blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 二次離島は素晴らしい! | main | カタシ(椿の実)を採り始めました >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。人口約600人の小さな島ですが、 現在ボランティア活動が盛んで、 島作りのために島民が頑張っています。

↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
田ノ浦と浜脇
・・・石灰焼き釜・椿林・巌屋観音・浜脇教会堂・・・
久賀島に近づくと、右手に白い浜脇教会堂が見えてきます。



次の写真は、ブログからご連絡をいただいた向後さんから頂いた写真です。
建てられたときは、白い教会でしたが、この時は黒くなっています。
桜の木が2本あります。



白く塗り替えた時の写真。
紅白の幕をはって花見をしていた時もありました。



2010年に撮った写真です。
老木となった桜の木1本が、危険なために切り倒され、1本になりました。
現在は、以前あった場所に桜の苗木が植えられています。
早く大きくなってほしいです。



田ノ浦の亀河原の椿林です。
やぶ椿が沢山あります。
久賀島村の時代に、「椿をみだりに切ってはいけない」という条例を作りました。
そのために久賀島には、椿林があちこちに残されています。





亀河原椿林がある山の中腹あたりに「巌屋観音」があります。
大きな岩の中に仏像が安置されています。
久賀島の札うちの札所でもあります。
後ろにある岩からは、水が滴りおちています。
もし枯れているときは、御詠歌の三十三番を唱えると水が染み出てくると言われています。





田ノ浦の家並みを通り過ぎると、不思議なものが見えてきます。
昔、サンゴから石灰を焼いた窯の跡です。
田ノ浦の海に潜って、大きなサンゴに縄をかけて船に引き上げ陸に運びました。
そのサンゴを焼いたそうですが、長くは続かなかったそうです。





今では、草木が伸びて窯が見えずらくなっています。
久賀島は、ゆっくり歩くと面白いものが沢山あります。
奥深い島です。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 04:35 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんばんはー。坂谷さん
本とに、色々ありますね。島全体のマップを可愛く作っても良いかもですね。海岸線では、どんなお魚や海藻なんかが採れるとか。子供たちの夏休みの自由研究にも良いかも。神戸の弟家族が久賀に行ってたんですが、折り紙展望台に感激し、牛さん、海の綺麗さ、食べ物の美味しさ全て満足して帰ったそうです。久賀は良い島だあ、応援する。と言ってました。
| りのんばぁば | 2017/08/25 8:21 PM |
りのんばぁばさま

ありがとうございます。
いいアイディア頂きましたね。
草花なども好きで、いつ、どこに、どんな花が咲いているか、調べています。りのんばぁばさまがおっしゃるように、海藻や魚もいいですね。

弟さんのご家族にも、よろしくお伝えください。
いつか、お会いできるといいですね。
| 坂谷伸子 | 2017/08/26 7:16 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893214
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

bolg index このページの先頭へ