blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
新上五島町の研修に参加しました
・・・この日だけ雨が止みました・・・
7月8日(水)に、長崎巡礼センター主催の新上五島町の教会研修に参加しました。
中の浦教会堂・頭ヶ島天主堂・鯛ノ浦教会堂・青砂ケ浦教会堂などなど・・・・・・。
新上五島町のガイドさんの素晴らしいご案内で、楽しい時間を過ごしました。
勿論、学ぶために必死ではありましたが。



頭ケ島天主堂をご紹介します。
迫害が終わって再び島に移り住んだ信徒さんたちが、近くから切り出した砂岩を積み上げて造りました。
外観は石造りで重厚ですが、内部は花柄の優しい雰囲気の教会堂です。
この教会堂は、1910年に着工し1919年に完成しました。
完成した時には、それまでの苦労が吹き飛んだことでしょうね。



どの教会堂も教会ごとに、信徒さんや地域の物語がありました。
そして、教会の物語で島々は繋がっていました。
もっと深く知りたいと思います。
次に若松・大浦教会堂をご紹介します。
外観も内部も地味ですが、信徒さん手作りのマリア様がいらっしゃいます。
マリア様を彫ったのは、結婚をまじかに控えた若者だったそうです。
マリア様を彫っているうちに、だんだん奥様になる女性に似てきたとか・・・。
ほほえましいお話ですね。





教会堂の前には、ビヨウヤナギが、赤い実をつけていました。
黄色い花で、私の好きな花です。



帰りは、若松港から海上タクシーで戻ってきました。
若松島は私の故郷です。
小さい時に、よく来たところです。



久賀小中学校です。
昔懐かしい二宮金次郎の像が建っています。
久賀島は、島留学生を受け入れています。



学校の前の様子です。
青いビニールシートがかかっている場所があるので、崩れたのかもしれませんね。
まだまだ雨が続きますので心配です。



永里という集落の道路そばに「島留学農園」と書かれている畑がありました。
サツマイモが植えてあります。
収穫時期が楽しみですね。
子どもたちの笑顔が見えるようです。





道路の隅にハマナデシコが咲いています。
いつもは海岸に沢山咲くのですが、ひどい雨ばかりが続くので見に行っていません。
雨よ、早く止んでください。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:46 | comments(0) | - | pookmark |
大雨が続いています
・・被災された皆様にお見舞い申し上げます・・・
いつもは、がけ崩れが起こっていないか見て回るのですが、今回はあまりにも豪雨が続くので見て回れませんでした。
小規模の崩れはありましたが、大きな被害に結び付くがけ崩れや氾濫はないようです。



しかし、これだけ降り続くと山はたっぷりと水を蓄えています。
しかも、イノシシが木の根元を掘っている場所もありますので崩れやすくなっているかもしれません。
気をつけようと思います。
ネジバナが咲いていました。
可愛い花です。
昨年は、同じ場所に白いネジバナも咲いていたのですが、今年はピンクの花だけでした。



昨年まで、細石流の道路そばに咲いていたカノコユリ。
草刈りをする時にも注意して増やしていました。
しかし今年は1本もありません。
イノシシが掘り返してゆり根を食べたようです。



近くにあるオニユリやコオニユリは食べられていません。
なぜカノコユリだけが無くなってしまったのか。
とっても残念です。
どこかに残っていないか探して増やしたいと思っています。



今回の豪雨で久賀島は大きな被害はありませんでした。
しかしテレビから流れる災害のニュースに胸がつぶれそうです。
どうか、これ以上被害が大きくなりませんように。
雨が止みますように。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:42 | comments(0) | - | pookmark |
蕨町のご案内と野の花
・・・久賀中・小林先生提供のドローン写真・・・
蕨町のドローン撮影写真は、久賀中学校・小林先生から提供していただきました。
家がある後ろの竹林は、私が越してきた約37年前は段々畑でした。
昭和41年の航空写真もご紹介します。
山の上まで畑です。
いかに地域の皆さんが頑張って生活をしてこられたかが分かりますね。



[写真:昭和41年11月7日蕨航空写真]
昭和41年11月7日蕨航空写真

短かった波止場は、どんどん伸びていき蕨小島が本当に近くに見えるようになりました。
この波止場の先からは、季節になるとアオリイカが釣れます。
アオリイカは、身が厚く甘くて美味しいイカです。









次の写真は、久賀島村が作った絵葉書です。
久賀島は村の時代に、「これからは農業・漁業だけでは久賀島は成り立っていかない。椿をいかした観光に力を入れよう」と決め、久賀島八景という絵葉書を作りました。
当時の皆さんは、島の発展を真剣に考えていたんですね。

[写真:久賀島村が作った絵葉書]
久賀島村が作った絵葉書

波止場が出るにしたがって潮流が変わったのか、他の原因か分かりませんが石がゴロゴロしていた海岸が砂浜になった所があります。
地域の人たちは「アイロん浜」という所です。
今は廃校となった蕨小中学校ですが、以前は夏には地域の皆さんと合同で「海の会」を開いて楽しんだものです。
懐かしいなあ。
もう一度、子どもたちのはしゃぐ声や大人の笑い声が響いた海の会をしたいものです。









今、久賀島に咲いている野の花です。
ハマボウの花。
内幸泊の海岸の汽水地に群生しています。
まだ、つぼみの方が多いですが、海岸に華やかな花が咲き始めました。

[写真:ハマボウ]
ハマボウ



オニユリとコオニユリも咲いています。
この写真はオニユリです。
ムカゴがついています。

[写真:オニユリ]
オニユリ

ヒメヒオウギズイセンもあちこちに咲いています。
緑の中に鮮やかな花が群れて咲いています。

[写真:姫檜扇水仙]
姫檜扇水仙

ガイドをしている私は、友人たちとあちこちへ勉強に行きます。
6月29日は大雨でしたが、奥浦地区に行きました。
でもあまりにも雨脚が強かったので、また後日行こうと早めに帰りました。





明日は奈留島に行く予定です。
また雨のようです。
雨がやみますように。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:27 | comments(2) | - | pookmark |
久賀島も豪雨でした
・・・小規模ながけ崩れがありました・・・
蕨集落から五輪へ行く途中の道路の崖が崩れたそうです。
軽自動車は何とか通れたそうです。
松本建設さんが、あっという間に土砂を取り除き、通行ができるようになりました。
一安心ですが、まだまだ雨が続いていますので注意が必要です。
旧五輪教会堂の裏山も崩れましたが、幸いなことに教会堂には影響はありませんでした。
旧五輪教会堂の教会守をしている永松翼さんから、写真を提供していただきました。



次は、久賀中学校の小林先生提供から提供していただいた福見集落のドローン撮影写真です。
福見集落には、久賀島で唯一鬼伝説が伝わっている場所です。
海から福見に近づきます。そして美しい海岸です。





小さい島が見えると思いますが、地元の人たちが「とんの小島」と呼んでいる島です。
潮が引いた時には、歩いて行けますよ。
大潮の時には、島の周りには渦ができるんです。
私は、一時期「かめのて」に凝って、ここまで採りに来ていました。
小型船舶の免許を持っています。
奥の方が五輪集落です。





前に見えるのは奈留島です。
こんなに近くなんです。



福見の陸に目を向けます。
この福見を通り五輪へと続く道路があります。







この写真では見えませんが奥の方に、恵剣寺というお寺があります。
この恵剣寺のご住職は、なぜか早死にするというので、地域の方が「栄健寺」と変えました。
でもやっぱり早く亡くなったそうですよ。
この大きな岩は、鬼の墓と言われている大岩です。
以前、蕨と福見の男性たちが周りの木を切って見えるようにしました。
下から見上げると、とっても大きな岩です。





普通栽培の水田です。
どうかこれ以上大雨が続きませんように。



今、わが家にはヒャクニチソウが咲いています。
以前も書きましたが、懐かしく大好きな花です。
癒されています。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:00 | comments(0) | - | pookmark |
奈留町葛島の野生の牛を見たぞう!
・・・テレビ局が撮影できなかった牛です・・・
以前、テレビ局が葛島の野生の牛の撮影に島に上陸したそうです。
しかし牛は撮影隊の人たちから逃れて、結局は撮影できずに帰りました。
葛島は現在は無人島ですが、以前はカトリックの方々が住んでいた島です。



その葛島の皆さんが、奈留島本島に集団移転したあと牛を飼っていた方がいたそうです。
そして牛飼いの人が島を引き上げる時に残った牛が、生き延びているのです。
外国の断崖絶壁に住む動物のように、葛島の牛は断崖の斜面で草を食んでいました。
仔牛もいます。
まさか野生の牛を見れるなんて!
それも断崖で・・・・・。感激しました。
牛が分かりますか?黒い動物が牛です。





なぜ、葛島に私がいるのか。
ガイド関係で、23日から一泊二日で、奈留島の「民宿かどもち」に宿泊しました。
かどもちのご主人の葛島さんの船で、葛島まで行ったのです。
教会跡や学校跡を案内していただいたあと、波止場で魚釣りをしました。



葛島さんが「カサゴは入れ食いだよ」と言いましたが、私たちは???と思っていました。
しかし本当に入れ食いでした。
こんなに大きなカサゴが釣れました。
私は少し小さいカサゴでしたが、入れ食いでしたよ。
葛島の海は、まだまだ宝の島でした。







久賀島も葛島も、島の周囲はなだらかな場所があり、断崖がありと変化に富んでいます。
もう一度、今度は夕日の写真を撮りに来たいなあと思いながら帰りました。







「かどもち」の夕食です。
地元奈留島の魚を使った豪華な食事でした。
ご飯は土鍋で焚いていて、おこげが少しできていて、とっても美味しかったです。
この日は、私の大好きなカツオのお刺身もあり嬉しかったです。
魚は、地元でとれる魚を使うので、同じものにはならないそうです。



そして朝ごはんです。
朝ごはんも、とっても美味しかったですよ。



葛島への料金は下記のとおりです。
・葛島まで往復  3,000円(かどもちに宿泊すると2,500円)
・魚釣り  1時間1,000円
詳しくは「民宿かどもち」へお問い合わせください。
 Tel  0959−64−2580


久賀中学校の小林先生のドローン写真もご紹介します。
まず、城岳展望所からの風景です。





そして、千畳敷をドローン撮影。
ここには、サイの足跡の化石があります。
探しに行って見ませんか。





そして久賀島おさまるの蕨町と奈留島間を結んでいた「長丸(おさまる)」
蕨集落は、奈留島と向かいあっているので、昔は奈留島との関係が多かったようです。



ネムの花です。
本当は、とっても奇麗なのですが残念ながら雨と風に打たれて、こんな有様です。
大好きな花です。



ヤマモモの実も熟していて、木の下は実が落ちて真っ赤になっています。
やまもも酒を作ると、とっても奇麗な透き通った赤になります。



奈留島から蕨の家に戻り、早速畑に行きました。
ズッキーニ、キュウリ、ナス、青じそ、モロヘイヤを収穫しました。
嬉しくて、スキップしたいくらいです。



明日から、しばらく雨のようです。
野菜作りをしていない時は、雨は困るなと思っていましたが、最近は雨も又嬉しいです。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:28 | comments(0) | - | pookmark |
小学生と折紙展望台についての勉強会
・・・・・みんな熱心でした・・・・・・・
島民手づくり展望台で、展望台についてのお話をしました。
質問を沢山してもらって嬉しかったです。
この授業の準備で記録を見直し、今更ながら皆さんの頑張りを再確認しました。
久しぶりに子どもたちの声を聴き、元気が出ました。
ありがとう。



勉強会の後は、それぞれがお気に入りの場所の写真を撮りました。
発表会の時に展示するのです。
どんな写真を撮ったのか楽しみです。





久賀湾が見える東屋へ行っています。
坂道ですが、子どもたちは元気です。





久賀島の皆さんが、コツコツと手づくりをしてきた展望台です。
島民の気持ちがこもっている展望台。
みなさんは、どのように感じましたか。



最初は、このように山を切り開きました。
そして、椿まつりの時に未完成の展望台にご案内しました。
とっても喜んでいただき力が湧いてきました。







モンゴルからの留学生による馬頭琴の演奏や、諫早在住の歌手による歌謡ショーも開催。
展望台に馬頭琴の美しく力強い音が響きました。





演奏や歌謡ショーの時に、日陰がなく暑い思いをさせたからと、屋根付きの休憩所を作りました。
そしてまた、歌謡ショー開催。
生で聴く歌に、皆さん拍手拍手。
有難うございました。





津軽三味線の演奏会もありましたよ。
とっても素晴らしい音色でした。



第一の展望台を作った当初の写真と、現在の写真。
今は、椿の木が大きくなって林のようになっています。
でも道はありますから大丈夫です。





朝日も夕日もきれいです。
夏は夕日が海に落ちるんです。
写真が好きな方、いらっしゃいませんか。



テイカカズラが、あちこちに咲いています。
香りが強いツル性の花です。



蕨町です。
丁度、漁船が港に入ってきていました。



ヒャクニチソウが咲き始めました。
ヒャクニチソウは、何となく懐かしい感じがします。





みなさん島民手づくり展望台に、いらっしゃいませんか。
展望台に植樹をしてくださってもいいですし、お花を1本植えてもいいです。
もちろん、ゆっくりと景色をながめてお帰りになってもいいです。
どうぞ島民の心意気を感じにお越しください。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:58 | comments(0) | - | pookmark |
手づくり展望台作業と元久賀小学校校庭の草刈り
・・・・・・6月20日(土)・・・・・・・
毎年恒例の島民手づくり展望台の作業を行いました。
この日は島民が展望台に集合し、草刈りなどの整備をします。



4月に行われる第1回の作業が雨で延期になったので、草が元気よく伸びていました。
どこも緑一色です。
広い展望台のあちこちに分散し、作業を開始。





子どもたちも楽しく参加。
「楽しんで帰ってね〜」



坂道もきれいに草刈り。
大分きれいになってきました。







展望台入口の下に桜を植えた場所がありますが、そこもきれいにします。
大勢の皆さんが参加して、今日は展望台に楽しい声が響きました。





展望台の周りの遊歩道もきれいにします。
藤棚もだんだん広くなっています。





五島市開催のトライアスロンが中止になり、花の苗が余ったそうです。
そこで展望台に植えようと頂いてきたそうです。
良かったですね。



雨がふるといいなあと言いながら、皆さんが見る機会が多い場所に植えました。
花いっぱいになりますように。





一番初めに整備した場所に上ってみました。
頂上には三角点があります。





以前は見晴らしがよかったのですが、椿の木が大きくなりは海の方だけが見渡せるようになっていました。
でも、これくらいは見えますよ。
見晴らしをよくするために椿を断幹するか、しないか。
それが問題だ!



上る道も、歩きやすいようにと草刈り。
有難うございます。



展望台作業終了後は、久賀小学校跡の運動場の草刈り。
ここには誰もが使える、海藻やカンコロなどを干す棚を作っているのです。





さあ、頑張りましょう。





展望台から下りてきた人たちが多くなってきました。
久賀島の皆さんは、頑張ります。
さっぱりときれいになりました。





家に帰る途中の大畔串の橋の近くにタケニグサが咲いていました。
亀河原椿林にも咲いています。
少し日陰が好きなようですね。





合歓の花も咲いているのですが、つい最近の風と雨で傷んでいます。
新しく咲いたら写真を撮りに行ってご紹介します。
大好きな花です。
| hisakajima | - | 17:11 | comments(2) | - | pookmark |
オゴノリ採りが始まりました
・・・・6月15日口開け・・・・
蕨で、オゴノリを干している人がいました。
聞いてみると、年々オゴノリも少なくなっているそうです。
他の海藻や魚も少なくなっているそうです。
地球温暖化も、その一因でしょうか。
最初、オゴノリはこのような色です。





午後から行ってみると大分乾いていました。
オゴノリは、小舟で行って小さな瀬などに乗り移って採ります。
私のように運動神経が鈍い人間は、海に滑り落ちるかもしれませんね。
以前は、蕨の女性たちは口開けになると海に繰り出していました。
とても元気でしたが、やはり海の仕事は無理な女性たちが多くなったようです。
昔、私は蕨の女性たちは鉄人だと思っていましたが・・・・・。





15日は、各消防団が消防車の点検をします。
きちんと放水できるかどうかを、毎月点検するのです。
いざという時に故障していたらいけないので、どんなに忙しい時でも点検するのです。
蕨町の大野という所を通りかかると、消防車の放水点検をしていました。
仕事の合間に、汗でぐっしょりと濡れながらの点検。
有難うございます。



大野の田んぼは、稲が青々としています。
このままスクスク育ってほしいです。



大開の川にも消防車がいました。
夕方でしたから、放水は終わったようです。
消防団の皆さま、お疲れ様です。



久賀島に住んでいると、いろいろなことをしなくてはいけません。
70だから80だからと言って、何にもしないということはありません。
何かをしているので、島の皆さんはお元気だと思います。
私も見習わなくてはいけません。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:18 | comments(0) | - | pookmark |
猪之木のドローン写真と我が家の作物
・・・・野菜自給率10%かな・・・・
久賀中学校の小林先生から提供していただいた猪之木町です。
猪之木町には、平家の落人伝説があります。



波のまにまに漂いながら久賀島に流れ着いた平家の落人の皆さん。
その昔は、大森林だった猪之木に居を構えたそうです。





猪之木集落には、神社・祠など歴史的に興味をひくところが沢山あります。
歩いてみると楽しいですよ。



川が見えますが、ここには蛍が沢山飛び交い、とてもきれいです。
少し蒸し暑い湿気がある夜に、よく出ます。
ゲンジボタルですよ。



ある朝の収穫。
青じそ・きゅうり、小松菜、パセリ・バジル・かぼちゃを摘心したツル・かぼちゃの花。
サラダや炒め物のしました。
かぼちゃが雄花ばかり咲くので調べると食べられるそうなので、ズッキーニの花と同じように詰め物をして焼きました。
毎朝、起きるとすぐに畑に行くのが楽しみです。
どなたか、そんな生活したい方、いらっしゃいませんか。



ミニトマトが沢山実を着けています。
もう少し熱くならないと赤くならないそうです。



ズッキーニは、次々に実を着けます。
雨が降っても受粉させに畑へ・・・・。
最近、雌花が多いので、雄花が咲いたら冷蔵庫に保存しておいて受粉させます。
そのようなこともインターネットで初めて知りました。



10年ほど前に頂いた落花生。
ずっと冷蔵庫に入れていました。
今年、芽が出なくてもいいと思いつつ蒔いてみました。
立派に芽が出ました。
植物は凄いです。
しかし畑に余地がなく困っています。
どうにかしなくては・・・・。



今の時期は、紫陽花の花があちこちに咲いています。
我が家にも咲きました。



そしてモリちゃん。
昼間は眠ってばかりです。



コロナでガイドを休んでいる私は、荒れ果ては裏庭を畑にしました。
まだまだきれいにはなっていませんが、あらためて自分で野菜を育てる楽しさを味わっています。
次は、魚釣りに行こう!
| hisakajima | - | 13:13 | comments(0) | - | pookmark |
船で通園と蕨町の「さのぼり」
・・・島の子どもは船で通園・・・
可愛い島の子どもたち。
福江島の幼稚園や保育園に通園しています。
以前は保育園があったのですが、一時期、幼児がいなくなったために廃園となってしまいました。
福江島まで通っている子どもたちの元気な笑顔をご覧ください。
可愛いでしょう。
久賀島の宝たちです。



田植えや芋植えが終わり、蕨町では「さのぼり」という行事が行われました。
神社や町内の草刈りをして、きれいになったところで神様に農作業が無事に終わったことを報告します。





山の上の金毘羅神社や蕨神社、祇園社、夫婦岩など、各場所に分散して作業します。
人口も減少しましたので人影はまばらですが、皆さん頑張っています。
私も草刈りをして、草にかぶれてしまいました。
情けない!



田んぼでは、もうだいぶ苗が伸びていて清々しい風にそよいでいます。
サツマイモは植えたばかりです。
一雨ほしいですね。



数日前に収穫した野菜です。
ズッキーニ・ピーマン・芽を出したばかりのゴボウ・ミズナ・キンレンカ。
ミズナとキンレンカはキューりなどと野菜サラダにします。
ほんの少しづつですが嬉しくて、つい・・・・・。



ミニトマトは沢山実がついているのですが、なかなか赤くなりません。
コロナ騒ぎでガイドを休んでいる間に、小さな畑で野菜を作っていますが毎日楽しいですよ。
朝起きるとすぐに畑へ行きます。
最近はズッキーニの受粉をしたあと、食事をつくります。
明日は、2本目のキューりを収穫します。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:41 | comments(0) | - | pookmark |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

bolg index このページの先頭へ