blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 田圃にはサギがいっぱい | main | 光の画家 松井守男展 のお知らせ >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
昭和53年の久賀と現在の久賀
成田市の向後様から、昭和53年に久賀島を旅した時の写真を送っていただきました。
浜脇教会や久賀中学校界隈、久賀町など数枚あります。
今日は、その中の一部を現在の久賀島と比較しながらご紹介します。
まず、浜脇教会。
建設途中の浜脇教会
[建設途中の浜脇教会]
浜脇教会は、建設した当初は真っ白の大きな鉄筋コンクリートの教会でした。
この建設途中の写真は、設計施工された野口正登氏のご子息に提供していただいた写真です。当時五島では、真っ白の大きな鉄筋コンクリートの教会は珍しく、見学者が大勢訪れていたそうです。
しかし、戦時中、敵機の標的になるとコールタールなどで黒く塗られてしまいました。
昭和53年の浜脇教会
[昭和53年の浜脇教会]
私が久賀島に引っ越してきた昭和56年は、まだ黒かったと記憶していますが、写真がありませんでした。向後様にいただいた写真は、当時の様子を偲ぶ大切な写真です。
浜脇教会の前には、大きな八重桜が2本ありました。
桜の浜脇教会
[桜の浜脇教会]
桜の季節には、重く感じられるほどの桜が咲きました。
とてもきれいな桜でした。
しかし、古木だった桜の木は、台風などの影響で危険な状態になり、1本を切らざるを得なくなりました。
浜脇教会
[浜脇教会]
切った場所には、桜の木を挿し木しています。
浜脇の峠あたりから見た浜脇です。
昭和53年の写真です。
昭和53年・浜脇遠景
[昭和53年・浜脇遠景]
そして現在の写真。夏草が茂ったころに撮った写真です。変わっていますか?
現在の浜脇遠景
[現在の浜脇遠景]
市 小木の橋から見た久賀町。
右手に久賀中学校が見えるのが分かりますか。
右手の方には田圃が広がっています。
昭和53年・市小木の橋から見た久賀
[昭和53年・市小木の橋から見た久賀]
現在の様子です。
中学校が鉄筋コンクリートの建物に建て替えられ、現在は久賀小中学校となっています。
左手、川沿いにある家は、校長先生と教頭先生の住宅です。
久賀
[久賀]
いかがでしょうか。まだまだ写真を頂いていますので、順次ご紹介したいと思っています。
あまり変わっていないと思っていた久賀島も、こうしてみると少しずつ変化しています。
まったく同じ場所から写真を撮りなおしてご紹介したかったのですが、農業やボランティアで結構忙しく、以前の写真を利用しました。

久賀島の昔の写真 や、生活などをご存知の皆様、このブログでご紹介したいと思いますので、ご連絡いただけると嬉しいです。
向後様、ありがとうございました。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:11 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
すんません、また落書きになっちゃいますけど・・・自分の記憶はいい加減なもので、96年から2000年までの間に、3回くらい、島に行ってます。奥浦からフェリーで田ノ浦に近づくとまず見えるのが、天草崎津に似た色の教会で・・・あれ?その頃はもう黒くなかったんでしたか・・・最後に来たときには白かったことは覚えてますが。もう30年以上も前に白く塗りかえられていたんですね。写真とかあまり撮らないもので・・・もう一回確かめに行きたくなりました。
細石流教会(跡?)にも行ってみたいはじめっち
| 牛田初ほか | 2014/08/23 3:34 PM |
牛田初ほか様

私が久賀島に引っ越して来たときは、黒かったと記憶しています。33年ほど前ですが・・・。
地域の歴史をはじめ民話や祭りなど、何でも知りたいと思っていましたが、写真をとっていませんでした。今にして思えば残念です。
細石流教会跡は、本当に跡だけになっています。
冬じゃないと登れませんが。
どうぞ、お時間があるときにお越しください。
| hisakajima | 2014/08/23 6:05 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/892935
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

bolg index このページの先頭へ