blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 久賀島つばき祭り第2弾 | main | 里山で遊ぼう・・木の実で花炭を作りました・・ >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
北海道で松井守男画伯が講演会を開催しました
・・・・北海道夕張郡由仁町・・・・・



2016年2月6日(土)、北海道夕張郡由仁町の文化交流館「ふれーる」で、松井守男画伯の講演会を開催しました。
椿まつりなどがあり、お伝えするのが遅くなりました。
久賀島のブログに載せた「かたし(椿の実)の殻」をご覧になった由仁町の女性三人が久賀島を訪れたことがご縁で、講演会を開催する運びとなりました。



会場には大勢の人がつめかけ、寒い北海道ですが暖かい空気が満ち満ちていました。
若い方、ご高齢の方、男性、女性を問わず、由仁町の皆様は先生の講演を楽しみにしていらっしゃるようでした。



演題は、「鈴は二度鳴る」
何か事が起きた時に、先生がよく口にする言葉です。



先生は身振り手振りを交えながらお話されました。
聞いておられる方の中には、そっと目頭を押さえる人も・・・。
鬼のような私も、つい目頭が熱くなりました。





先生の講演に、由仁町の皆様は心をつかまれたようでした。
熱心に聴いている皆様を見て、何と素直で暖かい人たちなんだろうと思いました。



私も。先生の前座として少しお話をさせていただきました。
久賀島のこと、先生との出会いなどです。



講演が終わると会場にいらした方々とのフリートークです。
次から次へと質問があり、先生は笑顔で丁寧に答えていきました。







坂谷にも暖かい質問がありました。
由仁町の皆様とお話ができ、私たちはいい経験になりました。



講演が終わると、花束ならぬ由仁町名産の「苺」をいただきました。
この苺は、香りもよく甘いんです。
一度食べたら忘れられない苺です。



講演会の合間に、会場に展示してあった絵の前に大勢の方が集まりました。
先生の講演にも絵にも、とても感動しておられたようです。



講演会の前に、由仁町の町長と会食をする機会がありました。
熱い心を持った方でした。
由仁町では、町長はじめ教育長など町を動かしておられる方々が集まってくださいました。
有難うございました。忘れられない町となりました。



新 千歳空港国際ターミナル2階の貴賓室に展示されている、松井画伯の絵「宙(そら)」です。
以前インターネットで見て以来、実物を見たいと思っていた絵です。
やっと見ることができ感動しました。

[写真:宙(そら)]
宙(そら)

講演、由仁町の皆様、そして先生の絵、すべてに感動して久賀島に戻ってきました。
由仁町の皆様とは、今もお付き合いが続いています。
またお会いしたいですね。
| hisakajima | その他 | 17:22 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
すばらしいお話ですね。
「鈴は二度鳴る」のお話、僕も聞いてみたいです。
| mko | 2016/02/29 9:46 AM |
mkoさま

いいお話ですよ。
私が内容を話すと、勘違いがあるといけないので書きませんでしたが、私は、心にとどめています。

由仁町と久賀島が身近に感じられた講演会でした。
| 坂谷伸子 | 2016/03/01 7:30 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893094
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ