blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 楽しかった!久賀島クルージング | main | 久賀島で稲刈りが始まりました! >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
川まつりと長崎の新型コロナの取り組み
・・・7月15日、川祭りが執り行われました・・・
久賀町の天満神社で、「川まつり」が執り行われました。
7月15日、久賀町の天満神社に、久賀、大開、市小木、猪之木の町内会長さんが集まりました。



福江島の七嶽神社の宮司さんが来てくださり、一緒に準備をしてくださいます。
私は、今年は写真を撮りに行けなかったので、次の5枚の写真は公民館主事の狩野さんに提供していただきました。
水神様にお供えする供物を作っています。







この川まつりが終わらないと泳いではいけないと言われています。
河童から引きずり込まれるとか・・・・・。
そこで大切なキュウリのお供えも作ります。
何となく可愛いでしょう。



出来上がったら神前に供物を並べます。
野菜や果物、お餅などもお供えします。


宮司さんに祝詞をあげていただきます。
次からの写真は、以前、私が撮っていたものを再度使いました。
祝詞の中に「私たちは、川のほとりで汚れを洗い川を汚している」という一節があります。
私たちが日々の暮らしで川を汚していることに対する謝罪のようなものが祝詞に含まれていて、いつも、いい祝詞だなあと思っています。
川を汚さないようにしようと再確認するお祭りでもあります。



祝詞あげていただいた後に、町内会長さんたちは、自分たちの水神様に御幣を持って行ってお供えします。
久賀島では流れている川だけではなく、井戸のことも川といいます。
今では藪になっている場所もありますが、昔の人たちは川に感謝しながら水を大切に使っていたんですね。





この水神様は、大きな木の根元にあります。
そばには川が流れていて、下流には田んぼがある場所です。



久賀島一番の河童は、馬川という川に住んでいたそうです。
外上平の山の上にあるそうですが、今では(20年ほど前も)山になってしまい行けなくなってしまいました。
残念です。ぜひ行ってみたかったです。

・・・・新型コロナに対する長崎の取り組み・・・・
県医師会などと体制を整備
かかりつけ医でもPCR
無症状でも希望すれば地域のかかりつけ医などで受けられる体制を整備したそうです。
来週にも長崎市、県央から始め、県北、離島に拡大していくとのこと。
唾液で検査をするそうで、公的医療保険の適用対象で自己負担は1000円以下の見込みだそうです。
詳しいことは、県のホームページなどに載せてあるとおもいますが、離島に住んでいる私たちにも朗報です。
ぜひ、早く離島でも実施できるようになってほしいです。

・・・・・わが家の畑に勝手に生えてきた赤しそでジュースを作りました・・・・・
赤しそ、砂糖、レモン汁で作りました。
氷がなかったので、冷たい水で割ってのんでみました。
なかなか美味しかったですよ。炭酸水で割ると、一層おいしいだろうと思いました。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:31 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

bolg index このページの先頭へ