blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。人口約600人の小さな島ですが、 現在ボランティア活動が盛んで、 島作りのために島民が頑張っています。

↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
寒くなりました
永里地区の田んぼに、牛の餌を刈り取った白いロールがありました。
以前ご紹介したのは、稲をロールしたものでした。
永里にあったのは、名前は知らないのですが牛の餌として植えられた植物です。



久賀島の牛は、きれいな空気の中で伸び伸びと育てられています。
ストレスがないので、いいのかもしれませんね。
頑張っている農家の皆さんです。
これからも、いい牛を育ててくださいね。



内上平の近くの山の中に、何かが見えました。
クモの糸にからまりながら行ってみました。
イノシシの罠でした。
久賀島村の時代に賞金を出して駆除してしまったのですが、 海を越えてやってきたイノシシ。
増えすぎると農業ができなくなります。
山に中にいる分にはいいのですが・・・・・・・。



近くには、排水溝や石垣がありました。
家か畑などがあったのでしょうか。



バッタが車の中にとびこんできました。
クモやバッタ、蝶などの昆虫が、今年は多いです。



島全体が国の重要文化的景観に選定された久賀島。
ガードレールの色も白い色から、目立たないこのような色になっています。





自然豊かで人情豊かな久賀島。
民宿や民泊もあります。
一度、いらしてみませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
「椿の里」で昼食

・・・10月9日・・・・

久賀島観光のあとで、田ノ浦にある「椿の里」で昼食を準備しました。

「椿の里」は、ボランティアグループ「久賀島やぶつばき会」の活動拠点です。



今日は、10人でしたので料理上手な永田さんと二人で食事作りをしました。

山菜おこわ・朝に水揚げされたばかりのサシミ・サザエと車エビの焼き物・すり身とアオサ入り吸い物などなど。

殆どが久賀島でとれたものばかりです。




皆様に楽しく食事をしていただきました。

写真撮影などにも気軽に応じていただき、ありがとうございました。




デザートは、カボチャプリンです。

もちろんカボチャも久賀島でとれたものです。



いつか又、ゆっくりお越しください。

久賀島は、民話・歴史・植物・自然など、見所が満載です。

お客様をお送りし、後片付けをしていました。

すると、久賀島にシーカヤックでいらした皆様が田ノ浦でカヤックを干し、帰る準備をしていました。

食事は?と聞きますと、まだとのことです。



少しでも久賀島にお金を落とすために買い物をしたいとのことです。

でも近くにはお店がありませんので、残り物ですが食事をしていただくことにしました。

山菜おこわやお漬物くらいしか残っていませんでしたが・・・・。

そこで、テーブルの上は写真に撮れませんでした(笑 い)



シーカヤックでいらした方たちは、滋賀県のシーカヤックの仲間でした。

あちこちの海岸で宿泊しながら、福江島から久賀島田ノ浦までたどり着いたそうです。

昔、公民館に務めているときにカヌー講座を開催したことがあります。

静かな海でしましたので、海面が近くで、まるでアメンボになったような気がしました。

楽しかったですよ。

自然豊かな久賀島。

様々な楽しみができますよ。

どうぞ、皆様、遊びにいらしてください。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:41 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
五島列島はいかがでしたか
・・・久賀島と奈留島をご案内・・・
10月6日、残念ながら雨・・・・。
せっかくの美しい海も空も雨の中でした。
島民手づくり展望台は霧の中で、何も見えず。
雨ばかりでしたが、少しは楽しんでいただけましたでしょうか。
奈留島で、美味しい食事をいただいたあと、三兄弟工房さんでストラップづくりの体験をしました。



皆様、とても熱心です。
旧五輪教会・江上天主堂・椿・ごとりん(五島市のキャラクター)など、お好きな絵柄のストラップができあがりました。
一番乗りの方です。



最後は記念撮影です。
北海道、長野県、愛知県と、あちこちか らいらした皆様です。
中には、共通の知り合いがいたりして話が弾みました。
お客様、本日はありがとうございました。
おかげで私は楽しい時間を過ごすことができました。
仕事なのに・・・・・です。



浜脇教会前は道路工事中です。
事故が起きないよう、信号機がついています。
久賀島には、現在、ここと久賀小中学校前の二か所に信号機があります。





ガイドを終わり久賀島に戻ると・・・あらら、晴れていました。
車で市小木あたりを通っていると、「坂谷さあん」と可愛い声がします。
見ると、島留学生が二人、犬の散歩をさせていました。
お父様、お母様、お子さんたちは、とっても元気 ですよ。
久賀小通学校全校児童生徒数は、12人です。
島留学生が5人、久賀島で勉強したいと引っ越してきた小学生1人、久賀島の小中学生6人。
地域の皆さんも、子どもは島の宝だと見守っています。



大開の田んぼです。
緑の田んぼは、早期栽培だったので、8月に稲刈りをしたところです。
普通作の稲刈りを終えた所と、まだ実った稲がある場所があります。
晴天になったら、そろそろ稲刈りが始まると思います。



ツルボです。
今年は、なぜかツルボが沢山咲いています。
今年はツルボの当たり年だったのかな。



猪之木を通りました。
ここの川には、季節には蛍が飛び交います。





水神様でしょうか。
「川まつり」の時には、お祓いをしていただいた供物をお供えします。



季節により、季節により、いろいろな顔を見せてくれる久賀島。
皆様、ゆっくり久賀島を楽しみにいらしてください。お待ちしています。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 06:54 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
福江港まつり前夜祭
・・・久賀島椿音頭を披露・・・



福江港まつり前夜祭のカラオケ大会に、毎年、歌手の山本安輝さんと茜つばきさんが来てくださいます。
今年も、カラオケの審査の間に歌を披露し、会場から大きな拍手がわいていました。
山本安輝さんと茜つばきさんは、以前、久賀島の島民手づくり展望台の作業も手伝ってくださったことがあります。
その時に、真っ赤な椿の花をご覧になり、「茜つばき」さんという名前にかえました。
そのご縁で、久賀島椿音頭を歌ってくださっています。
私たち「久賀島みじょか隊」は、その椿音頭のバックダンサー(?笑い)として、舞台で踊りました。





舞台で踊ることが決まってからは、みんなで和気あいあい練習に励んできました。
たまにみんなで集まるのは、いいものですね。



今、田ノ浦桟橋の工事をしています。
これまでの桟橋が使えないので、田ノ浦町内にある浮桟橋が臨時の船着き場になりました。



田ノ浦の海岸は、ほとんど石垣です。
とても素敵な風景です。





国の重要文化的景観に選定されている久賀島。
あちこちに、昔ながらの風景が残されています。
平らな所が少なく、厳しい条件の久賀島では、山の上まで棚田や畑を作り生活していました。
今では、耕作放棄地が増えてしまいましたが、それでも細々ながらも田畑を作っています 。



都会の皆様から見ると不便と感じられると思いますが「住めば都」です。
自然に囲まれていますので、空気がとてもきれいです。
昔は、体が弱かった私ですが、久賀島に移り住んで30数年。
今では、すっかり元気になりました。
病気とはお別れしましたよ。
皆様、たまには綺麗な空気を吸いにいらっしゃいませんか。

[写真:遠くに見えるのは大開]
遠くに見えるのは大開
| hisakajima | 最近の久賀島 | 09:30 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
ふれあい運動会開催
・・・・9月24日(日)・・・・
久賀小中学校と地域の合同運動会が開催されました。
午前中は曇り空でしたが、公民館長の「運動会には最適の曇り空」という挨拶に、同感の笑い声も・・・。
小学生と中学生、そして地域代表の選手宣誓が終わると、競技の始まりです。



地域の人や教職員のボウリングリレー。
児童生徒は、競技のお手伝いをします。



中学生の競技。サーキットトレーニング。
網をくぐったり、ハードルを跳んだり・・・・・・。
昔の障害物競走のような競技です。





輪回し。
子どもの頃、桶の竹の輪を外して(ごめんなさい)輪回しをしながら学校へ行ったこともありました。
山道のでこぼこ道を上手に回したものです。
楽しい思い出です・・・いつの時代って言われますよね。



ゲートボールリレー。
大人も子どもも楽しみました。





いつも地域の皆さんが楽しみにしている「ソーラン節」
わずか7人の中学生が、力いっぱい踊りました。
海上からは「もってこーい」の掛け声がかかりました。





小中学生と保護者の競技「運命の分かれ道」です。





大漁節。
どんな魚が釣れるかな?
大きな魚が釣れるといいな。



小学生の一輪車。
初めての小学生も一生懸命練習し、乗れるようになりましたよ。



地区対抗の綱引きです。
皆さん、力いっぱい綱を引きました。
明日、足腰が痛くならなければいいですね・・・・。





久が太鼓。
太鼓が島中に響き渡ったように思うほど、力強い太鼓でした。
「もってこーい。もってこーい」



二人三脚 。
あまりにも皆さんが上手なのにびっくり!
がんばれー。





他にも、楽しい沢山の競技がありました。
学校や地域の皆さんが、一致団結して開催した運動会。
高齢化と人口減少が進んでいますが、それらを吹きとばすかのような賑やかな運動会でした。
久賀島出身の方も、島出身でない方も、来年の運動会にいらっしゃいませんか。
久賀島は、両手を広げてお待ちしています。





りのんばぁばさま、運動会でお会いできて嬉しかったです。
役割がありましたので、ゆっくりお話しすることができなかったことが残念でした。
また、いつかいらしてくださいね。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 05:32 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
松井守男画伯・久賀島アトリエ初公開ツアー
・・・・・10月30日 久賀島アトリエにて・・・・・
久賀島田ノ浦のアトリエ公開ツアーが行われます。
フランス・コルシカ島を拠点として世界で活躍している松井画伯は、日本では久賀島にアトリエを構えました。
「島が僕に絵を描かせる」と松井画伯。
詳しくは、下記のアドレスから産経新聞のニュースをご覧ください。

http://www.sankei.com/life/news/170921/lif1709210005-n1.html



2015年に、フランスのルルドで松井画伯は展覧会を開催しました。
その時のポスターには、久賀島に初めて訪れた時に描いた旧五輪教会を使ってくださいました。
誰も知らないところで、五島列島や久賀島のことを世界に発信してくださっています。
松井先生、これからも宜しくお願いします。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 05:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
またまた台風ですね
台風の影響で、島々を結ぶ定期船は、明日は全面的に欠航です。
明後日は、まだ分かりませんが・・・・・。
さて気を取り直して久賀島の写真を少しお送りします。
今は、豆の種をまいています。
芽がでていますので、台風がこないことを祈っています。





早期栽培の稲刈りは終わりましたが、10月に稲刈りをするお米が残っています。
こちらも台風が心配です。



今年は、なぜか野山に咲く花々が花盛りです。
果物や木の実などは、台風が多い時には沢山の実をつけると、私たちのところでは言われています。
野山の花々もそうなんでしょうか。
特 に葛の花と、久賀島でシオカラという花は目立ちます。







蕨町内では、お墓の花が台風で飛ばないように取り込んでいます。
もうすでに雨戸を閉めている家が殆どです。



猪之木町です。
やはり台風の準備で忙しいようでした。
中には雨戸を打ち付けている家もありました。





永里地区の家。
いつも畑や花々を手入れしています。
赤い花が綺麗でした。
やはり花を見ると和みます。
台風、来ないでくださいね。



| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
久賀小中学校運動会予告
・・・・お久しぶりです・・・・
何だかんだと忙しく、なかなかブログを更新できませんでした。
今日は、久賀小中学校と地域の合同運動会のお知らせです。



・日 時   9月24日(日)
       午前9:00〜午後3:00
・場 所   久賀小中学校 運動場
        (雨天時 久賀小中学校体育館)
※地域の方々が参加されるプログラムも沢山あります。
  久賀島出身の皆様、いらっしゃいませんか。
 
運動場に、トラクターがありました。
大雨でデコボコになった運動場を平らにしていました。
24日、晴れますように。



外上・野園地区の家に、ルルドが作ってありました。
マリア様がいらっしゃいましたが、「Lourdes」と書いてありました。
フランスのルルドのことですね。
とても素敵なマリア様でした。

[写真:野園の家]
野園の家



深浦の石垣。
深浦の道路や家の周りには、このような石垣があります。
風情があって好きな場所です。

[写真:深浦]
深浦

猪之木町ですが、やはり石垣があちこちにあります。
祠や神社などもあり、興味深い地域ですよ。
歩くと新たな発見が沢山あります。

[写真:猪之木]
猪之木

[写真:墓地入り口のお地蔵様]
墓地入り口のお地蔵様

[写真:猪之木]
猪之木

大開の遠景です。
どこも同じですが、耕作放棄地が目立ってきました。

[写真:大開]
大開

大開も石垣がおおい地区ですが、写真には石垣は写っていません。
石垣だけの写真を撮っても面白い久賀島です。

[写真:大開]
大開

牛の餌にする稲を刈り取った田んぼです。
白く丸いものは、発酵させて牛の餌にするために、まだ青い稲を刈り取ったものです。

[写真:大開]
大開

防波堤にいた「ガンガゼ」
最近は、このようなガンガゼが多くなり困っています。
海水温の上昇が原因なのか、ほかにも原因があるのか、海藻が少なくなっています。

[写真:ガンガゼ]
ガンガゼ

久しぶりに空を見上げると、このような雲が。
しばらく空を見上げていました。
地上だけでは なく、たまには空を見上げたいですね。

[写真:夕空]
夕空

朝日・夕日・星空・・・・・・。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:25 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
カタシ(椿の実)を採り始めました
・・・今年度の椿油は10月以降になります・・・
昔は、町内の山のカタシを町内の人たちが総出で採り、平等に分けていたそうです。
その後、残ったカタシは個人が採っていました。
できた油は、自家用にしたり、お使い物と言ってお世話になった方々に差し上げたりしていました。
今では高価な椿油ですが、昔は自宅で使えるのは自分達で採った椿油だったようです。

[写真:かたし]
かたし

だいぶ口を開けてきたカタシ。
殻の中の黒い実をつぶして油にします。

[写真:かたし]
かたし

自宅の庭にある椿の木にも、沢山の実がつきました。
お客様が待っていらっしゃるので、沢山採りたいのですが・・・・忙 しくてなかなか思うようにいきません。
さあ、がんばるゾウと気合を入れています。

[写真:椿の実]
椿の実

ピンクの可愛いサフランモドキがあちこちに咲いています。
鮮やかなピンクなので、とても目立ちます。

[写真:サフランモドキ]
サフランモドキ

ヘクソカズラです。
こんなに可愛い花なのに、名前がかわいそう。
でも臭いがあるから・・・・・ね。

[写真:ヘクソカズラ]
ヘクソカズラ

季節外れの合歓の花。
もっときれいに咲いている場所もありますが、少し遠いので久賀町から蕨へ行く途中で撮りました。

[写真:合歓の花]
合歓の花

本来なら、このように種になっているはずなんですが。
これまでの暑さが季節外れの開花になっているのでしょうか。

[写真:合歓の花]
合歓の花

大開です。
何処でもそうなのですが 、耕作放棄地が増えてきました。
人口減少と高齢化が、耕作放棄に拍車をかけています。
どなたか久賀島にいらっしゃいませんか。
自然に囲まれて暮らす・・・いいと思いませんか。

[写真:大開]
大開

[写真:大開・変電所]
大開・変電所

[写真:大開]
大開

不便なところもありますが、住めば都。
私は大好きです。
歴史あり、自然あり、人情あり。
明日からも楽しく暮らします。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:06 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
田ノ浦と浜脇
・・・石灰焼き釜・椿林・巌屋観音・浜脇教会堂・・・
久賀島に近づくと、右手に白い浜脇教会堂が見えてきます。



次の写真は、ブログからご連絡をいただいた向後さんから頂いた写真です。
建てられたときは、白い教会でしたが、この時は黒くなっています。
桜の木が2本あります。



白く塗り替えた時の写真。
紅白の幕をはって花見をしていた時もありました。



2010年に撮った写真です。
老木となった桜の木1本が、危険なために切り倒され、1本になりました。
現在は、以前あった場所に桜の苗木が植えられています。
早く大きくなってほしいです。



田ノ浦の亀河原の椿林です。
やぶ椿が沢山あります。
久賀島村の時代に、「椿をみだりに切ってはいけない」という条例を作りました。
そのために久賀島には、椿林があちこちに残されています。





亀河原椿林がある山の中腹あたりに「巌屋観音」があります。
大きな岩の中に仏像が安置されています。
久賀島の札うちの札所でもあります。
後ろにある岩からは、水が滴りおちています。
もし枯れているときは、御詠歌の三十三番を唱えると水が染み出てくると言われています。





田ノ浦の家並みを通り過ぎると、不思議なものが見えてきます。
昔、サンゴから石灰を焼いた窯の跡です。
田ノ浦の海に潜って、大きなサンゴに縄をかけて船に引き上げ陸に運びました。
そのサンゴを焼いたそうですが、長くは続かなかったそうです。





今では、草木が伸びて窯が見えずらくなっています。
久賀島は、ゆっくり歩くと面白いものが沢山あります。
奥深い島です。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 04:35 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ