blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 牢屋の窄殉教祭のお知らせ | main | 前田万葉枢機卿が来島されました >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
五島列島はいかがでしたか
・・・ご案内と保育園児の通園風景・・・
電気関係のお仕事だとおっしゃる皆様をご案内しました。
海上タクシーで旧五輪教会堂へ・・・・。
途中、海上タクシーの窓から見える送電線のことなどの質問もありました。
さすがに電気関係のお仕事をしておられる方々ですね。

[写真:旧五輪教会堂]
旧五輪教会堂

江上港から歩いて江上天主堂へ向かいました。
郵便ポスト・ツワブキ・イノシシの柵・ショウキズイセン。
何にでも興味を示す皆様に嬉しくなりました。
魚釣りがお好きだとおっしゃる方は、海藻が少ないことにも気がつかれました。
はっきりした原因は分かりませんが、温暖化のが原因ではないかと思います。
昔は、アラメなどの海藻が沢山生えていましたが、今では少なくなってしまいました。

[写真:江上天主堂]
江上天主堂

さて、ここから若松島のキリシタン洞窟へ向かいます。
海上タクシーで島々を見ながら、一路、若松島のキリシタン洞窟へ。
私が生まれた島です。
懐かしいなあ・・・。
洞窟から少し行ったところの土井の浦港から福江行の船に乗り、それから長崎へ行っていました。
キリシタン弾圧の時に身を潜めていた洞窟です。
波が入り風も吹き抜けるところです。
私は見ることができませんでしたが、ウミガメがいたんですよ。
船長さんとお客様数の数人が目撃しました。
きっと、いいことがありますね。

[写真:若松島・キリシタン洞窟]
若松島・キリシタン洞窟

時間があったので、近くのハリのメンドもゆっくり見ることができました。
キリシタン洞窟の近くにあります。
見る角度によって、マリア様が幼子イエズスを抱いていらっしゃるように見えると言われています。
ご一行の中に、千葉県の仁右衛門島ゆかりの方がいらっしゃり感激しました。
お話ができて嬉しかったです。
皆様、これからも旅を楽しんでくださいね。

[写真:ハリのメンド]
ハリのメンド

ガイドが終わり定期船で久賀島へ戻ります。
福江島の保育園に通っている子どもたちも一緒でした。
元気な子どもたちです。子供の声がするのは嬉しいことです。
これから風邪などに気を付けてね。

[写真:可愛い保育園児]
可愛い保育園児

久賀島には、各地域に神社があります。
一部だけご紹介します。
蕨の金毘羅神社は山の上にありますので、私もさすがに一人では行けない所です。

[写真:久賀・折紙神社]
久賀・折紙神社

[写真:猪之木・石神神社]
猪之木・石神神社

[写真:大開・柳坂神社]
大開・柳坂神社

[写真:蕨・金毘羅神社]
蕨・金毘羅神社

最後にご紹介する写真は、戦後、石灰づくりをした釜です。
しかし、仕事としては成り立たずに、すぐに中止にしたそうです。
戦後、離島の離島である久賀島で生計を立てるために、様々なことを試したんですね。
頭が下がります。

[写真:石灰づくりの窯跡]
石灰づくりの窯跡

久賀島は、各地に見どころがあります。
久賀島をゆっくり歩いてみませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:57 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
五島の島暮らし、キリシタンの歴史、島で生活されている坂谷さんに案内をいただき、素敵な時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます。
困難な時期を超えて信仰を守り抜き、自然と共存して生き抜いてこられた人々が世界遺産の登録の決め手なのだと思います。
ツバキが満開の時期に久賀島を歩いてみたいですね。
| 大江光正 | 2019/10/10 8:07 AM |
大江正光さま

簡単なブログですが、ご覧いただき有難うございます。
皆様がいろいろなことに興味を持たれることに、とても刺激を受けました。
もっともっと勉強しなくてはと思って帰りました。
皆様とご一緒出来て、とても楽しいひと時を過ごすことができ、ついガイドということを忘れそうになりました。

椿のころに、ぜひいらしてください。ご一緒に島を歩きたいと思います。
| 坂谷伸子 | 2019/10/10 9:39 AM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893368
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

bolg index このページの先頭へ