blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 久賀島も、朝夕はめっきり冷え込むようになりました | main | きれいに飾りつけられた浜脇教会 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
松井先生 上海美術館で展覧会

12月初めから開催されていた松井先生の上海美術館での展覧会。

そこには、久賀島で描かれた横10mのグリーンとブルーの絵も展示されました。

田の浦のアトリエの自然光の中で観た絵も、とても感動しました。

しかし、広い美術館の人工の光の中で観る久賀島のグリーンとブルー。

その絵は、ますます輝きを増し床にも光が反射しとてもきれいでした。

初めて観る大きな絵の前には、常に人だかりがし、記念写真を撮る人でいっぱい。


また小さいよちよち歩きの子どもから、ご高齢の方まで熱心に絵を鑑賞していました。


遠くで観て、また近くに寄って観てと、みなさん何度も繰り返し、松井先生の不思議な魅力の絵の虜になっていました。

先生は握手や記念撮影、またサインぜめにあい、たぶんお茶も飲めない状態だったのではないでしょうか。

先生が久賀島にアトリエを構えて以来、テレビや新聞で取り上げられる機会が多く、久賀島の名前もだいぶ知られるようになりました。

絵画教室や課外授業、展覧会など、気軽にご協力いただいています。地域のみなさんも、松井先生にはとても感謝しています。
「先生に食べていただいて」と、うなぎや野菜の差し入れもあります。
私たちが先生と話したり、絵を観せていただけるということは、ほとんど奇跡に近いこと。
久賀島は、まさに奇跡の島です。
20日・21日と浜脇教会で展覧会を開催しています。
その様子も、後日お知らせします。
| hisakajima | その他 | 16:51 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

bolg index このページの先頭へ