blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 春の光に溢れた久賀島 | main | 蕨町の風景 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
深浦町の花いっぱいの家
・・・心が晴々となりました・・・
毎年、リビングストンデージーが咲き乱れる深浦のお宅。
お聞きすると「今年は、あんまり花がさかんやったとよ」ということでしたが、とっても奇麗でしたよ。



花は好きですが、手入れが苦手で上手に咲かせられない私。
反省です。



深浦は、昔は磯の権利が久賀島では一番広い地区でした。
戦後は、戦争から戻ってきた男性たちが地区の人たちに芝居を教えてくれたそうです。
夜になると、子どもを背負いながら集まり練習に練習を重ね、地区で芝居や踊りの会を開催したそうです。
仕事が終わってからの練習で疲れていたけども楽しかったそうです。
このように、とても活気があった地域です。
しかし今では常時いらっしゃるのは、このお宅と深浦壮という民宿の二軒になってしまいました。
寂しくなってしまいましたが、このように花盛りだと元気がでますね。



深浦の町内です。
家はありますが無人の家ばかりです。
以前は、どの家にも花がいっぱいでした。
私は、よく花の種をあちこちの家の方から頂いたものです。
ここを通るたびに懐かしく思い出します。





この階段を上った家が花いっぱいの家です。
昔のようにテキパキとは動けないので花の世話も大変だそうです。



でも道路そばの畑の草取りもきちんとしています。
そして畑の隅には花も植えられています。
亡くなった父を思い出しました。
父は、畑の畔に四季折々の花を植えていました。
実家に行く、畑の畔を見に行ったものです。





深浦から戻る途中、牛の餌を刈り取っていました。
久賀島には、牛を飼っている農家が数軒あります。
頑張っていますよ。
海風がくる場所で飼っているので、きっといいのではないかと素人の私は思っています。



最後は我が家の猫「モリちゃん」
家の中で飼っているので、玄関を網戸にすると外ばかり見ています。
たまにノラちゃんが来るので、下を二重にしています。
今日は、二重にした網戸の上に乗っていました。
我が家を笑顔にしてくれる「モリちゃん」ちゃんです。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 01:41 | comments(7) | - | pookmark |
コメント
五島に赴任して気づいたのは、花の色が鮮やかだったことです。
京都で見る同じ花なのに、五島で見るとあざやかな色です。
花が違うのか、土が違うのか、不思議でした。
畑をする体力がなくなっても、花いじりはする、五島の人は土も好きなんですかね。
| 島の医者になって | 2020/03/22 7:49 AM |
静岡に住んでいます。
コロナの騒ぎがなければ、今頃久賀島にいるところでした。

その旅行を本当にたのしみにしていました。今は残念でなりません。
久賀島は逃げないから、いつでも行けるから、移動することで迷惑をかけてはいけないから、と自分に言い聞かせての決断でしたが、今朝の青空をみて涙が出てしまいました。


久賀島には行ったことはありません。私の父の出身地です。
生家が見たかった。両親の感じた空気を私も感じたかったです。


とてもすてきな写真ですね。
五島列島の皆様に脅威が及ばず、早くこの騒ぎが収束しますように。
久賀島の土を踏める日が来ますように。
| みゆき | 2020/03/22 8:56 AM |
島の医者になってさま
 久賀島も奈留島も、皆さん土いじりをよくします。
 花を植えたり野菜を作ったり。
 そして、なぜか花の色は鮮やかになります。土でしょう
 か・・。
 私が住んでいる蕨のおばさんたちは、「何もせんで家にばっ
 かり いたら歩けなくなるかもしれないから。子どもに迷惑
 を掛けた くないから」と言って、畑に出かけています。
 それだけではなく、野菜が大きくなり花々が咲くと楽しみに
 なるんですね。
 
 私も見習わないと・・・・・。
| 坂谷伸子 | 2020/03/22 12:02 PM |
みゆきさま

 今回は残念でしたね。
 でもおっしゃる通り、久賀島は逃げませんよ。
 安心していらっしゃれる時がきたら、どうぞお越しくださ
 いね。

 これから暖かくなると、色とりどりの山の緑がきれいです。
 野山の花々も咲き、歩いていると香りが漂ってきます。
 お父様の出身地だとのことですが、どちらの集落なのでしょ
 うか。町名が分かれば写真を載せたいのですが・・・。
 
 早く安心して久賀島にお越しいただける時がきますように。
 
 
| 坂谷伸子 | 2020/03/22 12:10 PM |
蕨です!!
ひらがなで覚えていたので、ぴんときませんでした!

坂谷さんは蕨にお住まいなのですね。
父もしばらく帰っておらず、親戚も今はいないようなので、家はあるけど様子がわからないとのことなのですけどね。

ブログを拝見しながら、次の機会を楽しみにしています。
| みゆき | 2020/03/22 9:20 PM |
みゆきさま

暫くお待ちくださいね。
蕨町のあちこちを撮ってアップします。
蕨町だったんですね。
今度、いらっしゃる時は教えてください。
お待ちしています。
| 坂谷伸子 | 2020/03/22 10:22 PM |
ありがとうございます。
父の故郷に住んでいる方と、こうして関わりを持てていることに、なんだか不思議な感じです。


楽しみにしています。
| みゆき | 2020/03/23 7:35 AM |
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ