blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 旧五輪教会堂の清掃活動 | main | 久賀島にゲストハウスができました >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
世界文化遺産登録記念・久賀島殉教150周年 企画展
復活の島・五島列島
・・・・・潜伏キリシタンの信仰と歴史・・・・・





会 期    2018年8月11日(土) 〜 9月26日(水)
        博物館開館時間 8:00 〜 18:00

会 場    大浦天主堂 キリシタン博物館

五島列島における禁教政策を示す資料や潜伏キリシタンが残した信仰具を初公開しています。 
長崎へ行かれた方は、ぜひ大浦天主堂のキリシタン博物館を訪ねてください。
下の写真は、大石先生が五輪の墓碑の拓本をとっている様子です。
墓碑は、年月を経ると書かれている文字が風化して分からなくなります。
歴史を知るためにも、そこに埋葬された皆様のことを永く記憶に残すためにも、拓本は必要です。
大石先生は、コツコツと作業を続けておられます。
ありがたいことです。



| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:23 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
大浦天主堂にこのような博物館があったのですね。次の長崎行きは12月の予定なので今回の展示は見れそうにありませんがキリシタン博物館には是非訪れたいと思います。
| ゆずじろう | 2018/08/23 6:58 AM |
ゆずじろうさま

大浦天主堂の敷地内にあるんですよ。
12月に行かれた時に、ぜひお立ち寄りください。
私は、9月に時間を見つけて行こうと思っています。

久賀島の墓碑を詳しく調査されてまとめた「復活の島」の時に、主人はキリシタン墓地、私は神社・仏閣・祠などをご案内しました。とても勉強になりました。今も、いろいろと大石先生には教えていただいています。
| 坂谷伸子 | 2018/08/23 8:15 AM |
今日、大浦天主堂のキリシタン博物館に行ってきました。開館直後の人が少ない時間帯だったので貸切状態でじっくりと見ることができました。展示物はもちろんですが博物館となっている建物が二棟ともド・ロ神父の傑作で素晴らしかったです。また、牢屋の窄をはじめキリシタン弾圧と殉教に関する展示は人間の愚かさ、尊さ、強さをあらためて考えさせられるものでした。
仕事に絡めての日程だったため今回は五島に行くことは叶いませんでしたが、夕食では五島直送の大変美味しい鯖をいただきました。
近いうちの五島再訪を誓いつつ、明朝帰京します。
| ゆずじろう | 2018/12/01 8:05 PM |
ゆずじろうさま

久賀島に越してくるまで、明治時代に迫害があったことを知らなかった私は、牢屋の窄で衝撃を受けました。
現在も、様々な差別・迫害があります。ニュースで見ていて胸が痛くなります。なぜ、人は差別や迫害を繰り返すのかと・・・・。

次回はぜひ、五島にもお越しください。そして、久賀島にいらっしゃるときには、ご連絡ください。
| 坂谷伸子 | 2018/12/04 7:01 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893278
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

bolg index このページの先頭へ