blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 細石流の名もない巨石です | main | キリシタン物語のツアー >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
旧五輪教会堂への道路
・・・・・5月19日雨・・・・・
五輪地区へ行く用事があったので、道路の写真を撮ってきました。
最初の五輪の写真は、久賀中学校の小林先生がドローン撮影したものを使わせていただきました。



五輪の駐車場からご紹介します。
途中の集落を通り抜け、山道を行くと右手に駐車場と書いた看板が見えてきます。
地元の方は最終まで行きますが、初めての方は、ここに駐車していただいた方が無難かもしれません。
しかし暫く歩きますので、不安になられると思いますが大丈夫ですよ。



しばらく歩くと、このような看板があります。
ここからは、本当に道路が狭くなりガードレールもありません。



左手には海岸が見えてきます。
お天気がいい時には、とっても奇麗です。
右手には、小さい石で積んだ石垣が・・・・。
昔の人たちのご苦労が偲ばれます。
そして左手はご覧の通りガードレールがありません。







しばらく行くと、久賀島のジャンボタクシーや地元の皆さんが駐車する場所につきます。
ここから、さらに10分ほど歩きます。



五輪までの道路は下り坂です。
特に雨の日や雨上がりの日は滑りますので、ご注意ください。
石段がある所は、石段を歩いてください。大地にしっかり足を踏みしめて・・・・。







大きなアコウの木も見えてきます。
人々が暮らした石垣の跡や、カニの住処である小さな穴も見えます。
カニは赤いカニで、6月か7月の満月の夜に、産卵のために海へ向かいます。





海が見えてきました。
打ち寄せる波の音がします。
この日は、荒れていたので灰色の海ですが、いつもは、エメラルドグリーンの海です。







右手に大きな石垣が見えますが、これは蕨町の人たちの田んぼでした。
今では耕作していません。
海も又「道」
蕨の人たちは、小舟で田んぼの仕事にきていました。
昔は、車が通りませんでしたし、道路は山道でしたから舟の方が便利でした。
小さい花は、クレソンの花です。
久賀島では至る所にクレソンが茂っています。







橋を渡って最初のあるのは、新しい五輪教会堂です。
昭和60年に建設されたものです。
「自分たちの身の丈に合ったものを」と、小さな教会堂を建てました。



そして旧五輪教会堂。
正面の写真は、前回も載せましたので後ろの方から撮ってみました。
この屋根の形も、私は大好きです。



横には、お手洗いがあります。
広場の桜の木は、五輪の人が挿し木をしてくれたものです。
満開の桜の時期は、とても奇麗ですよ。





旧五輪教会堂の裏の山には、昔、人々が住んでいたころを思わせる石垣などが残っています。
今でこそ、五輪には2家族しか住んでいませんが、以前は沢山住んでおられました。
イワシの缶詰工場もあったんです。
新しい教会は、その缶詰工場の跡地に建設しました。



中には行って見ましょう。
外観は、普通の民家のようですが、天井をご覧ください。
教会特有の天井です。
久賀島の仏教徒の大工さんが、明治14年に建てたものです。
現存する教会堂では、長崎の大浦天主堂につぐ2番目に古い木造教会堂です。
最初は、久賀島の浜脇という場所に建てられてましたが、昭和6年に新しい鉄筋コンクリートの教会を建設しましたので、それに伴い移築されたものです。





さあ、それでは外へ出ましょうか。
この旧五輪教会堂だけは、内部の写真撮影OKです。
皆様の、とっておきの1枚を撮影してください。



次の1枚は、新しい浜脇教会堂の建設途中の写真です。
浜脇教会は、野口正登さんという方が設計施工されました。
その野口さんのご家族から、「どのように使ってもいい」ということで頂いた写真です。
大浦天主堂の修理を手掛けたのをはじめとして、教会建設を依頼されるようになったそうです。
どの教会堂建設の時でも、信徒さんたちの働きは、とても頭が下がる思いだと書いておられました。
鉄筋コンクリートの骨組みの向こうに十字架が見えます。
それが旧五輪教会堂です。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893336
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ