blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 舞台劇「五島崩れ〜椿の島のアヴェ・マリア〜」のご案内 | main | ボクの名前は「モリちゃん」 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
「五島崩れ」の主演女優さん、来島!
・・・舞台となった久賀島を感じたいと・・・
9月17日、主人公ミツと、その弟役のお二人と関係者の方4人が久賀島を訪れました。
よりよい舞台にするために、久賀島をご覧になりたいということでした。

[写真:旧五輪教会堂]
旧五輪教会堂

牢屋の窄殉教記念教会堂〜折紙展望台〜旧五輪教会堂、そして外上平をご案内しました。
風景や波の音、風の音、人々の暮らし・・・。

[写真:旧五輪教会堂内部]
旧五輪教会堂内部

演じる人、舞台を作る人、それぞれが熱心にご覧になっていました。
きっと素晴らしい舞台となることでしょう。

[写真:五輪へ行く途中の海]
五輪へ行く途中の海

[写真:五輪海岸]
五輪海岸

小説の舞台となった「細石流」の墓地と教会跡をご紹介します。
山の中ですので、今回はいけませんでしたが、折紙展望台から細石流の場所を見ていただきました。
墓地です。
38年前に久賀島に越してきて、初めて細石流の墓地を見たときには心が震えました。
このような山の上に、墓石などをどのようにして運んだのだろうかと・・・。
全て人力ですね。





次は教会跡です。
ルルドの跡が崩れずに残っています。



そして、この壁は教会を強風から守るために造ったものです。
昭和34年4月26日建設と書いてあります。



教会や墓地へ行く途中の畑や屋敷跡の写真です。
今では、この細石流のカトリックの集落はなくなりましたが、人々の暮らしが見えてきます。
教会のすぐ下に住んでおられた女性に、お話を聞いたことがあります。
ここでの暮らしは、とても楽しかったと言っておられました。
もちろん苦労もあったでしょうが、青年団の集まりなど、みんなで楽しむことも多かったそうです。







その女性は仏教徒の男性と結婚し、男性がカトリックになりました。
その頃は、カトリックと仏教徒が結婚することも多かったんだよと、言っておられました。





島全体が国の重要文化的景観であり、世界文化遺産の久賀島。
久賀島に住みたい方はいらっしゃいませんか。
良かったら、我が家の山、畑、田んぼは差し上げますが・・・・。
そのうちに自宅も(家はオンボロなので宅地になります)
宝の山の久賀島を、有効活用してくださる方を募集しています。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893364
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

bolg index このページの先頭へ