blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 島だからこそ楽しめること | main | 世界!ニッポン行きたい人応援団【パラグアイ人女性が兄弟に会うため長崎・五島へ】 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
新型コロナウイルスに対しての五島市の対応
・・・・・大開の風景もご紹介します・・・・・・・
五島は市長は、「島外からの来島を自粛してほしい。また島民も島外へ出ることを自粛してほしい」と発表しました。
五島市は高齢者が多く、また二次離島もあり、感染した場合のリスクが大きすぎるのです。
何もない時でしたら、ぜひ五島列島へお越しくださいとお願いするところですが、終息するまでお待ちいただけませんか。
よろしくお願いします。
では、大開集落をご紹介します。
大開は、久賀島の中では広々とした水田が広がっている集落です。



圃場整備をした田んぼで田植えをしていました。
整備をして初めての田植えです。



大開は、田んぼを取り囲むようにして家が建っています。
田んぼには、案山子が座っていました。
オタマジャクシも群れをなしています。
もうすぐシラサギやアオサギが飛来してきます。









普通栽培のために、まだ耕していない田んぼや耕作放棄地もあります。
遠くには、久賀湾が見えます。









変電所が見えてきました。
変電所の側の道路を山の方へ行くと、赤仁田教会堂跡と墓地があります。
赤仁田教会堂は、すでに無くなっていて入口付近に桜の木があります。











家が見えますか。
この家の前の道路を上っていくと、家が数軒あります。
今日は、そこまでは行きませんでしたが、家の前をきれいに手入れをしていた女性の家があるんです。
今では、越していき住んでいないのが残念です。



この道路は海岸通りへ出る道路です。
柳坂神社もこの通りにあります。
以前は、お祭りの時には神輿が町内を巡っていました。
懐かしいです。







大開から蕨へ戻る途中に、可愛い花々がありましたのでご覧ください。
紫色の花は、タツナミソウだと思います。
沢山、咲いていました。

[写真:タツナミソウ]
タツナミソウ

トベラの花は、遠くまで香りが漂います。
香しい香りとは言えませんが、春の香です。

[写真:トベラの花]
トベラの花

ムベの花の香りも漂ってきました。
ムベの実が赤紫色になると、カラスと人間の取り合いになります。
種が大きいのが難点ですが、それさえ気にしないなら甘くておいしいですよ。

[写真:ムベの花]
ムベの花

新型コロナウイルス。
都会の皆さまは、外出もままならず大変だと思います。
市長も言っておられました。
「今は優しい心で、五島へ来ないようにしてください」と。
早く終息するようにと祈るばかりです。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:24 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ