blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 大雨が続いています | main | 内幸泊のハマボウが満開です >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
新上五島町の研修に参加しました
・・・この日だけ雨が止みました・・・
7月8日(水)に、長崎巡礼センター主催の新上五島町の教会研修に参加しました。
中の浦教会堂・頭ヶ島天主堂・鯛ノ浦教会堂・青砂ケ浦教会堂などなど・・・・・・。
新上五島町のガイドさんの素晴らしいご案内で、楽しい時間を過ごしました。
勿論、学ぶために必死ではありましたが。



頭ケ島天主堂をご紹介します。
迫害が終わって再び島に移り住んだ信徒さんたちが、近くから切り出した砂岩を積み上げて造りました。
外観は石造りで重厚ですが、内部は花柄の優しい雰囲気の教会堂です。
この教会堂は、1910年に着工し1919年に完成しました。
完成した時には、それまでの苦労が吹き飛んだことでしょうね。



どの教会堂も教会ごとに、信徒さんや地域の物語がありました。
そして、教会の物語で島々は繋がっていました。
もっと深く知りたいと思います。
次に若松・大浦教会堂をご紹介します。
外観も内部も地味ですが、信徒さん手作りのマリア様がいらっしゃいます。
マリア様を彫ったのは、結婚をまじかに控えた若者だったそうです。
マリア様を彫っているうちに、だんだん奥様になる女性に似てきたとか・・・。
ほほえましいお話ですね。





教会堂の前には、ビヨウヤナギが、赤い実をつけていました。
黄色い花で、私の好きな花です。



帰りは、若松港から海上タクシーで戻ってきました。
若松島は私の故郷です。
小さい時に、よく来たところです。



久賀小中学校です。
昔懐かしい二宮金次郎の像が建っています。
久賀島は、島留学生を受け入れています。



学校の前の様子です。
青いビニールシートがかかっている場所があるので、崩れたのかもしれませんね。
まだまだ雨が続きますので心配です。



永里という集落の道路そばに「島留学農園」と書かれている畑がありました。
サツマイモが植えてあります。
収穫時期が楽しみですね。
子どもたちの笑顔が見えるようです。





道路の隅にハマナデシコが咲いています。
いつもは海岸に沢山咲くのですが、ひどい雨ばかりが続くので見に行っていません。
雨よ、早く止んでください。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:46 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

bolg index このページの先頭へ