blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 牢屋の窄殉教150周年記念式典 | main | 防火講習会及び消火訓練開催 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
芋ほり・カンコロ作りの季節です
・・・観光客の皆様、さらに多くなってきました・・・
あちこちに、茹でカンコロを干しているカンコロ棚が多くなってきました。
五島列島では、お正月が近くなるとカンコロ餅を作る家庭が多くなります。
島を離れた家族や友人などの送るのです。



昔は、久賀島ではおばあちゃんたちは「芋はツワブキの花が咲いてから掘るんだよ」と言っていました。
これから、久賀島はツワブキの黄色い花があちこちに咲きます。



芋ほりをしている様子を写真に撮りたかったのですが、最近は忙しくなり掘り終えた畑だけを映してきました。
サツマイモのツルが分かりますか。





さて、次の写真は何だかわかりますか?
五島列島の皆さんは分かると思います。
「ムベ」です。
久賀島では「グベ」とか「ウンベ」とかいいますが、同じ島でも少し呼び方が違います。



中には、大きな種がびっしり。
甘いのですが食べにくいです。
色づいてくると、カラスが狙いますので、カラスと人間の戦いです。
私は、種を出しながら食べていたのですが、夫から「種ごと食べるもんだ。腸の掃除になる」と、本当か嘘か分からないようなことを言われ今では種ごと飲み込んでいます。
慣れとは恐ろしいもので、平気になりました。
ガイドの時に、熟したムベを持っていき、勇気ある若者に食べてもらいました(笑)
感想は「甘いけど種が大きすぎる。甘い種という感じ」と・・・。





ありがとう。試してくださって。
これに懲りずにいらしてくださいね。
シラサギ・アオサギなどが沢山いましたが、どこかへ帰っていったのでしょうか。
でも、アオサギもシラサギも数羽残っているようです。
鳥には詳しくないので分からないのですが、みんなと一緒に帰りそびれたのかな。
それとも暖かいし、食べ物はあるし残っているのでしょうか。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 13:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893293
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

bolg index このページの先頭へ