blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 明けましておめでとうございます | main | 牡蠣うちが始まりました >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
仕事始めは里山保全の山仕事
・・・1月4日、5日・・・・

久賀島やぶつばき会の初仕事は、里山保全事業でした。
会員が折紙展望台近くの山に集合し、今年初めて山に入りました。

いつものように私は、写真を撮りながら、男性が切り倒した木々を片付けていきます。
合間に面白い(私にとってです)写真をとりましたので、ご紹介します。
山の頂上あたりにあった大きな木の間から太陽がのぞいていました。

山には、ところどころに大きな木があります。
昔は、炭焼きなどのために山に入っていた人がいたそうです。
そのころの様子も見ていたでしょうね。

この木の名 前は知りませんが、大きくなったこの木は、なぜか幹がよじれているように見えます。

そして、この山に多い幹が黒い木。
木の名前は知りませんので、調べてみようと思います。

木に興味がない方、申し訳ありません。
次は、切り口です。
この種類の木だけ、幹から樹液が流れ出ています。

切り口が面白い木を何枚か。
これが普通の切り口だと思います。

でも、切り口に模様があるものも。



次の木は、多分傷ついた場所がこのようになったのではと・・・。
間違いかな、太陽の塔さん。

次は、なぜこのようになったのか全く分からない木です。
輪 切りにしてみたい衝動に駆られています。
中がどうなっているのか。

みんな、いい汗をかき、お正月のなまった体が引き締まったといっています。
お酒も抜けたそうですよ。
今年も、元気で頑張ります。
よろしくお願いします。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 00:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ