blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 田植えの準備が始まっています | main | 田植えが始まりました >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
市小木集落のご紹介
・・・農業主体の集落です・・・
まずは、久賀中学校・小林先生のドローン撮影写真で、全体をご覧ください。
左側に見える集落が市小木です。



では集落の中を歩いてみましょう。
畑と家の間に道路があります。



右側に何かの碑が建っています。
いつか調べようと思っています。





右に見える建物は、消防詰め所と公民館です。
行事がある時には、ここの公民館に集まります。



坂道を上っていくと広場に出ます。
広場には観音堂があります。



桜が散り始めていました。
残念。





観音堂前の桜の木は、一度台風のために倒れてしまいました。
写真を撮っていたのですが、探せなくて2008年の桜からご紹介します。
地域の女性が、大切に手入れをしていました。
それで桜の木は、すくすくと伸び皆さんを楽しませています。









観音堂の右手には、お地蔵様が並んでいます。
やはり地域の女性たちが、大切にお守りしています。



上ってきた道路とは違う、反対側の道路を下っていきましょう。
あちこちに桜の木があります。







市小木では、毎年8月15日に「精霊流し」を行っています。
若者たちが、久賀町の岸壁から沖まで精霊船を曳いていき船に火をつけて燃やします。
見ていると、ご先祖様をお空ているということが伝わってくる行事です。
久賀島では、ここ市小木だけに残っている行事です。



また5年に1度、猿田彦神社の例大祭を執り行います。
神輿を担ぐのには、他の地域の方々もお手伝いしています。
人が少なくなり大変ですが、工夫をして頑張っています。





市小木の久賀町よりの家です。
この家から先は久賀集落です。
世界中がコロナウイルスで大変な時です。
まだ久賀島には入っていないようなので安心ですが、注意はしています。
高齢者はで基礎疾患がある人が多いので、誰か一人でも罹患すると大変になると、みんなが考えています。
こればっかりは誰のせいでもありませんので、一人一人が注意するしかないのでしょうね。
早く終息して、皆さんが外で思いっきり深呼吸ができるようになるといいですね。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 16:00 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ