blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 旧五輪教会堂への道路 | main | 小舟で奈留島から蕨まで戻りました >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
キリシタン物語のツアー
・・・皆様、いかがでしたか・・・
福江港発・・・久賀島・・・奈留島・・・福江港
一日で、二つの島を巡るツアーです。
福江島に到着後、記念撮影をしました。
皆様の笑顔が、旅の楽しさを物語っていると思いますが、いかがでしょうか。



シーガルという定期船で、福江港から出発します。
久賀島に近づくと、白い浜脇教会堂が見えてきます。



そして、明神神社がある砂嘴が見えてきます。
夏には、オニユリやハマナデシコ、ボタンボウフウなどが咲く場所です。





昔は、キビナゴの地引網が行われていた海です。
地引網の船頭さんは、海の中に1本の竹を立てて、その竹にキビナゴが当たる強さで網を入れる範囲を決めていたそうです。
そして、それはあまり外れなかったとのこと。
素晴らしいですね。



久賀小学校田ノ浦分校の跡です。
現在は、フランス・コルシカにお住まいの松井画伯がアトリエとして使っておられます。



我が家の黒い仔猫の「もりちゃん」。
松井画伯が命名してくださいました。
ところが病気がちで、病院へ連れて行きました。
生まれた時から「虚弱体質」とのこと。
そして、今日。別に病が見つかりました。
がんばれ〜、もりちゃん。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:46 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
もりちゃん心配ですね。がんばって元気に育ってほしいです。
| ゆずじろう | 2019/05/27 6:30 AM |
ゆずじろうさま
 ありがとうございます。
 元々は、野良ちゃんでしたが、あまりにもまとわりついて離れな
 いので飼い始めたモリちゃん。
 大人しいと思っていたら虚弱体質とのこと。
 元気に育ってほしいです。
 
 犬好きだったので、猫がこんなに可愛いとは知りませんでした。
| 坂谷伸子 | 2019/05/27 8:20 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893337
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ