blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< カンコロ餅づくりが始まりました | main | 明けましておめでとうございます >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
防災防火パレード
・・・12月28日・・・
毎年恒例の防災、防火パレード。
久賀島地区婦人防火クラブも毎年参加しています。



数年前は、小さな山火事が多発したことがありましたが、最近は火事は起こっていません。
皆さんが、日ごろから注意しているからですね。





蕨町です。
蕨町は、昭和47年12月31日に大火災が起こり、町内の約半分が焼失したところです。



12月31日。
新しい年を迎えるべく準備をしながら、テレビなどを見ていた時の突然の火事。
その時に長崎に住んでいた私たちは、テレビのニュースで知り驚きました。
向かいの島、奈留島からも真っ赤な空が見えたそうです。
主人は、すぐに友人知人の所をかけ回り、ありったけの布団をいただき久賀島へ向かいました。
優しい方々に助けられました。



当然、我が家も全てが焼けてしまい、火事が起こる前のものはありません。
でも、たった一つ残っていました。
「広野に咲く花」と書かれたタンポポの押し花です。
舅が戦争で中国大陸に居た時に、タンポポを見つけて押し花にしたそうです。
厳格で怖いくらいの舅。
タンポポの押し花と結びつきませんでした。



しかし舅は、その押し花を大切に保管していたんです。
焼けもしないで残った奇跡のタンポポ。
怖そうな舅でしたが、本当は心優しい人でした。





焼野原になった蕨町でしたが、すぐにプレハブの家を建てていただき、また各地から生活必需品などを送っていただいたそうです。
みんなで平等に分けたので、同じようなお皿が、どこの家にもありました。



この火事が契機となり「蕨地区婦人防火クラブ」が発足しましたが、現在は「久賀島地区婦人防火クラブ」として活動しています。
急に寒くなってまいりました。
皆様、火の元にはご注意くださいね。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 06:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893304
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

bolg index このページの先頭へ