blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 小学生と折紙展望台についての勉強会 | main | 久賀島も豪雨でした >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
奈留町葛島の野生の牛を見たぞう!
・・・テレビ局が撮影できなかった牛です・・・
以前、テレビ局が葛島の野生の牛の撮影に島に上陸したそうです。
しかし牛は撮影隊の人たちから逃れて、結局は撮影できずに帰りました。
葛島は現在は無人島ですが、以前はカトリックの方々が住んでいた島です。



その葛島の皆さんが、奈留島本島に集団移転したあと牛を飼っていた方がいたそうです。
そして牛飼いの人が島を引き上げる時に残った牛が、生き延びているのです。
外国の断崖絶壁に住む動物のように、葛島の牛は断崖の斜面で草を食んでいました。
仔牛もいます。
まさか野生の牛を見れるなんて!
それも断崖で・・・・・。感激しました。
牛が分かりますか?黒い動物が牛です。





なぜ、葛島に私がいるのか。
ガイド関係で、23日から一泊二日で、奈留島の「民宿かどもち」に宿泊しました。
かどもちのご主人の葛島さんの船で、葛島まで行ったのです。
教会跡や学校跡を案内していただいたあと、波止場で魚釣りをしました。



葛島さんが「カサゴは入れ食いだよ」と言いましたが、私たちは???と思っていました。
しかし本当に入れ食いでした。
こんなに大きなカサゴが釣れました。
私は少し小さいカサゴでしたが、入れ食いでしたよ。
葛島の海は、まだまだ宝の島でした。







久賀島も葛島も、島の周囲はなだらかな場所があり、断崖がありと変化に富んでいます。
もう一度、今度は夕日の写真を撮りに来たいなあと思いながら帰りました。







「かどもち」の夕食です。
地元奈留島の魚を使った豪華な食事でした。
ご飯は土鍋で焚いていて、おこげが少しできていて、とっても美味しかったです。
この日は、私の大好きなカツオのお刺身もあり嬉しかったです。
魚は、地元でとれる魚を使うので、同じものにはならないそうです。



そして朝ごはんです。
朝ごはんも、とっても美味しかったですよ。



葛島への料金は下記のとおりです。
・葛島まで往復  3,000円(かどもちに宿泊すると2,500円)
・魚釣り  1時間1,000円
詳しくは「民宿かどもち」へお問い合わせください。
 Tel  0959−64−2580


久賀中学校の小林先生のドローン写真もご紹介します。
まず、城岳展望所からの風景です。





そして、千畳敷をドローン撮影。
ここには、サイの足跡の化石があります。
探しに行って見ませんか。





そして久賀島おさまるの蕨町と奈留島間を結んでいた「長丸(おさまる)」
蕨集落は、奈留島と向かいあっているので、昔は奈留島との関係が多かったようです。



ネムの花です。
本当は、とっても奇麗なのですが残念ながら雨と風に打たれて、こんな有様です。
大好きな花です。



ヤマモモの実も熟していて、木の下は実が落ちて真っ赤になっています。
やまもも酒を作ると、とっても奇麗な透き通った赤になります。



奈留島から蕨の家に戻り、早速畑に行きました。
ズッキーニ、キュウリ、ナス、青じそ、モロヘイヤを収穫しました。
嬉しくて、スキップしたいくらいです。



明日から、しばらく雨のようです。
野菜作りをしていない時は、雨は困るなと思っていましたが、最近は雨も又嬉しいです。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:28 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ