blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 明けましておめでとうございます | main | 素晴らしい教会の写真をご紹介します >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
鉦おこしの行事
・・・1月5日 蕨町・・・
蕨町では、お大師堂と高麗地蔵を、60歳以上の女性が交代でお祀りしています。
「みもり」といいます。
1月は私の当番です。
1月5日には、お大師堂においてある鉦を鳴らしながら回ります。



お大師堂と墓地を回ったあと、蕨の本来の道路である旧道を峠付近まで歩いて回ります。
この鉦おこしが終わらないと、各家のおりんはならしてはいけないと聞きました。
1人で行ってはいけないと言われていますので、友人と二人で回りました。
一緒に行っていただき助かりました。



記事にしようかどうか迷いましたが、書かせていただきます。
久賀島では、暮れから4名の方が、ご先祖様の元へ旅立ちました。
蕨町だけで3名です。
皆さんは、戦中戦後を生き抜いた方々です。
朝早くから田畑の仕事に精を出し、漁業や薪の切り出しなど、数え上げたらきりがないほどの仕事をしてこられました。
他の島へ出稼ぎに行った女性たちも大勢いらっしゃいます。
昔の久賀島は、殆どの地区が山の頂上まで段畑や棚田でした。
小さな石を丹念に積み上げて水田や畑にしています。



家族の生活のために、子どもたちの教育のために、苦労を厭わずに働いてこられた方々です。
私が蕨町に越してきて37年。
その頃の女性たちは、とにかく元気で働きものでした。
勿論、男性も働き者ですが、特に女性が目立っていました。
私はひそかに、「おばさんたちは鉄人だ」と思っていました。
力仕事も進んでします。料理も上手です。
しかし、ここ10年ほどで「おばさんたちも、やはり人間だったんだ」と思うようになりました。



早朝からワイワイと言って働いていた女性たち。
その頃は追いかけられているような気がしていましたが、今では懐かしいです。
あの頃の活気あふれる日々の暮らしが・・・・。
しかし、懐かしんでばかりはいられません。
少人数になりましたが、みんなで支えあい助け合いながら、これからの日々を楽しく暮らしたいと思っています。
人生について考えさせられた数日間でした。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 06:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893306
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

bolg index このページの先頭へ