blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 竹の子を湯がきました | main | 歴史探訪で旧五輪教会へ >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
久賀島翔園 動き出しました!
ツクネ芋を作るための畑
久賀島翔園 動き出しました!
今、田んぼの準備と、つくね芋の植え付けをしています。
>>久賀島翔園<<
| hisakajima | ひかり農園 | 01:42 | comments(4) | - | pookmark |
コメント
久賀島画像を拝見しながら、翔園は今どんなんかなぁ…と思う事があります。
今はそうなのですね、耕した土の香りが届いてきそうです。
(そういえば、ススメ〜の過日のカラスちゃん可愛かったですね)

今、早場とか超早場とか「より早く」の風潮がありますが、
先代が守り伝えた時期にそのものらしく作るのが、人にも農作物にも無理がなく、
よりよい気がするのですけれど…。
| はなぴょん | 2007/06/10 9:36 PM |
はなぴょんさんへ
 本来の時期に作ることが一番だと考えています。
 久賀島の米が早期栽培になったのは、台風の影響や島を離
 れた子どもたちに夏休みに手伝ってもらうためなど、いろ
 いろとあります。
 
 翔園では、野菜もお米も、本来の時期に・・・と考えてい
 ます。その時期にあった野菜を食べることがいいのではな
 いかと・・・・。でも、早くできることも必要だとは
 思います。
 
| 久賀島翔園 | 2007/06/11 7:53 AM |
そうですよね、『早場・超早場』とくれば『米』ですよね。
申し上げたかったのは…
がんばれガンバレと、重油の応援!?をうけて育つハウス栽培のことで。
言葉が足りずに、あいすみません!

翔園の作物は、より自然に近いかたちで育っていくように思います。
それだけで、なんだか嬉しくなります。

こちらの山間部では、干ばつで田植えが厳しい状況だそうです。
久賀の水稲が順調に育成しますよう願います。
| はなぴょん | 2007/06/11 11:44 PM |
私も言葉たらずでした。同じ考えなのですが、やはり農家にも事情があるかなあ・・・・と思ってしまってこんな書き方になりました。

今まで野菜が高いだの安いだのと言っていましたが、農業をやってみて、そんなことはいえないと思いました。大変さが分かりました。どの仕事でもそうだと思いますが・・・。
漁業も大変ですし。

地球温暖化のせいかどうか分かりませんが、気候が変化しているように感じます。久賀島の片隅から・・・みなさん、もっと地球を大切にしましょう!・・・と呼びかけたいです。

今後ともよろしくお願いします。
| 久賀島翔園 | 2007/06/12 9:11 AM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

bolg index このページの先頭へ