blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 日本人のおなまえっ! | main | 久賀島の風景いろいろ >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
五輪地区と東京オリンピック秘話
・・・二次離島とオリンピック・・・



五輪の地名の由来は、五輪塔があるから・・・と、久賀島村史にあります。
今では荒れ地になっていますが、以前は蕨町の人の田んぼでした。
今でこそ陸路が主体ですが、昔は、特に離島では海も又道でした。





蕨の人は、小舟で五輪までやってきて、田植え、草取り、稲刈りを行っていたそうです。
その頃は、道路が整備されていなかったのです。
五輪は、カトリックの集落です。
でも、五輪塔があるということは、近くに仏教徒の集落があったのでしょうか。
五輪塔だけではなく、近くに「お付き人の墓」といわれる四角いお墓もあったとのこと・・・。
昔、調査のために五輪塔を掘ろうとした時のことです。
まさに今から掘ろうとした瞬間「蕨が火事よ、蕨が火事よ」と声がするので、あわてて蕨へ戻ってみると何もなかったそうです。
それ以後、掘るといけないのではないかということになったそうです。
次は、昔の五輪の写真です。



昔は、五輪塔は、もう少し高かったよ、と言われた方もいらっしゃいました。
この五輪塔を祀る人が、蕨から五輪へ来る途中にある「鳥小島」の持ち主になると言われていたそうですよ。
昔、昔のお話です。



さて、やっと東京オリンピックとの関係です。
1964年の東京オリンピックの時に、なんと、五輪地区の方が二名、オリンピックに招待されたそうです。
「五輪」がご縁となった素敵なお話ですね。
2020年の東京オリンピック。
どこの国の皆さんも、自分の実力を十分にだせる試合ができますように。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:29 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
奈留にも似たような話がありますね。

昔、浦の青年達が「烏帽子岩」に網をかけて引き落とそうとしたら、どこからともなく「泊が火事よ、泊が火事よ」という声がしたので、引くのをやめて泊に行ってみたが、火事はなかった。
これは烏帽子岩の霊の仕業だった、という言い伝えがあるようです。
| Kazz | 2019/08/05 10:51 AM |
ありがとうございます。

烏帽子岩のことは、蕨の人からも聞いていましたが、地名を間違っていたようです。
「泊が火事よ」だったんですね。
これから自信を持ってお話しできます。
今後ともよろしくお願いします。
| 坂谷伸子 | 2019/08/05 3:53 PM |
昔、母親から聞いた話では、
五輪には名字が五輪さんが
住んでいて、お爺さんと孫の
2人が東京の五輪さんが
東京オリンピックに招待されたと
言ってましたよ。
| 内上ん子 | 2019/08/07 1:40 PM |
すみません、
ちょっと誤字があったので
訂正します。
五輪のお爺さんと孫、
そして東京の五輪さんも
東京オリンピックに招待された
そうです。
| 内上ん子 | 2019/08/07 1:47 PM |
内上ん子さま

有難うございます。
地名や名前が発端となって、東京オリンピックに招待とはいいですよね。
来年のオリンピックの時には、招待はないのでしょうか・・・。
あるといいですね。

今後とも、いろいろ教えてくださいね。
| 坂谷伸子 | 2019/08/07 6:37 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893352
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ