blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 蕨町のお正月の行事 | main | 炭焼き講座を開催しました >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
「久賀殿の墓(といわれている)」?と田ノ浦の祇園社へ行きました
・・・・久賀島は不思議がいっぱいです・・・・・
まず、田ノ浦の美しい断崖をご覧ください。
現在、五島市ではジオパークの勉強をしていますが、この写真は、30数年前に撮った写真です。





田ノ浦の祇園社です。
数少ない方々が掃除をしてくださっていました。

[写真:祇園社]




そして発見!
一緒に行った方が「平山亀吉さんが寄進した灯篭がある!」
平山亀吉さんをご存じない方にご説明させていただきます。
平山亀吉さんは、世界遺産の旅で必ず皆様が訪れる「旧五輪教会堂」を建てた棟梁です。
旧五輪教会堂は、現存している教会堂では大浦天主堂につぐ二番目に古い教会堂です。
平山さんという姓の大工さん4人で、明治14年に建てたと言われています。
田ノ浦出身の仏教徒の方です。
尋ねて行った祇園社で、お名前だけですがお目にかかれるなんて何となく感激しました。



久賀島には、「くが殿」と呼ばれていたキリシタンの島主がいたという伝説があります。
キリシタン禁教時代に、キリシタンをやめるように説得されたが、死を覚悟して決してキリシタンをやめることは無かったそうです。
しかし、詳しいことは分からず、ただ伝説のみが伝わっているようです。
久賀島出身の丸尾神父様が書かれた「神の恩恵に支えられた先祖の旅路」を参考に、久賀殿の墓と言われている場所へ行きました。



イノシシなのか、それとも強風によってなのか倒れていました。
大きく重いので、残念ながら元に戻すことはできませんでした。





以前は、「ななとこ祭り」というお祭りがあり、その七か所のうちの一か所でしたので昔の写真を探しました。
以前は、このように建っていました。
そして鳥居のようなものもありましたが、それは残念ながら映っていませんでした。



どこの地域も、行事などの存続が難しくなってきています。
次の写真は、「高野山行僧」の墓と言われているお墓です。
久賀町にあります。
流刑にあった高野山の僧侶のお墓だそうです。
昔の人からは、久賀島は流人の僧侶を厚くもてなし、いろいろなことを学んだと言い伝えられていると聞きました。
しかし、帰ることなく亡くなられたんですね。



これは内幸泊の山の中にあるお墓です。
蕨の叔父さんたちに聞いて探したお墓です。
どこからやってきて、どこへ去っていったか分からない方々のお墓です。

[写真:内幸泊の墓]


ここで一息。
つい最近まで山の上まで、棚田を耕していました。
その時の写真です。懐かしいなあ。
道路そばの小さな田んにも田植えをしていました。







最後に注意!注意!
久賀島にはイノシシが多くなっています。
昼間は大丈夫だと思いますが、皆様、どうぞお気を付けください。



罠をしかけている場所には、このように印がしてあります。
うっかりして踏まないようにお願いします。



みなさん、調べると調べるほど謎が深まる久賀島へお越しください。
お待ちしています。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 12:34 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

bolg index このページの先頭へ