blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 吉永小百合さん「椿サポーター」に就任 | main | 春の光に溢れた久賀島 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
遣唐使船も立ち寄った田ノ浦を空から撮影
・・・久賀中学校の小林先生提供・・・・
空海と最澄が乗った遣唐使船が立ち寄ったという言い伝えがある田ノ浦港。
五島市の歴史資料館の資料にも書いてあります。



昔は、もっと奥まで海だったと言われています。
田ノ浦港の入口には砂嘴があり、港の中は普段は波静かです。
五島列島には、あちこちに遣唐使船が立ち寄ったという言い伝えなどがあります。
当時は今のように航海技術も確立されていない頃ですから、もしかしたら、あちこちに立ち寄ったかもしれません。





毎年、「久賀島椿まつり」を開催している「椿の里」と「松井守男画伯のアトリエ」が見えてきました。
この椿の里で、海の幸の食事を楽しんでいただきます。





山の麓に見える白い像は、マリア様ではありません。
久賀島なので、みなさん「マリア様ですか」とお聞きになりますが、観音様ですよ。









久賀島は、海の幸、山の幸が豊富です。
山の上まで棚田があるように(今では殆どが耕作放棄地です)、水も豊富です。
これは、歴史家でも何でもない一個人の私の感想ですが、その昔、久賀島で水や食べ物を積み込み大陸へ向けて船出したかもしれませんね。
水・米・野菜・獣・魚・その他・・・全て揃っている久賀島です。









今はコロナウイルスで大変ですが、終息したらぜひ久賀島へいらしてくださいませんか。
美しい自然と優しい人々。
都会の皆さんからご覧になると不便だと思われるでしょうが、慣れてしまうとたいしたことではありません。
それよりも四季折々の自然を楽しみませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:39 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ