blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 久賀島も雪が降りました | main | 久賀小中学校で学習発表会開催 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
花炭焼きを楽しみました
・・・・1月20日・・・・・
久賀島地区公民館講座として、「花炭焼き講座」を開催しました。
定番の松ぼっくりや椿の殻などの他に、それぞれが焼いてみたいものを試しに焼いてみました。



焼く前に全員集合の写真を撮りましたよ。
久賀島出身の方には、顔なじみのお顔が見えるのでは・・・。



木の実や花を詰めた空き缶を、火の上に・・・。
小さな穴から出てくる煙に注意しながら、焼き始めました。
今日は暖かい日でしたが、さらに火を炊くので、とっても暖かくなりました。



空き缶には、同じ種類のものを入れていきます。
焼き具合が同じに仕 上がります。



煙が青白く透き通ってきたら、火からおろし、すぐに穴をふさぎます。
穴をふさがないと、中に空気が入り火が付きます。
そして、しばらくして空き缶が冷えてきたら蓋を取ります。
どうなっているか、わくわくします。



「おいしいよ〜。皆さん、焼き芋はいかが」
炭を焼く合間に、お芋も焼きました。
頂きましたが、甘くておいしかったです。



焼き終わったので、焼いた炭を前に記念写真。
今回は、試しに焼いたものが多かったのですが、成功したもの、イメージから遠かったもの、それぞれでした。
でも、楽しかったですよ。
みんなで集まるということは楽しいですね。



午後から「卓球」をするというので、私も初参加。
運動が苦手な私は、サーブも入るのか心配でした。
初めての卓球。
楽しかったです。



久賀島では、1月に入って「牡蠣うち」が始まりました。
漁協が定めた日に牡蠣をうちに行きます。
小石についている小粒の牡蠣。
とっても美味しいんですよ。



今朝の大開。
朝日が綺麗でした。
講座のために、蕾がついた「きぶし」を少し切っていきました。
きぶしは、2月後半くらいから咲き始めます。
簪みたいで、とってもきれいです。





自然いっぱいの久賀島。
様々な楽しみがあります。
皆様、どうぞ久 賀島へ遊びにいらっしゃいませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 08:00 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
坂谷さんこんばんは!
牡蛎打ち冷たくて大変な作業ですね。足腰も痛くなるだろうし、手先は冷たかろうしー辛抱のいる事ですね!でも、美味しいんですよ。最高です!久賀の海の幸も山の幸も最高級です。
頑張れ久賀島の皆さんです。
| りのんばぁば | 2018/01/21 7:31 PM |
りのんばぁばさま
 牡蠣打ちは、けっこう楽しいんですよ。私も、行ったことがな
 い ときは、「冷たいだろうなあ、寒いだろうなあ」と思って
 いました。でも、カイロなどもありますし、寒くないように準
 備していきますので、思ったほどではないんです。
 それよりも、牡蠣がたまっていくことが楽しみになります。
 私も一度連れて行っていただいたんですが、寒いよりも楽しい
 と思いました。一度だけだったからかもしれませんね。
 久賀島の牡蠣は、本当に美味しいですよね。
 豊かな自然に囲まれた久賀島。
 海の幸、山の幸がいっぱいです。
 エール、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いしま
 す。

| 坂谷伸子 | 2018/01/22 9:29 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893238
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

bolg index このページの先頭へ