blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 久賀島風土記(3) - 久賀編(1) | main | 久賀島を訪れる人が多くなってきました >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
かたし(椿の実)を採りはじめました
・・・9月からかたし採り・・・
[写真:かたし]
かたし
椿の実のことを、五島では「かたし」といいます。
その「かたし」を、9月からを採りはじめました。
昔は、各町内毎に集まってかたしを採っていたそうです。
でも、最近は町内の人も少なくなり個人で採っています。

採ってきた「かたし」は、よく天日で干します。
久賀島では、油にすることを「すめる」といいます。
採ってきたかたしをすめ、油にし、昔は自家用にしたりお世話になった方への贈り物にしていたと聞きました。
次の写真は、種がでたあとの殻です。花みたいでかわいいでしょう。
[写真:かたしの殻]
かたしの殻
五島では、化粧品メーカーが、かたしを買い上げています。
久賀島のボランティアグループ「久賀島やぶつばき会」では、活動資金とするために椿油の販売もしています。
遠くは、北海道からもご注文をいただいています。
その折に、北海道の様子をお聞きすることができ楽しいひと時です。
「ぜひ久賀島を訪れたいが、高齢なので・・・」と、おっしゃっていますが、久賀島の椿の花をご覧いただきたいなあと思います。
2月の久賀島つばき祭りでも販売しますので、よろしくお願いします。
[写真:椿油]
椿油
・100cc  1,000円
・申し込み先  090−9598−1107(坂谷)
        FAX 0959−77−2131
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:42 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
カタシは、今年は多いですか?
表年と裏年の収穫量の差が多いですからね。
皆さん、沢山収穫して、収入につながるといいですね。
頑張れ〜、久賀のみなさん!
| シカリ | 2015/09/08 2:20 PM |
シカリさま

福江島は、今年はかたしが多いと聞きました。
久賀島は、今年は裏年らしく少ないんです。どこでも同じかと思っていましたが・・・。
沢山収穫して、やぶつばき会の活動費にしたいです。
久賀島、頑張ります!
| 坂谷伸子 | 2015/09/08 9:24 PM |
離島って椿の名産地が多いですよね。
オリーブとかもいけるのかな?
食べられるものだと楽しいですよね。
もぐもぐ。

どきん
五島市に寮制看護学校の設立を。
二次離島に一万冊の図書館を。
| どきん@お世話になります。 | 2015/09/09 4:47 AM |
どきんさま

オリーブは、久賀島では見たことがないですね。
長崎県でも植えているところがあるので、育つとは思いますが。
| 坂谷伸子 | 2015/09/09 4:45 PM |
 初めまして。椿の実殻を探していて、こちらのブログに出会いました。

 藪椿油の購入ではなくて恐縮なのですが‥種を取った後の、
写真の「かたしの殻」は何かに利用されるのでしょうか?私達の住む北海道(道央)には椿が咲いておらず、分けて頂けないものかと思い余ってお尋ねをいたします。

 50代〜70代の女性複数名が集まり趣味で松ぼっくり・栗・クルミなど「花炭」を作って、プレゼントなどに用いて楽しんでいるものです。勝手を言いますが、お返事をいただければ幸いです。お待ちしています。
                  2015/9/28

               

 

 
| 野々村加代子 | 2015/09/28 11:36 PM |
野々村加代子さま

私も花炭を作ろうと思い、なるべくきれいに殻を残していたのですが、忙しさに、つい乾燥させないでおいてしまいました。
今年は雨ばかりで、椿の殻さえもカビが生えてしまいました。
でも、少しきれいなのが残っていますので、お送りします。
お使いください。

ご住所は、HPのトップページにあるメールにお送りください。
久賀島を知っていただくだけで嬉しいです。
椿の葉も、気を付けて焼くと艶のある炭ができますよ。
持ち運びが難しいのが難点ですが。
ご連絡をお待ちしています。
| 坂谷伸子 | 2015/09/29 5:14 PM |
野々村加代子さま

乾燥させておいていたものが、あと少しありました。私は来年でも作れますので、お送りします。

久賀島の椿の殻が北海道で使っていただけるなんて嬉しいです。
| 坂谷伸子 | 2015/10/01 9:15 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893044
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

bolg index このページの先頭へ