blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
蕨町の風景
・・・空き家が多くなりました・・・
蕨町は、家が密集している集落です。



ここは、皆さんが「こうやざん」と言っているところです。
山の斜面の上にあるからでしょうか。



集落を取り囲むように田畑があります。
私が越してきた39年前くらいは、山の上に段々畑が残っていました。
そこは今は竹林となっています。



右手はお大師堂です。
お大師堂の横に高麗地蔵が安置されています。
60才〜80才までの女性たちが、お大師堂と高麗地蔵を交代でお祀りしています。
「みもり」といいます。



これから先は、「うえんまち」と呼ばれるところです。
昔は、ここの道路が本道だったので、お葬式の時には、この道路を通ります。











「したんまち」です。
ここは空き家ばかりです。
「うえんまち」も「したんまち」も昔の家が残っているので、大きな家ばかりです。







四角い井戸が残っています。
飲み水は近くに「はいからがわ」という井戸があり、そこから汲んでいたと言っていました。
夏でも冷たい美味しい水だったそうです。
もちろん今は水道です。



「したんまち」を、現在の道路から撮った写真です。
空き地には、野菜が植えられています。
野菜作りが下手な私は、よくおばさんたちから頂きます。







「すがさき」に入ります。
昭和47年12月31日に集落の約半分が焼失する火事にあった地区です。
ですから「うえんまち」や「したんまち」は、昔の大きな家ですが、「すがさき」は昭和48年以降に建てられた家ばかりです。
やはり空き家は多いです。











集落を囲んだ田んぼです。
耕作放棄地も増えています。





海岸近くには漁協があります。
以前は、タイ・ヒラメ・トラフグなどの養殖をしていましたので、大賑わいでした。
朝早くから、魚の餌を作る機械が音をたて、働くおばさんたちの笑い声がひびきました。
今では静かになり寂しくなりました。



神輿巡行があったころの蕨神社例大祭。
集落中を練り歩き、船で漁場へ行き、最後は海に入っていました。
集落をいくつかに分け、女性たちはご馳走を持ち寄り、御接待をしたものです。
神輿を担ぐ人はもちろんですが、見物客にも同じように御接待をしました。
大変ではありましたが、その頃の賑わいが懐かしく思い出されます。



蕨町に越してきて、最初は早口の蕨弁を聞き取ることができずに困りました。
なんだかわけがわからないまま、最初は「郷に入っては郷に従え」を肝に銘じてやってきました。
当時は「なぜ?」と思うことも多かったのですが、暮らしていくうちに理屈ではないと思い知りました。
山を切り開き田畑を作り、男性だけでなく女性たちも、よその島にも出稼ぎに行き子どもたちを育て上げました。
そのご苦労を思うと頭が下がります。
風景も違って見えてきます。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 06:49 | comments(5) | - | pookmark |
深浦町の花いっぱいの家
・・・心が晴々となりました・・・
毎年、リビングストンデージーが咲き乱れる深浦のお宅。
お聞きすると「今年は、あんまり花がさかんやったとよ」ということでしたが、とっても奇麗でしたよ。



花は好きですが、手入れが苦手で上手に咲かせられない私。
反省です。



深浦は、昔は磯の権利が久賀島では一番広い地区でした。
戦後は、戦争から戻ってきた男性たちが地区の人たちに芝居を教えてくれたそうです。
夜になると、子どもを背負いながら集まり練習に練習を重ね、地区で芝居や踊りの会を開催したそうです。
仕事が終わってからの練習で疲れていたけども楽しかったそうです。
このように、とても活気があった地域です。
しかし今では常時いらっしゃるのは、このお宅と深浦壮という民宿の二軒になってしまいました。
寂しくなってしまいましたが、このように花盛りだと元気がでますね。



深浦の町内です。
家はありますが無人の家ばかりです。
以前は、どの家にも花がいっぱいでした。
私は、よく花の種をあちこちの家の方から頂いたものです。
ここを通るたびに懐かしく思い出します。





この階段を上った家が花いっぱいの家です。
昔のようにテキパキとは動けないので花の世話も大変だそうです。



でも道路そばの畑の草取りもきちんとしています。
そして畑の隅には花も植えられています。
亡くなった父を思い出しました。
父は、畑の畔に四季折々の花を植えていました。
実家に行く、畑の畔を見に行ったものです。





深浦から戻る途中、牛の餌を刈り取っていました。
久賀島には、牛を飼っている農家が数軒あります。
頑張っていますよ。
海風がくる場所で飼っているので、きっといいのではないかと素人の私は思っています。



最後は我が家の猫「モリちゃん」
家の中で飼っているので、玄関を網戸にすると外ばかり見ています。
たまにノラちゃんが来るので、下を二重にしています。
今日は、二重にした網戸の上に乗っていました。
我が家を笑顔にしてくれる「モリちゃん」ちゃんです。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 01:41 | comments(7) | - | pookmark |
春の光に溢れた久賀島
・・・牡蠣うちは、そろそろ終わり・・・・
久賀島の牡蠣は、とっても美味しいのですが今年は寒がしなかったので、身が大きくならなかったようです。
この間までいた牡蠣うちの人は見かけなくなりました。
そろそろ終わりになったようです。





遠浅の久賀湾では、マテ貝掘りやアオサ採りなど楽しみが沢山です。
アオサが小石につくと、磯の香りが漂ってきます。
「春だなあ」と感じる時です。
海の色も季節により違ってきます。
風の音、風に乗ってくる香り、海の色、空の色、そして山の色・・・。





常緑樹ばかりの久賀島ですが、緑は季節により違います。
これから先は、「山笑う」にぴったりの山の色に変わります。
コロナウイルスが終息したら、ぜひ久賀島の山や海を見にいらしてください。
ご連絡いただけたらお手伝いしますよ。
さて、今は「つわぶき」の季節です。
秋には、黄色いお日様のような香りの花を咲かせます。
関東地方の皆さんは「ツワブキは観賞用でしょう」と言われる方が多いのですが、いえいえ、そうではありません。
五島では、ツワブキは食用です。
むき方にコツがあるんですよ。私は上手です。
これからは、美味しい山野草が沢山でてきます。





家の庭の隅に「ノシラン」の株がありますが、その中に「ムサシアブミ」が花を咲かせていました。
久賀島の山の中には沢山あったのですが、最近は少なくなりました。
イノシシが根っこを好きなようで、見て回ると掘り起こして食べているんです。
今に、ムサシアブミもマムシグサもなくなるかもしれませんね。



年中咲いているガザニアです。
冬の寒い中でも咲いているので、明るくなる有難い花です。



そしてバイモユリ。
よくとれていませんが中は網目模様です。
これは熊本の親類から頂きました。
どんどん増えていっています。
目立ちませんが可愛い花です。



コロナウイルスが早く終息しますように。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 14:02 | comments(0) | - | pookmark |
遣唐使船も立ち寄った田ノ浦を空から撮影
・・・久賀中学校の小林先生提供・・・・
空海と最澄が乗った遣唐使船が立ち寄ったという言い伝えがある田ノ浦港。
五島市の歴史資料館の資料にも書いてあります。



昔は、もっと奥まで海だったと言われています。
田ノ浦港の入口には砂嘴があり、港の中は普段は波静かです。
五島列島には、あちこちに遣唐使船が立ち寄ったという言い伝えなどがあります。
当時は今のように航海技術も確立されていない頃ですから、もしかしたら、あちこちに立ち寄ったかもしれません。





毎年、「久賀島椿まつり」を開催している「椿の里」と「松井守男画伯のアトリエ」が見えてきました。
この椿の里で、海の幸の食事を楽しんでいただきます。





山の麓に見える白い像は、マリア様ではありません。
久賀島なので、みなさん「マリア様ですか」とお聞きになりますが、観音様ですよ。









久賀島は、海の幸、山の幸が豊富です。
山の上まで棚田があるように(今では殆どが耕作放棄地です)、水も豊富です。
これは、歴史家でも何でもない一個人の私の感想ですが、その昔、久賀島で水や食べ物を積み込み大陸へ向けて船出したかもしれませんね。
水・米・野菜・獣・魚・その他・・・全て揃っている久賀島です。









今はコロナウイルスで大変ですが、終息したらぜひ久賀島へいらしてくださいませんか。
美しい自然と優しい人々。
都会の皆さんからご覧になると不便だと思われるでしょうが、慣れてしまうとたいしたことではありません。
それよりも四季折々の自然を楽しみませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:39 | comments(0) | - | pookmark |
吉永小百合さん「椿サポーター」に就任
・・・・五島の椿プロジェクト・・・・・
五島の地域活性化を目指すプロジェクトが始動しました。
広報活動で協力する「椿サポーター」に吉永小百合さんが就任しました。



吉永小百合さんは、教会を見て回るために五島を訪れたそうです。
私たちも久賀島にいらした時にお目にかかったことがあります。
とても素敵な方でした。
長崎新聞の3月1日の記事の中で、「お気に入りの場所はできましたか」という問いに次のように答えていました。
・・・旧五輪教会です。教会に見られないような和風の作りにしていて、そこが祈りの場所になっている・・・・・







旧五輪教会堂は、大浦天主堂の次に古い教会堂です。
外観は日本家屋風ですが、内部はこうもり天井が美しい、心が鎮まるような教会です。





海辺にひっそりと佇んでいる教会堂。
明治14年に建てられ、それ以来、ずっと久賀島の歴史を見守ってきた教会堂。
その旧五輪教会堂をお気に入りの場所と言ってくださった吉永小百合さんに感謝です。
有難うございます。





さあ、私たちも頑張らなくては・・・・。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 01:17 | comments(4) | - | pookmark |
新型コロナウイルスの脅威はいつまで続くのでしょうか
・・・モクレンが咲き、桜もちらほら咲きだしました・・・
小中学校や高校が休校になりましたが、急なことで学校も保護者も、そして子どもたちも大変ですね。
これ以上蔓延しないでほしいです。
そのような中でも植物は花を咲かせています。
隣家のハクモクレンが満開になりました。



家の間にある畑では、大根が葉を切られて並んでいます。
椿祭りの時に頂いたのですが、こんなに大きくても柔らかく瑞々しい大根でした。
網を張ってあるのは猫と烏が入らないためです。



猪之木という集落に行く途中に、毎年、一番早く咲く桜があります。
民宿・深浦壮のご主人が電話をしてきてくれました。
「今年も咲いているよ。もう少し早かったらもっと奇麗だったんだけど」
深浦壮は、今改修工事をしているところです。
料理がとっても美味しい民宿です。
工事が終わりましたらお知らせしますので、皆様ぜひ久賀島へ泊りがけでいらしてください。





キブシの花も咲いていましたよ。
私は、このキブシの花が大好きです。
「ああ、春がきたなあ」と思うのです。
キブシの花が咲く時期になると、久賀島は「札うち」が始まります。
3月1日から久賀島の札所を巡るのです。
四国八十八か所巡りのようなことを久賀島内で行うのです。
札うちのために山道を歩くと、必ずこのキブシが揺れています。







廃校となった蕨小中学校の校庭にも桜が咲いていました。
今は静かな校舎ですが、子どもたちが居たころは賑やかな声が聞こえてきたのですが、今では本当に静かになってしまいました。





蕨小中学校は、蕨の集落全体の人たちがPTA会員でした。
勿論、保護者は正会員、子どもがいない家庭は準会員で、会費の金額は違っていましたが、皆さんPTA会費も納めていました。
行事には全て参加していたんですよ。
地域の皆様には、感謝感謝でした。
懐かしいです。





次は椿の花をご覧ください。
椿林を見て歩くと、いろいろな花を探し出すことができます。
玉の浦は有名な名花ですが、他の椿の花は名もない花です。
可愛いでしょう。











コロナウイルスでお亡くなりになった皆様にお悔やみ申し上げます。
また現在、ウイルスと戦っておられる皆様、頑張ってください。
早く終息しますように。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 00:49 | comments(0) | - | pookmark |
久賀島椿祭り二日目
・・・2月23日、私たちも楽しかったです・・・
二日目。少し肌寒かったですが、晴天でした。
椿の里の前で、凧揚げをしているご家族がいました。
最近、見かけなくなった風景。懐かしい風景でした。
子どもさんたちは、とっても楽しそうでしたよ。



福江からのお客様に集合していただきました。
久賀島にお越しいただき有難うございました。
楽しんでくださいね。





お米や塩干の魚の販売など、久賀島産の物産販売中。
いかがでしょうか。



久賀島の方もお買い物に来てくださいました。
買い物にいらしたのに、販売も手伝ってくれました。
ありがとう!







美味しいコーヒーとジャムの販売です。
「青空マーケット」といいます。
通常は、久賀島の中心部にある郵便局の前に止まっていますので、久賀島にいらした時は、お立ち寄りください。



さて時間になりました。お待ちかねの食事タイム。
メニューは、山菜おこわ・豚汁・殻付き牡蠣と車エビ、サザエの焼き物。







囲炉裏が満員なので、和室でも召し上がっていただきました。
同じグループなのに、ごめんなさいね。





何度もいらしてくださる方も。
ありがたいです。





久賀島に所縁のある懐かしい方々や、久賀島潜伏キリシタン資料館「内上の杜」の方もいらっしゃいました。
皆さま、有難うございました。







美味しそうな苺でしょう。
実は、北海道から友人3人が椿祭りに参加する予定でした。
ところが、このコロナウイルス騒ぎです。
涙を呑んで来島を中止。
この苺は、その友人たちも一緒に食べてくださいと、北海道由仁町の「はた農園」の方が送ってくださったものです。
とっても美味しい苺を、たくさん送ってくださいました。
有難うございました。



島内外の皆さまのご協力で、無事に終わることができました。
皆さま、本当にほんとうにありがとうございました。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:52 | comments(2) | - | pookmark |
久賀島椿まつり初日
・・・食事と松井画伯アトリエ訪問・・・
コロナウイルスの影響で、久賀島巡りを中止した今年の椿まつり。
お客様は少ないだろうとと思っていました。
しかし嬉しいことに、隣の島「奈留島」から大勢のお客様がいらっしゃいました。



主会場の「椿の里」では、久賀島米などを販売。
椿の苗木も販売しました。
そして美味しいコーヒーやジャムなども。







さて食事の時間。
お手伝いをしてくださる方もいらっしゃいましたよ。
有難うございます。









みじょか(可愛い)お客様もいらっしゃいましたよ。
退屈はしていませんか。



私はガイドの時に、奈留島にも行きます。
これから奈留島で、私を見かけましたら声をかけてくださいね。
そして奈留島のことを、いろいろお教えてください。
奈留島の素敵なところ、自慢できるところを・・・沢山ありますから。







午後1:00からは、松井画伯のアトリエ訪問です。
先生は、今日の午後のシーガルで久賀島にお着きになったばかりです。
「久賀島のためなら」と、どこにいらしても必ず駆けつけてくださる先生。
本当にありがたいです。





今回は、コロナウイルスの影響でマスクをしての観賞会。
先生は、質問に答えながらお話もしてくださっていました。
そして皆さんは、それぞれが素敵な感想を寄せてくださいました。
私が描いたわけではありませんが、とても嬉しかったですよ。







奈留島と久賀島は隣通しです。
奈留島で何か行事がある時には、できるだけお邪魔させていただきます。
今後ともよろしくお願いします。



お手伝いの皆さん、お疲れさまでした。
無事に初日が終わりました。
有難うございました。
明日、また頑張ります!
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:44 | comments(0) | - | pookmark |
久賀島つばき祭りのお知らせ
・・・島めぐりは中止になりました・・・
コロナウイルの影響で、五島つばき祭りが中止となりました。
久賀島では、島めぐりだけを中止にしました。



食事と松井画伯のアトリエ訪問は、奈留島や福江島の皆様から予約を頂いていましたので実施することにしました。
島めぐりを楽しみにして頂いていた皆様、申し訳ありません。
22日(土)は、既に満員状態です。
驚きました。有難うございます。



当日は、お米や牡蠣、サザエ、椿油、椿の苗なども販売します。
どうぞ、食事だけでもいらしてください。
その時は、ご連絡をお願いします。





久賀島は久賀島村の時代に、椿を活用して観光に力を入れようと「椿音頭」の歌と踊りを募集しました。
また久賀島の絵葉書も作り、新聞社に来ていただき披露しました。
何と先見の明があった皆さんだったことか。
また「椿の木をみだりに切っては罰金刑に処す」という条例も作って椿を保護したのです。
そのおかげで椿の林が残っています。
次の絵葉書は、蕨町と蕨小島の絵葉書です。
一度いらして、この風景と今の風景を見比べてみませんか。

[写真:久賀島村が作った絵葉書]
久賀島村が作った絵葉書

最後の写真は、2015年の「みじょか隊」のメンバーです。
「みじょか隊」というグループ名で、椿音頭を継承しようとしています。
「みじょか」とは、可愛いという意味です。
みじょかでしょう・・・・。



22日、23日、頑張ります。
久賀島ファイト!自分にファイト!
郷土史初級試験、合格しました。
また中級、上級と実施する予定だそうです。
頑張るぞう。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:49 | comments(0) | - | pookmark |
五島市老人クラブ大会・演芸の部には久賀島からも参加
・・・・笑い声や拍手が会場に響きました・・・・
講演は「夢は心のエンジン」
楽しいレクレーションで、心も体もリラックスしました。
地域の皆さんと一緒に続けられたらいいな。





演芸の部が始まる前に、準備室に行って写真を撮らせてもらいました。
最初は誰だか分からなかった久賀代表。
元気いっぱいです。



同室だった三井楽支部の「フラ・アイランド」の皆様です。
若々しい皆様です。頑張ってくださいね。



もう一人の久賀代表の歌「君恋し」
柔らかい声で素敵でした。
写真がうまく撮れなくてごめんなさい。



そして山本リンダさんの歌を熱唱する久賀代表。
体も良く動きます。さすがです。
会場のみなさんも手拍子で参加。
良かったよ!



三井楽支部のフラダンス。
ハワイに来たかのような素敵なフラダンスでした。



久賀島に戻るために港に来ると、女性たちはホッとしてアイスクリームで休憩。
朝早く久賀島から船で来たので疲れましたが楽しかったですね。
皆さんで出かけるのはいいことですね。





定期船は、老人会の皆さんで満員状態でした。
久賀島から福江島の保育園に通っている子どもたちは、今日は下に乗っています。
可愛いでしょう。久賀島の宝です。





もうすぐ久賀島の田ノ浦港です。
迎えに来た人たちが見えます。



次は、久賀中学校の小林先生から以前いただいていた田ノ浦港の写真です。
ドローン写真ですよ。
素敵でしょう。



| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:34 | comments(0) | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ