blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 小値賀島へ研修に行ってきました | main | 久賀小中学校運動会開催!! >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
ドローン撮影写真のご紹介
・・・拓水・大開の牛舎・郵便局・・・
いつもご協力いただいている久賀中学校の小林先生が、ドローンで撮影した写真です。
まず、蕨町大野にある車エビ養殖場の「拓水」です。
丸い島は弁天島です。
以前は離れていたのですが、今では道路でつながっています。





海の色と養殖池の色が違うことにお気づきですか。
養殖池には、植物プランクトンを培養して直射日光が差し込まないようにしているのです。
決して、池が濁っているのではありませんよ。



弁天島をぐるりと回ってみます。
弁天島の周りは、すべて養殖池です。
もちろん作業場を除いて。
車エビは、生きたままお届けします。
お歳暮にいかがですか。





次は、大開の牛舎です。
昔は、この周辺は段々畑や棚田でした。
名残が、少し見えると思います。



牛舎の前の畑に、白い丸いものが沢山ありますが、ロールというそうです。
冬場の餌にするために、乾燥、発酵させて保存します。



山の中の牛舎は、テレビ番組のポツンと一軒家のように見えます。
高齢化と人口減少が進んでいる久賀島ですが、まだまだ元気だぞう!
と叫びたいです。





最後は、久賀島の中心部にある郵便局です。
笑顔で対応してくれます。
旅の方も、ぜひお立ち寄りください。
久賀島のために、島外の方々も年賀はがきを購入してくださっています。
皆様もいかがですか。





小値賀島と野崎島の研修で、自分の運動不足を痛感しました。
帰ってすぐの2日と3日は、民泊でした。
我が家には、小学生が3人泊まりました。
久しぶりに可愛い元気な子どもたちの声が聞けて、疲れてはいましたが元気が出ました。
さあ、がんばるぞ!
でも、その前に、ゆっくり眠ります。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 17:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://blog.hisakajima.com/trackback/893375
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

bolg index このページの先頭へ