHKラジオで久賀島が放送されているよ」と、あちこちから電話がありました。
北海道の友人からの電話で、ラジオをつけたのですが、なかなかはいりません。
我が家は、韓国放送の方が、よく聞こえるんです。
するとまた、北海道から電話あり・・。
「パソコンで聴けるよ」
焦った私が、パソコンで聴けるようになったのは、もう番組が終わりに近づいたころ。
さあ、聴こうと思っていると、また電話。
「誰だろう。大事な時なのに」すると、なんとNHKからでした。
何が何だか分からないまま答えましたが、それが生放送されていたんですねえ。
この番組の全体を把握していませんでした。
今日、また別の友人から「まだ聴けるよ」と電話があり、聴きなおしました。
そしてやっと、このような流れだったのかと分かった次第です。
反省!ガイドをしているのに、うまく久賀島の良さを伝えられなかったこと。
皆様、久賀島へお越しください。
いろいろなツアーがありますが、久賀島の中を通り五輪から海上タクシーで奈留島へ行くツアーもあります。
一日で、久賀島・奈留島の両方をご覧いただけますよ。
待ってるけんね。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:34 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
鳥になったつもりでご覧ください!
・・・久賀の干拓・展望台・牢屋の窄殉教教会堂・・・
久賀中学校の小林先生から、ドローンで撮影した写真を提供していただきました。
まず、久賀島の中心部にある干拓地です。
水がはってあるのは、早期栽培の田植えをした水田です。





久賀湾のアジの浦の辺りです。
潮が引くと、美味しい「マテ貝」が掘れます。





久賀湾の入口です。
島民手づくり展望台上空からの撮影です。



久賀湾です。
中ほどに丸い島が見えますが、弁天島といいます。
弁天様が祀られています。



左側に見えるのは、車エビの養殖場です。
こんなに美しい海で育てられています。



蕨町が下方に見えます。小さい島は蕨小島といいます。
遠くに見えるのは奈留島ですよ。



次は、展望台を上空から。
島民が、コツコツと手づくりした「折紙展望台」
平成18年に、国土交通省の「手づくり郷土賞」を受賞しました。









次は、牢屋の窄殉教記念教会堂。
毎年10月の終わりか11月のはじめに、殉教祭を開催します。
今年は、10月27(日)の予定です。
久賀小中学校から牢屋の窄殉教記念教会堂まで、祈りながら行進します。





今は、緑にあふれている久賀島。
吹く風も心地いいですよ。
最後に、我が家のマヌケな顔をした仔猫をご紹介します。
このようにお腹を上にして眠るんですよ。
ガイドから戻ると、どこからともなくやってきて居ついてしまった黒い仔猫です。
犬好きだった私たちが、猫を飼っているなんて我ながら不思議です。
でも大きな瞳で見つめられて可哀そうになり、つい飼ってしまいました。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 00:35 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
久賀島周辺の地質調査
・・清川昌一・九州大学大学院准教授・・
何度も久賀島を訪れ調査を続けていらっしゃる清川先生が、11日にいらっしゃいました。
坂谷が小舟を操縦し、私は勉強させていただくためにご一緒させていただきました。





詳しいことは、説明できませんが久賀島の海岸の様子をご覧ください。
地質学的には、とても面白いそうです。
洞穴があると、小さい舟ですので入ってみます。





そして登れそうな断崖があると、すぐに登ってみます。
この日は、波静かな日でしたので、どこにでも舟を着けることができました。

















海は、どこも透き通りエメラルドグリーンです。
面白い形をした岩があちこちにあり、この岩一つ一つに名前を付けると面白いなあと思っています。









ここは「仏埼」と言われている場所です。
ここの海で遭難すると、二度と家に帰れないと言われています。



山の上の岩を拡大したものです
写真では分かりにくいと思いますが、実際に見ますと航海安全の仏様が並んで立っているように見えます。



大きな岩だけではなく、所々には滝がある場所もあるんですよ。
見えますか。
細い滝が流れているでしょう。
久賀島は、山の上まで水がある島ですので、このように海岸に滝があったりします。





そして、このようにきれいな地層が見える場所も。
清川先生は大張り切りで、写真を撮ったり岩によじ登ったりと大奮闘でした。









最後に島民手づくり展望台へ。
ドローンで久賀島を撮影するためです。
久賀島は大きい島ですので、全体を撮影することはできませんでしたが展望台周辺を撮影しました。
ドローンはいいですね。
鳥になったように写真が撮れます。









清川先生の研究で、久賀島の成り立ちなども徐々に分かってくると思います。
地味ですが、とても大切で面白い研究です。
久賀島は、歴史、民話、自然、いろいろな楽しみ方があります。
久賀島を楽しみにいらっしゃいませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
亀河原椿林と巌屋観音
・・・・・・・5月6日・・・・・・
今年もまた、宮本さんの畑には芝桜がきれいに咲きました。
お天気がいい時に写したら、もっと奇麗だったのですが・・・。
でも、またアジサイも咲きます。



亀河原の椿林へ、イノシシ被害の確認へ行ってきました。
アオノクマタケランが咲いている中心部は、まだイノシシは入っていないようです。



しかし、道路にムサシアブミの花が根っこから抜き取られて、沢山並んでいました。
最初は、誰がしたんだろうと思っていましたが・・・。



イノシシのようです。
根っこを食べたのでしょうね。
こんなに穴を掘っています。



一人ではいけませんが、今日は3人でしたので巌屋観音へ登ってみました。
雨上がりで、草が青々と茂っていました。
久賀島は、一雨降ると、すぐに草が伸びます。





裏の大きな巌からも、水が流れていました。
以前は、ここで夜籠りの行事が行われていました。
しかし現在は、お参りするだけになったそうです。
仕方がありませんね。
高齢化と人口減少で、できない行事が多くなってきました。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久賀島の海岸線をドローン撮影
・・・久賀中学校・小林先生より・・・
沢山いただいたのですが、その中から一部をご紹介します。
まず海!
絵画のようです。



五輪地区です。
海岸には大きい岩がゴロゴロと転がっています。







小さい舟ですから、このように狭い場所も入れます。
でも、この日は大潮でした。
これ以上はいると潮の流れで引き込まれますので、ここまで。



潮が流れているのが分かりますか。
私は久賀島に来て、潮が音をたてて流れる光景をみました。





折紙鼻周辺です。
ゴツゴツとした岩ばかりです。













大きな穴があいていました。
中に入ってみます。







ここからは田ノ浦周辺です。
海の中に取り残されたような岩もあります。





波によって穴があいた岩や、縦に亀裂が入った岸壁などがあり面白いです。
五島列島のカトリックの方々のご先祖は、当時の大村藩・外海地方からやってきたと言われています。
このように岸壁ばかりで、平地が少ない島にやってきた方々は、さぞ驚いたことでしょう。
ご苦労がしのばれます。






ここ久賀島の平らな所は、殆どが埋め立てたものです。
水が豊富な久賀島は、以前は山の上まで田畑を耕していました。
今では高齢化が進み、耕作放棄地が増えてきました。
昔の棚田の風景が懐かしく思い出されます。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 04:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
島民手づくり展望台の草刈りをしました
・・・・大勢の皆さんが参加しました・・・・
前日の夜は雨でした。
しかし当日は晴天。
地域の方々ばかりでなく、久賀小中学校の皆さんも参加してくれましたよ。



寒いかもしれないと思って厚着をしていった私は、汗をかてしまいました。
きれいな久賀島を見ていただきたいと、平成14年から造り始めた展望台。
島民の心がこもった素敵な展望台です。



今も現在進行形の展望台作業。
今では島民の憩いの場ともなっています。





島出身で福岡在住の方が運んできてくださったツツジの花も満開でした。
そして、農業用のパイプを活用して作った藤棚の藤もご覧の通り。
花の香りが漂っています。





広い展望台ですが大勢の皆さんの働きで、どんどんきれいになっていきます。
6月と10月にも、草刈りをする予定です。







展望台に行く途中の道路にも、島民がツツジなどを植えています。
ボランティア精神にあふれた久賀島です。



「白いアザミが咲いているよ」と、蕨の女性に教えていただきました。
赤いアザミの間に白いアザミが大きく育っています。
突然変異で白くなったのでしょうか。
近くには、黄色いケマンソウが沢山咲いています。







日陰には、ムサシアブミが群生しています。
野山の花や木々を見て歩くと、心が和みます。



蕨の集落近くの棚田。
奥の方は荒れ地になっています。



椎の木の山です。
椎の花の香は、とても強く独特の香りです。



紅葉しない山ですが、緑が美しい久賀島。
かわいい野の花を愛でながら歩きませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
市小木のドローン写真
・・・久賀中の小林先生より・・・
今日24日、私は久賀中学校で久賀島についてお話をさせていただきました。
中学生は、とても熱心に聞いてくれました。
久賀島のことを、たくさん勉強して、今まで以上に久賀島を好きになってくださいね。
小林先生から、ドローン撮影の写真をいただきましたのでご紹介します。
市小木地区周辺の写真です。
空から見ると、水田が広く見えますね。







久賀小中学校の裏側です。
久賀湾も見えます。









膝を少し痛めてから、なんとなく気力がわかない日々でした。
少し休んだほうがいいかなと思い、ブログも更新していませんでした。
ガイドは張り切ってできるのですが、文章を書きたくないなあ・・・・と。
でも今日、中学生にお話をして少し気力がでてきました。
これから又、久賀島を発信していきます。
あらためて宜しくお願いします。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
田植えが始まりました
・・・・早期栽培の田植え・・・
久賀島では、田植えが始まりました。
毎年、台風の直撃を受けていた久賀島。
台風が来る前に稲刈りを終えたいと、早期栽培を始めました。
早期米は、お盆ごろに稲刈りをします。



しかし最近は、台風が久賀島を直撃することは少なくなりました。
早期栽培だけではなく、6月にも田植えがあります。
6月田植えのお米は、10月に収穫されますよ。



昔は、山の上まで棚田があった久賀島。
お米が実ると黄金色の棚田が、とてもきれいでした。
今では、高齢化に伴い耕作放棄地が増えてきています。



でも、できる限り荒れ地にしないようにと、皆さん、頑張っています。
島全体が、国の重要文化的景観の久賀島。
でも、島民だけでは、昔の美しい棚田や段々畑、そして山々を維持していけないところまできています。



空き家も増えてきています。
この度、蕨町には引っ越してこられた方がいらっしゃいます。
2軒に灯りが点るようになりました。
とても嬉しいです。
目の前は海です。魚釣りがお好きな方、いらっしゃいませんか。
ブログ更新が、なかなかできません。
忙しいことと、ちょっと膝をひねってしまい、更新する気力がありませんでした。
もう少し、お待ちください。
15日は、膝の病院へ(自分が膝が痛くなるとは思ってもいませんでした・・・)
16日は、五島市の嵯峨島へ勉強に行ってきます。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
光りに満ちている久賀島
・・・・・・・・山笑う・・・・・・・
山々の新芽は、様々な色に輝いています。
久賀小中学校から写した山。
こんなにきれいです。



学校の横にある水田は、田植えの準備をしてます。
4月12日頃から田植えです。
青々とした水田の様子を想像すると、わくわくしますね。



猪之木町に来ました。
石上神社の鳥居のそばの木の新芽が、とてもきれいでした。
写真で見るとイチョウが紅葉したようでしょう。







細石流の海です。
海底がどうなっているかで、海の色が違います。





細石流から戻る途中の道路には、菫の花が沢山咲いていました。
今年は、菫の花があちこちに沢山咲いています。





久賀湾に浮かんでいる弁天島です。
丸くて可愛い島です。
今日の海の色は、このように、とっても奇麗です。



また猪之木に戻ってきました。



蕨町です。
いい香りがしてきました。
豆の花が咲いているのかもしれません。



蕨町のうつみ岳には山桜が満開です。
昔は、うつみ岳では牛の放し飼いが行われていました。
朝早く、小学生が頂上まで牛を連れて行っていたそうです。
そして学校が終わると、また牛を引いて家に帰る。
毎日、そうしていたという女性からお話を聞きました。
子どもでも働かないとやっていけない時代でした。



道路そばにあった新芽。
可愛いですね。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 03:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

bolg index このページの先頭へ