blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< ミニ門松づくり | main | 明けましておめでとうございます >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
それは1冊の本から始まった
朝日新聞の記者が店頭で何気なく手にした1冊の本。
それが「復活の島」でした。
復活の島
長崎文献社から発行された「復活の島」は、五島列島・久賀島のキリスト教墓碑調査報告書です。しかし墓碑調査報告書だけではなく、五島列島の一小島・久賀島を知ってもらいたいと、久賀島の生活や自然などの紹介もしています。

本を手にした記者の目に、自分たちで展望台をつくり、それが国土交通省「手づくり故郷賞」を受賞したという記事が飛び込んできました。
「格差社会ということが声高に叫ばれている昨今、その格差社会の最たるところである離島で、自分たちで展望台を作ってしまった久賀島とは一体どんな島なんだろう。格差社会・格差社会と叫ばれているが、その真っただ中にいるであろう島の人々は、心豊かに暮らしているのではないか」。記者は、お正月の元日の新聞に載せたいと取材を始めました。取材は展望台建設だけではなく多岐にわたっています。どのような記事になるのかは分かりませんが、朝日新聞のお正月号に載る予定ですので、手にとってご覧ください。長崎県版ですが・・・・。

久賀島に住んでいる私たち。格差は身にしみるほどに感じています。しかし、何もしなくて格差・格差と叫んでばかりいても、ますます格差は広がるのではないか。せめて自分たちでできることは自分たちでやっていると、道は拓けるのではないか。
そう考えて活動を続けています。元気に笑顔で心豊かに暮らしていきたいものです・・・・。

本年は、皆様から温かいご意見を多くいただきました。
来年も皆様にとって良い年でありますよう、五島列島久賀島から祈っています。
| hisakajima | 久賀島より | 00:20 | comments(1) | - | pookmark |
コメント
あけましておめでとうございます。
朝日新聞で取り上げられたことで、あちこちからお電話をいただきました。本当にありがたいことだと感謝しています。「HPも見ています」という電話もいただきました。もっと充実したHPにしたいと考えています・・・・・。なかなか難しいですが。
今後とも久賀島をよろしくお願いします。
| hisakajima | 2008/01/04 5:06 PM |
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

bolg index このページの先頭へ