blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< キリシタン物語のツアー | main | ウニ採りが始まっています >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
小舟で奈留島から蕨まで戻りました

・・・・・奈留島のトンボロ・・・・・・

5月25日のガイドは奈留島で終わりでした。

普段は、定期船で福江まで戻り、さらに久賀島までの定期船に乗って家に戻ります。

でも、この日はシーガルという定期船がドック入りでしたので、時間的に間に合いません。

そこで小舟で奈留島まで迎えに来てもらいました。

干潮の時間帯でしたので、奈留島の前島と末津島の間に干潮時に現れる「トンボロ」に舟を着けてもらいました。




石ころの道が二つの島をつなぎます。

普段は海の下の道です。

遠景です。



久賀島までの海は、潮の流れがよく見えました。

途中の小さな島に近づくと、鳥が巣を作っているのでしょう。

「ピピピピ」と私たちの上空を飛び始め、威嚇してきました。





うまく撮れませんでしたが、渦を巻いています。

海の真ん中を、音をたてて流れることもあるんですよ。




これは築堤のあとです。

築堤とは、網を張って魚を生かしておく施設です。

現在は使われていません。



蕨小島と、小島の付近の海です。

同じ海ですが、少し場所が違うだけでこのように色が違います。





私たち、二次離島の島民にとっては「海も又道」です。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893338
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ