blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 久賀島牢屋の窄殉教会が開催されました | main | ドローン撮影写真のご紹介 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
小値賀島へ研修に行ってきました
・・・王位石をまぢかで見ました・・・
アクロス五島の研修で小値賀島へ行ってきました。
フェリー太古で出発。
途中、私の好きな若松島の白崎断崖を通り過ぎます。
近くにハリノメンドやキリシタン洞窟があります。



小値賀島につき、地元のガイドさんのご案内で小値賀島の見どころを巡りました。
楽しかった2泊3日の旅でした。





五両だきの赤い砂や海岸線は、久賀島では見られない風景です。
同じ島でも違うものだなあと感じました。



二日目は、野崎島へ渡りました。
今度の旅の目的は、野崎島の王位石を見ることが私の目的でもありました。
「登れるのか。登れないのか。それが問題だ」
そのような気持ちで行きました。
野崎島にも、やはり赤い海岸が広がっていました。



山に入ると坂、また坂、そしてまた坂。
ゼイゼイ言いながら登りました。
随分時間が経ったころ下り坂になりました。
「ああ良かった」
でも考えると、帰りはこの道を登らなければなりません・・トホホ・・・・。
やっとの思いで沖の神島神社に到着。
可愛い阿吽の狛犬が出迎えてくれました。







そして念願の王位石。
王位石の前の木が大きくなっていたので、石が見えにくくなっていました。



さて、もうひと踏ん張りして王位石まで行きます。
滑り落ちないように腹ばいになりながら登りました。
近くで見る王位石に震えました。
神がいらっしゃるような荘厳な気持ちになりました。





力を使い果たした帰り道。
ヨロヨロしながら歩きましたが、何とか無事に帰りつきました。
実を言いますとリュックを持っていただいたのです。
有難うございました。
今、脚が痛くて家事もヨロヨロしながらやっています。
今日よりは明日、明日よりは明後日が痛くなるかも・・・・。
2日と3日は小学生の民泊があります。
動けるかな・・・・。
次は、今の蕨の風景。
大潮なので場所によっては道路が冠水しています。
この写真は、潮が引き始めたころに撮ったので冠水した跡が見えると思います。





カンコロづくりも始まっています。
カンコロは、サツマイモを輪切りにして茹でて干します。
お正月近くになるとカンコロ餅を作り、親せきや子どもたち、知り合いに送るのです。
田舎の素朴な、故郷の味です。



| hisakajima | 最近の久賀島 | 05:26 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
羨ましい!
王位石見たかった、あの頃にこんな研修があったら、強引に割り込んだのに!
| 島の医者になって | 2019/11/02 8:07 AM |
島の医者になってさま

ずっと行きたかった王位石。
触ってきましたよ。
途中で、大丈夫かなと思いながらも、見たさに頑張って登りました。
いつか行かれませんか。
| 坂谷伸子 | 2019/11/02 3:17 PM |
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893374
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ