blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 田植えが始まりました | main | 新型コロナウイルスに対しての五島市の対応 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
島だからこそ楽しめること
・・・・私の島暮らし・・・・・
「島だからできない、ではなく島だからこそできる」
これは、私が久賀島に越してきてからのモットーです。
島に住んでいて、都会と同じようなことを求めてもできないことがあります。
でも、島だからこそできることが沢山あるのです。
なにしろ、皆さまが旅行で訪れる世界遺産の島「久賀島」に住んでいるのです。
できる限り、あちこちに行って写真に記録をとっています。
この日は、我が家の猫「もりちゃん」を連れて五輪へ遊びに来ました。
モリちゃんは、久しぶりの散歩です。



家の跡や石垣を見ながら、五輪までの細い道を歩きます。
モリちゃんは、初めて見る風景に立ち止まることが多く時間がかかりました。





五輪地区に到着。
五輪の人たちは、網の繕いをしていました。
ずっと座ってする仕事なので、大変な仕事です。
腰がいたくなるんです。私も、やったことがあるんですよ。





この広場の桜は、五輪の人たちが植えた桜です。
早いもので、こんなに大きくなり皆様を楽しませてくれます。







しばらくお話をして、五輪ともお別れです。
越してきた当初から、なぜか五輪が好きで家族でよく遊びに来ていました。
山越えをしてきたこともあります。





北海道由仁町の友人から、花炭焼きの材料が送ってきました。
クルミや松ぼっくり、麦の穂などなど・・・・。
そして、由仁町の畑農園さんの苺で作ったジャムも・・・・。
とっても美味しかったですよ。
ありがとう!
久賀島の米マツの松ぼっくりや木の実などと一緒に、友人から送られてきた材料で炭を焼きたいと思っています。





以前、焼いた炭の一部です。
カズラを採ってきて篭を編んで楽しむこともあります。





そして今、私は家の裏庭を開拓しております。まさに開拓。
これまでは、草取りをするとノラちゃんがきて、おしっこなどをするので、草ぼうぼうになっていました。
花は、スパルタで育てていました。
でも一大決心をして裏庭を網で囲ってもらい耕しているのです。
この写真は、少し草取りをしたので見やすくなったものです。
私が草取りをしていると、おばさんたちが「なんばしよっとね」と、声をかけて通ります。
私は、「一年後は、りっぱな畑にするよ。その時は野菜をおすそ分けしま〜す」。
「それは楽しみ」と〜おばさんたちは言いますが、実をいうと野菜はいつも頂いています。
有難うございます。おばさま方、私は今、野菜作りに目覚めているのです。
今日はパセリを植えました。





花は好きですが、手入れが行き届いていないので、これから手入れにも力を入れる予定です。
コデマリとセッコクも咲きました。
セッコクは、父が育てていたものを若松の実家からもらってきたものです。





島民手づくり展望台。
Googleのストリートビューで展望台を見ることができます。
でひ、ご覧になってください。

[写真:展望台ドローン撮影(久賀中・小林先生撮影)]
嚇庫沼罐疋蹇璽鷸1(久賀中・小林先生撮影)

大好きな久賀島を皆様に知っていただけるように、これからも楽しみながら発信していきます。
皆さま、今後とも久賀島をよろしくお願いします。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:37 | comments(4) | - | pookmark |
コメント
 五輪に行くまでの途中にあるキリシタンの墓所が大好きです、今回なかったのが残念です。
機会があればたくさんアップしていただければ幸いです。
五島にコロナが入らないように祈ってます。
| 島の医者になって | 2020/04/16 3:07 PM |
島の医者になってさま
いつもありがとうございます。
分かりました。
近く墓地の写真をのせますね。
実は、私は墓地を探して写真をとっています。
墓地には、そこで暮らした方々の思いが残されているような気がします。
お待ちくださいね。くださいね。
| 坂谷伸子 | 2020/04/17 9:30 AM |
いつもお世話になっています。ここ数年、毎年、久賀島に「里帰り」させていただいて参りましたが、今年は参れないように思います。大好きな久賀島に、コロナを持ち込みたくありませんので。
浜脇教会に行く途中にある、海を望む墓地で、何度か写真を撮らせていただいたことがあります。未だ、お送りしていないですが。今度お送りしたく思います。
実は1昨年、細石流の海岸で、印象的な写真をフィルムで撮ったものを、某県の写真展に出したのですが、県議会賞をいただきました。僕にとっては、写真のテーマはこの10年ほど、ずっと久賀島です。
| mukioo | 2020/04/19 9:08 PM |
mukiooさま

「県議会賞」おめでとうございます。
写真のテーマが、ずっと久賀島だということ、とても嬉しいです。

また、久賀島出身でもないmukiooさんが、里帰りと言ってくださることが嬉しいです。
コロナウイルスを久賀島に持ち込みたくないので、今年は久賀島の里帰りを見送りますとのこと、とても感謝します。
高齢者ばかりの島ですから、一度ウイルスが持ち込まれると島の存続が危ぶまれます。
ほんとうにありがとうございます。
私も3月からガイドを休ませていただいています。

コロナウイルスが終息しましたら、ぜひまた里帰りをしてください。お待ちしています。
| 坂谷伸子 | 2020/04/19 9:46 PM |
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ