blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 久賀湾と大開のドローン写真 | main | 船で通園と蕨町の「さのぼり」 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
久賀島を小舟で一周しました
・・・魚釣りの人たちが多かったです・・・
いざ、久賀島一周に出発です。
全員で5人です。



朝は、小雨がぱらついていましたが、濡れるほどではありませんでした。
進むにつれて、少し波がたってきましたが、これもたいしたことはありません。
折紙鼻に近づいてきました。





今日(6/6)は、釣り大会でもあったのかと思うくらい、瀬という瀬には釣り客がいっぱいでした。
釣れましたか?
沢山、釣れるといいですね。
他にも、女性が瀬にあがっていました。
海藻採りでしょうか。







地層が曲がったところや斜めになった所を過ぎていきます。
久賀中学校の小林先生が、ドローンで写真を撮りたいというので小舟を停止させました。
近くの瀬でも、やはり釣りをしています。







ドローンが飛び立ちました。
しかし、風が強く思ったようにはいかなかったかもしれません。
小舟が波や風に流され動くので、舟に着地させるのに時間がかかりました。
「ドローン、頑張!れ」と、思わず応援。
無事に着地した時には、万歳をしたくなったほどです。
小林先生の操縦がよかったんですね。



田ノ浦あたりです。この辺りは、断層がはっきり見えます。
きれいですね。



以前、海岸を歩いて写した写真です。
もう少し迫力のある写真を持っているのですが、整理途中で探せませんでした。
潮が満ちる前にもどってこもどってこないといけないのが大変ですが、近くで見ると奇麗で迫力があります。





五輪の近くの外輪という集落があった所です。
畑や田んぼの跡の石垣などが残っています。
今回は海から眺めるだけでした。



旧五輪教会堂がある五輪地区です。
新旧二つの教会堂が並んで建っています。
昔は新しい教会堂の場所には、イワシの缶詰工場があったそうです。
蕨の女性たちが、「缶詰工場に通うたよ」と言っていました。



次の写真は、以前写した写真です。
小舟だったので、穴の中まで入っていきました。
穴は長くはありませんが、岩に何かがはえていて赤くなっているところもあります。
私が見た穴の中は、このような色が多いです。





奈留島と久賀島の間の大潮の時の様子です。
近くで見ると渦をまいているのが分かるのですが・・・・。
周りは静かなのに、音をたてて潮が流れているときがあります。



舟底を掃除しています。
舟を載せる台には、他の舟が載っていたので、このようにして掃除をしました。
フジツボや海藻などがつくと、舟のスピードが落ちるんです。
やっかいもののフジツボですが、最近、食料になるというニュースを見ました。
養殖もしているらしいですね。
美味しいそうですよ。



小さなリンゴ?
いえいえ、椿の実(かたし)です。
9月から収穫するようになります。



我が家の「もりちゃん」
ノラ猫がやってくると網戸越しに、切なそうに鳴いています。
可愛そうですが、外にはだせません。ごめんね。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 14:07 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

bolg index このページの先頭へ