blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 遣唐使船も立ち寄った田ノ浦を空から撮影 | main | 深浦町の花いっぱいの家 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
春の光に溢れた久賀島
・・・牡蠣うちは、そろそろ終わり・・・・
久賀島の牡蠣は、とっても美味しいのですが今年は寒がしなかったので、身が大きくならなかったようです。
この間までいた牡蠣うちの人は見かけなくなりました。
そろそろ終わりになったようです。





遠浅の久賀湾では、マテ貝掘りやアオサ採りなど楽しみが沢山です。
アオサが小石につくと、磯の香りが漂ってきます。
「春だなあ」と感じる時です。
海の色も季節により違ってきます。
風の音、風に乗ってくる香り、海の色、空の色、そして山の色・・・。





常緑樹ばかりの久賀島ですが、緑は季節により違います。
これから先は、「山笑う」にぴったりの山の色に変わります。
コロナウイルスが終息したら、ぜひ久賀島の山や海を見にいらしてください。
ご連絡いただけたらお手伝いしますよ。
さて、今は「つわぶき」の季節です。
秋には、黄色いお日様のような香りの花を咲かせます。
関東地方の皆さんは「ツワブキは観賞用でしょう」と言われる方が多いのですが、いえいえ、そうではありません。
五島では、ツワブキは食用です。
むき方にコツがあるんですよ。私は上手です。
これからは、美味しい山野草が沢山でてきます。





家の庭の隅に「ノシラン」の株がありますが、その中に「ムサシアブミ」が花を咲かせていました。
久賀島の山の中には沢山あったのですが、最近は少なくなりました。
イノシシが根っこを好きなようで、見て回ると掘り起こして食べているんです。
今に、ムサシアブミもマムシグサもなくなるかもしれませんね。



年中咲いているガザニアです。
冬の寒い中でも咲いているので、明るくなる有難い花です。



そしてバイモユリ。
よくとれていませんが中は網目模様です。
これは熊本の親類から頂きました。
どんどん増えていっています。
目立ちませんが可愛い花です。



コロナウイルスが早く終息しますように。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 14:02 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ