blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< お天気に恵まれたキリシタン物語ツアー | main | 舞台劇「五島崩れ〜椿の島のアヴェ・マリア〜」のご案内 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
椿の実(かたし)の殻むき
・・・家の前にかたしが干してあります・・・
9月から始まったかたし採り。
五島列島は、木の枝にあるかたしを採ります。
そして庭先などで干すと、かたしが口を開けてきます。



殻をむき、中の黒い実をさらに干すのです。
これが「椿油」になります。
久賀島は、昔はこの椿油を使っていました。
今では高価になって、使えなくなりましたが、サツマイモの天ぷらは、椿油で上げたのが一番だと昔の人は言っていました。
私は、髪を洗ったあとリンス代わりにしたり、炒め物をするときに、ほんの少々使ったりします。



永里の風景です。
遠くに海が見えます。
ここの海は、いろいろな種類の貝がいましたが、最近ではあまりとれないそうです。
やはり海は変化していってるんですね。



ここのお宅の周りは、いつもきれいに手入れされています。
見習わなくてはと思うのですが・・・・・なかなかできません。
山には、イノシシの大きな穴が沢山あるそうです。
気を付けてくださいね。



| hisakajima | 最近の久賀島 | 19:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893362
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

bolg index このページの先頭へ