blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 小舟で奈留島から蕨まで戻りました | main | 大阪・・自然塾の皆様、遅くなりました >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
ウニ採りが始まっています
・・・稲も青々としてきました・・・
蕨町は、私が越してきた30数年前は「海女さん」が沢山いました。
ウニや海藻、そしてサザエなどの採取時期になると、女性たちが海へと繰り出したものです。
男性たちは、女性たちが採ってきたものを舟に引き上げたり、見守っていたりしていました。
「ともおし」と言います。
海水を滴らせながら海から帰ってくる女性たちは、とても格好よく見えました。
でも、今年は蕨町で海に潜る人は、男性が一人になってしまいました。



ウニを割っているというので、写真を撮らせていただきました。
ウニは、採ってきてからも、また一仕事あります。
まず道具をつかってウニを割ります。



そして中身を潰さないように丁寧に取り出します。
見ているだけで肩が凝りそうでしたが、ご本人たちは、肩はこらないとのことでした。
こうして取り出したウニを、きれいに洗って仕上げます。
場所を変えながらウニ採りは続きますが、あまり遅くなると、いいウニでなくなるので止めると言っていました。







早期栽培の水田は、青々としてきました。
お盆頃に刈り取るお米です。
シラサギ、アオサギ、アマサギ、カモなどが、飛んできます。
あまり悪戯をしないでほしいなあ。



最近は、サツマイモの植え付けも早くなってきました。
温暖化の影響でしょうか。
全てが早くなってきています。



一見、萎れているように見えますが、サツマイモは丈夫ですので、すぐに元気に育ってきます。
最近は、自分たちが家で使うくらいのサツマイモだけを植えます。
昔は、「芋焼酎」の原料として「カンコロ」を出荷していました。
そこで、島の人たちはサツマイモを沢山植えていたものです。
今では、そのカンコロの出荷がなくなってしまい、島の仕事が一つ減ってしまいました。
久賀島は、土地もあります。
光ファイバーも通っています。
パソコン一つでできる仕事を、島でやってみたい方はいらっしゃいませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893339
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

bolg index このページの先頭へ