blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 雨の久賀島・奈留島の旅 | main | 久賀島牢屋の窄殉教会が開催されました >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
奈留神社の例大祭のご紹介
・・・・ウォッショイ ヤ ウォッショイ ・・・・
10月20日、久賀島の隣の島「奈留島」で例大祭が執り行われました。
奈留神社の宮司さんは、私が住んでいる蕨町の蕨神社のお祭りの時に来てくださいます。
奈留神社にはすでに多くの人たちが集まっていました。
若者が多いので聞いてみると、福江島からもお手伝いに来てくださっているということでした。



お祭りのために、準備をしてくださった皆様や、可愛い稚児さんです。
福江から御神輿を担ぐために来られた、昔の若者もいましたよ。
頑張ってください!









神社では、沢山のお餅をまきました。
張り切っていたのですが、気合が足りなかったようです。
しかし2個は拾えました。嬉しかったです。



御神輿を担ぐ皆様です。
白装束に身を包み、凛々しく若く見えますよ。



境内では、獅子が参詣者の頭を噛んで回っていました。
私も、少しでも頭がよくなるようにと噛んでいただきました。
頭がすっきりした感じがします。



天狗を怖がる子どもを退治しているお父さん。
子どもは泣き叫んでいますが、元気な証拠です。
いいですね。これからも元気ですくすく育ってください。



さて、いよいよ御座船が待つ港へ向けて出発です。
大きな声で掛け声をかけながら進んでいきました。
「ウォッショイ ヤ ウォッショイ  ウォッショイ ヤ ウォッショイ」
ワッショイではありませんよ。
蕨町の掛け声は「ハーェイヤー ハーェイヤ」です。
ハイヤーと聞こえますが・・・・。
子ども神輿も出ています。







月川宮司さんと世話役の方です。
氏子さんたちは、早朝からお餅の準備など大変でしたね。
でもいいお祭り日和に恵まれ良かったです。



御座船に御神輿を載せます。





そして御座船のあとをついて、奈留神鼻へと大漁旗を掲げた船のパレードです。
奈留神鼻に到着。
華やかな船が、続々到着しました。
昔は、この奈留神鼻の上に「奈留神社はあったと言われています。




御座船の上では神事が執り行われました。
まず花吹雪をまきます。
二礼二拍手一礼のあと、船主に下げていた一升瓶のお神酒を割り、お餅とお米をまきます。
海上タクシーで、すぐ近くで見せていただき感動しました。







船長さん、ありがとうございました。
来年もまた来たいです。



港に戻り、またお餅をまきました。
神社では何となく気合負けしていましたが、港では頑張って拾いました。
でも、まだまだ実力は伴ないませんでしたが、久しぶりに餅まきの楽しさを味わいました。



高齢化と人口減少で、お祭りが簡素化されています。
蕨町も御神輿を担いだまま海に入るお祭りがありましたが、担げるひとがいなくなり現在では御神輿はでません。
仕方がないですが、時々、あの賑わいや大変だったことが懐かしく思い出されます。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 13:03 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
懐かしい人々の元気そうな姿が見られて嬉しかったです。
ありがとうございます。
そして奈留島の皆さん!頑張って下さい!!
| 島の医者になって | 2019/10/23 6:05 PM |
島の医者になって様
奈留島の皆さんは、頑張っておられますよ。知人に翌日電話をしたら、カスレ声でした。町内を遅くまでまわったそうです。同じ二次離島。お互いに頑張っていきたいです。ありがとうございました。
| 坂谷伸子 | 2019/10/23 10:26 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893372
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ