blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
久賀島を小舟で一周しました
・・・魚釣りの人たちが多かったです・・・
いざ、久賀島一周に出発です。
全員で5人です。



朝は、小雨がぱらついていましたが、濡れるほどではありませんでした。
進むにつれて、少し波がたってきましたが、これもたいしたことはありません。
折紙鼻に近づいてきました。





今日(6/6)は、釣り大会でもあったのかと思うくらい、瀬という瀬には釣り客がいっぱいでした。
釣れましたか?
沢山、釣れるといいですね。
他にも、女性が瀬にあがっていました。
海藻採りでしょうか。







地層が曲がったところや斜めになった所を過ぎていきます。
久賀中学校の小林先生が、ドローンで写真を撮りたいというので小舟を停止させました。
近くの瀬でも、やはり釣りをしています。







ドローンが飛び立ちました。
しかし、風が強く思ったようにはいかなかったかもしれません。
小舟が波や風に流され動くので、舟に着地させるのに時間がかかりました。
「ドローン、頑張!れ」と、思わず応援。
無事に着地した時には、万歳をしたくなったほどです。
小林先生の操縦がよかったんですね。



田ノ浦あたりです。この辺りは、断層がはっきり見えます。
きれいですね。



以前、海岸を歩いて写した写真です。
もう少し迫力のある写真を持っているのですが、整理途中で探せませんでした。
潮が満ちる前にもどってこもどってこないといけないのが大変ですが、近くで見ると奇麗で迫力があります。





五輪の近くの外輪という集落があった所です。
畑や田んぼの跡の石垣などが残っています。
今回は海から眺めるだけでした。



旧五輪教会堂がある五輪地区です。
新旧二つの教会堂が並んで建っています。
昔は新しい教会堂の場所には、イワシの缶詰工場があったそうです。
蕨の女性たちが、「缶詰工場に通うたよ」と言っていました。



次の写真は、以前写した写真です。
小舟だったので、穴の中まで入っていきました。
穴は長くはありませんが、岩に何かがはえていて赤くなっているところもあります。
私が見た穴の中は、このような色が多いです。





奈留島と久賀島の間の大潮の時の様子です。
近くで見ると渦をまいているのが分かるのですが・・・・。
周りは静かなのに、音をたてて潮が流れているときがあります。



舟底を掃除しています。
舟を載せる台には、他の舟が載っていたので、このようにして掃除をしました。
フジツボや海藻などがつくと、舟のスピードが落ちるんです。
やっかいもののフジツボですが、最近、食料になるというニュースを見ました。
養殖もしているらしいですね。
美味しいそうですよ。



小さなリンゴ?
いえいえ、椿の実(かたし)です。
9月から収穫するようになります。



我が家の「もりちゃん」
ノラ猫がやってくると網戸越しに、切なそうに鳴いています。
可愛そうですが、外にはだせません。ごめんね。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 14:07 | comments(0) | - | pookmark |
久賀湾と大開のドローン写真
・・・久賀中・小林先生より提供・・・
まず久賀湾の写真をご覧ください。
久賀湾は遠浅なので、干潮になると海の様子は、このようになります。
冬の大潮の時には、満ちる潮にのってやってきたイカが、潮が引くときに取り残されているときがあります。
夜磯といって、大潮の夜にイカやかサザエなどを拾いに(笑い)行っていましたよ。
今では、高齢者ばかりになり行く人もいなくなりました。

[写真:久賀湾]
久賀湾



右側の水田は、海だった場所を干拓したものです。
昨年は、この干拓にコハクチョウが一羽やってきました。
来年もくるかなあ。



[写真:久賀湾と干拓]
久賀湾と干拓

さて次は大開です。
山のすそ野あたりに家はあります。

[写真:大開]
大開

大開

高い鉄塔は変電所です。
昔は、この変電所から山の方へ行った所に、赤仁田教会堂という教会堂がありました。

大開

大開

遠くに久賀湾が見えます。
海の色がきれいですね。
桜の季節には、大開の山は山桜がとてもきれいです。

大開

大開

大開

大開

我が家の花。
今日はランタナです。
和名は七変化というそうですよ。
その名の通り、色が変わります。



昨年から、孟宗竹のタケノコを採ることができません。
イノシシが掘ってしまうのです。
今年は、孟宗竹より小ぶりのタケノコを採ってきました。
掘るのではなく、伸びているのをパキンと折ってきます。
竹の香りがして美味しいですよ。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:09 | comments(0) | - | pookmark |
イノシシ除けの柵が必要になりました
・・・市小木の水田に柵をしています・・・
最近、イノシシが増えてきました。
田んぼを守るために、柵を作っています。







各自が自分の水田を柵で囲っているのです。
まだまだ終わっていないようですね。
頑張ってくださいね。



市小木の水田のドローン写真です。
久賀中学校の小林先生から提供していただきました。





久賀島は、昔はイノシシは沢山いたそうです。
しかし、島でありながら農業中心の島だった久賀島は、イノシシやシカの駆除に乗り出しました。
久賀島村誌によると、明治44年から3年計画で駆除してしまったそうです。
当時の金額で、300円だったといいます。
そしてイノシシはいなくなっていましたが、海を渡りやってきました。
山深い久賀島は、イノシシなどが棲むには最適のようで、どんどん増えています。
困っています。
・・・・・
スイカズラの花が咲いていました。
咲き始めは白い花ですが、だんだん黄色になります。
甘い香りのする野に咲く花です。



我が家に今咲いているテッポウユリです。
いい香りがしています。



そして畑に咲いたズッキーニの花です。
なぜか2本あるズッキーニに咲いたのは雌花だけでした。
仕方がないので、花にひき肉を詰めて蒸して食べました。
今日は、雄花も咲いたので受粉ができました。
もう少ししたら収穫できると思います。



イノシシが有効活用できるといいのですが。
最後にモリちゃん。
ノラ猫でしたが、3日間まとわりつかれて飼った猫です。
外から戻ると、玄関に敷いてあるマットに横になりました。
「なでなでしてちょうだい」

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:07 | comments(2) | - | pookmark |
永里・猪之木集落のドローン撮影
・・・久賀中学校・小林先生提供・・・
永里の海岸です。
以前は、潮干狩りで大賑わいの砂浜でした。
公民館勤務の時には、地域の方々に講師になっていただき「子ども講座」で潮干狩りに行っていました。
マテ貝や名前を知らない貝など、沢山とれたものです。
今は温暖化のせいか、海の幸も少し変わったようです。





次は、水田の風景です。
奥に見える場所が猪之木集落です。
手前は、永里です。







猪之木集落には、平家の落人伝説が伝わっています。
石神神社を中心にして、祠やお地蔵様など、見るべき所が沢山あります。
とても興味がある地域です。





また海岸の様子です。
海は遠浅です。
来年の春には、マテ貝掘りに行ってみようかな。





久賀湾が見えます。
久賀湾の真ん中に浮かんでいる島は、弁天島です。
小さな島ですが、山の上には弁天様を祀った祠があります。







次回は、猪之木集落の中心をご紹介します。
久賀島と一口に言っても、各集落ごとに少しづつ風習などが違います。
方言も少しづつ違うんですよ。
とても奥行きがあり面白い久賀島。
人口減少・高齢化という面では、日本の最先端の久賀島。
今では業種によっては、パソコンがあればあれば、どこででも仕事ができる時代になりました。
久賀島で仕事をしようと思われる方はいらっしゃいませんか。
野山に咲いているジャケツイバラです。
ツルには棘があります。

[写真:ジャケツイバラ]
ジャケツイバラ
| hisakajima | - | 20:51 | comments(0) | - | pookmark |
無人市は大好評です!
・・5月に椿が咲いています・・
久賀町にある無人市。
100円で旬の野菜や花が並んでいます。
でも、行くのが遅くなるとお目当ての野菜がなくなっていることもあるんですよ。
自分で作れない皆さんは、とっても助かっています。





久賀湾に大きな船が停泊していました。
工事の機械を運んできたようです。





センダンの花が咲きました。
うす紫の花です。
今、あちこちの山に咲いています。



今年は、椿が5月まで咲いていました。
一輪二輪は、これまでも咲いていましたが、この木は満開でした。
主人が撮ってきたもですが、逆光でうまく撮れなかったそうです。





主人が、「見たことない花があった!」と写真を撮ってきました。
見てみると、ブラシの木(学名:カリステモン)でした。
前からあったのに目に入らなかったようです。
時々、「山に咲いていた。新種かもしれない」などと言って写真を撮ってくるのですが・・・・・・。
花壇の花の種が飛んで行って山の中に咲いているだけのことです。
山に華やかな花が咲いているので新種と思うらしいです(笑い)
でも花や自然に興味を持つようになったのは嬉しいことです。





我が家の花です。
木瓜の花は、なぜか1年中咲いています。
野菜は、だいぶ大きくなりました。
小松菜は何度も収穫していますが、採れたては美味しいですよ。





コロナウイルスで、私たちも自粛していることがあります。
毎月1回、高齢者のお茶会をしていましたが、今はお休みしています。
もしかしたら6月は許可が下りるかもしれませんが・・・。
早く終息しますように。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:18 | comments(0) | - | pookmark |
民宿「深浦荘」のご紹介(ドローン撮影は久賀中・小林先生提供)

・・リニューアルオープンしました・・

深浦という集落にある「深浦荘」

食事がとても美味しいと大好評です。

この度、お客様により快適に過ごしていただけるように改築しました。

今はまだ、コロナウイルスの影響で観光に訪れることは厳しい状況ですが、終息したら、ぜひいらっしゃいませんか。

久賀島の海の幸・山の幸が満載の食事ですよ。


深浦荘 TEL:0959-77-2366(赤松)




深浦集落から少し離れた海岸の近くにあります。

民宿の前は、このようなきれいな海です。

透き通った海と緑が美しい山々。

夕方は、まるで墨絵のような風景になります。





深浦集落周辺のドローン撮影写真をご覧ください。

昔は、深浦集落は久賀島でも一番「磯の権利」を持っていたところです。

カマスの地引網も盛んでした。

子どもたちは、地引網の網を巻く手伝いに行くと「しゃあ(おかず)ば持っていけ」と、カマスをもらって帰っていたそうです。

子どもですから、ほんのちょっと手伝っただけで、その日のおかずをゲットして帰る。

いい時代でした。






深浦集落の写真です。

この集落を少し過ぎたところにあります。

昔々は、深浦は塩づくりもしていました。


[写真:深浦集落]

深浦集落


田ノ浦桟橋では、時々釣りをしています。

女性たちが小鯵を釣っていることが多いのですが、この日は違った獲物を狙っていたようです。



餌はキビナゴです。

さて何が釣れたのでしょうか。



カサゴのようでした。

この桟橋付近には、大きな魚が泳いでいることがあります。

ハコフグもゆらゆらと泳いでいますよ。

久賀島に降り立った時に時間がありましたら、海の中も覗いてみてください。



さて我が家の花です。

オオキバナカタバミです。

なんと原産地は南アフリカだそうです。



昨日から雨が降っていますが、今日16日は9時ころから少し晴れてきました。

私の小さな畑の野菜も大分大きくなっています。

この前種を播いたゴボウの芽が、ほんの少し出てきています。

さあ、半分くらいでもいいから自給自足を目指すぞう!

| hisakajima | 最近の久賀島 | 17:33 | comments(2) | - | pookmark |
久賀の若っかもん(若者)です!

・・・グラウンド・ゴルフを楽しんでいました・・・

50才代、60才代、70才代、そして80才代の皆さんです。

久賀島では、まだまだ若者です。

50、60は、ひよっこです。

久賀中学校横にあるグラウンド・ゴルフ場で、練習に励んでいました。



グラウンド・ゴルフは、年齢や性別に関係なく楽しめます。

いい運動になりますし、頭も使います。

そしてなにより、人と触れ合えるのがいいですね。

室内での集まりは中止していますが、広い場所での軽いスポーツは気を付けながら楽しんでいます。





続けてホールインワンがでました。

素晴らしい!

皆さん、楽しんでくださいね。




久賀中学校とグラウンド・ゴルフ場です。

久賀島には、まだコロナウイルス感染者は出ていません。

高齢者ばかりですから、皆さん、なるべく島外へでないように気を付けています。




昨年、白いアザミが咲いていた蕨の旧道へ行ってみました。

今年も咲いていました。

突然変異なのか、時々白いツワブキの花やアザミの花、そしてネジバナなどを見かけます。



前回ピンクのノイバラの花の写真を載せましたが、普通は、このように白い花が多いです。

香りは同じくバラの香りです。



大きなセンダンの木がありました。

久賀島には、センダンの木があちこちにあります。

花が咲くまで、あと数日ですね。

紫色の花が咲きます。

広い場所で風に乗ってくる香りは、まあまあですが、間違って家の中に持ってこようものなら悪臭にかわります。

それほど香りがきついのです。

もうすぐすると紫色の花が、あちこちに見られますよ。




コロナウイルスが早く終息して、旅ができるようになりましたら久賀島にもいらしてくださいね。

早く終息しますように。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:06 | comments(0) | - | pookmark |
磯遊びに行きました
・・・5月8日晴天!・・・
いいお天気だったので、蕨の海岸にトコブシを採りに行きました。
昔は、小石をひっくり返すと沢山いたそうです。
潮が引いています。
「さあ、がんばるぞ」と、気合を入れました。





先客が一人いました。
「いいお天気なので、採れなくてもいいから来ました」とのこと。
私も同じですよ。磯遊びは楽しいですね。



小石の浜は、歩きにくいので注意しながらトコブシを探しました。
私は3個、主人は7個探しました。
少ないけど、嬉しかったです。
他の蜷類も拾って行って、早速お味噌汁にしました。
いいお出汁がでましたよ。







海岸、きれいでしょう。
以前は、大きな石ころの海岸だった浜が、今では砂浜になっています。
波止場が沖へ伸びていくにつれ、海流が変わったのか砂が流れてきて砂浜になったのです。
今では子どもたちの海水浴場となっています。





海岸線に石垣があります。
此処は、畑だった場所です。



この高い石垣は、田んぼの石垣です。
蕨の集落から、すぐの所にありますが、昔は畑や田んぼに行く道がありませんでした。
そこで、櫓こぎの小舟で農作業に行っていたのです。
まさに海は道でした。





此処の海岸に小舟でやってきて、そして小舟を引き上げて農作業をしていました。
舟は農作業にも必要でした。
五輪地区には、蕨の人の田んぼがありますが、もちろん五輪へも小舟で行っていました。
今では耕作放棄地となっています。



さて、私の畑の小松菜とミニトマトが大きくなっています。
今日9日は、恵の雨です。
きっと大きくなるでしょう。
雨の日も又嬉しいです。





畑が狭いので、こんなものを利用してゴボウの種を播きました。
雨で芽が出るのが早くなるかしらと、わくわくしています。



わが家のモリちゃん。
高いところが大好きです。



不便なような久賀島ですが、慣れてしまうと不便とは感じなくなります。
周りを見回すと楽しいことがいっぱいです。
コロナウイルスが終息したら、ぜひぜひ久賀島へお越しください。
そして自分だけの楽しみを探してみませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 14:08 | comments(0) | - | pookmark |
ウニ採りが始まりました
・・・大開の風景もご紹介・・・
ウニ採りが始まりました。
今は、蕨町では潜ってウニ採りをする女性たちはいなくなりました。
しかし私が越してきた時にはウニ採りの時期になると、女性たちが黒いウエットスーツに身を包んで海に潜っていました。
そして海から戻るとウニを割るのです。
とっても働き者でした。
蕨でウニ割をしている人がいましたので写真を撮らせていただきました。



ウニは、海に潜って採ってくるのも大変ですが、ウニを割るのも大変です。
肩が凝りそうですね。
頑張ってくださいね。





庭には花々が沢山咲いています。
私は、時々ここから花の苗を分けていただいているんです。





大開の山に藤の花が咲いていたと聞き、早速大開に行ってみました。
満開で、藤の花の香りが辺りに漂っています。





以前、昔の生活の様子などを教えていただいていたお宅まで行ってみました。
現在は無人の家ですが、庭は草刈りなどをして人が住んでいるような雰囲気でした。
菖蒲の花も咲いていて、つい立ち寄ってみたくなりました。
懐かしいです。





次のお宅も、いつも手入れの行き届いた庭でした。
時々、花を見せていただきに立ち寄っていたものです。
今は越していかれて無人になっていますが、時々お嬢様が来られて手入れをしておられます。





歌を歌うことが好きな女性でした。
懐かしくて、ついつい来てしまいます。





道路のあちこちに咲いているメキシコマンネングサ。
明るい黄色がきれいですね。
どんどん増えていきます。

[写真:メキシコマンネングサ]
メキシコマンネングサ

ムラサキカタバミもあちこちに咲いています。
可愛い花でしょう。

[写真:ムラサキカタバミ]
ムラサキカタバミ

久賀島には、可愛い野の花が満開です。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:35 | comments(0) | - | pookmark |
市小木集落をドローン撮影
・・・久賀中・小林先生提供・・・
市小木集落をご紹介します。
空中から見ると、普段見慣れている風景が違って見えますね。





川に沿って水田があります。
早期栽培の田植えが終わりました。
まだ少ないですが、シラサギやアオサギが、田んぼの中で餌をついばんでいる風景が見られるようになりました。









茶色の水田は、圃場整備をして広くなった田んぼです。
圃場整備をして初めての田植えが終わりました。







左にある建物は、久賀島地区の潜伏キリシタン資料館です。
カトリックの方の家を改修して出来上がったものです。
コロナが終息しましたら、お立ち寄りください。



久賀小中学校の運動場が見えます。
少ない児童生徒ですが、頑張っています。
子どもたちは、久賀島の宝です。



道路そばには、アザミの花がきれいです。
黄色いキンポウゲ、ハマヒルガオ、そして小さいカタバミ。
久賀島は、花々に溢れています。
四季折々、変化に富んでいる久賀島。
俳句のお好きな方。吟行にいらっしゃいませんか。

[写真:キンポウゲ]
キンポウゲ

[写真:ハマヒルガオ]
ハマヒルガオ

[写真:カタバミ]
カタバミ

コロナウイルスが早く終息しますように。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:23 | comments(2) | - | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

bolg index このページの先頭へ