blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 久しぶりに久賀島のご案内をしました | main | 台風9号被害 >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
平家の落人伝説がある猪之木町
・・・・遅くなりました・・・
まず、猪之木町のドローン写真をご紹介します。
ドローン撮影は、久賀中学校の小林先生から提供していただきました。

[写真:猪之木(小林先生提供)]
猪之木(小林先生提供)

猪之木町は、資料によりますと明治維新の前までは「重別当」と言われていました。
しかし、猪之木の人たちは「じゅうべっとう」と言われることを好まず、明治初年に猪之木と改名したといいます。
しかし、「重別当」の地名は字名として今も残っています。
その昔、平家は壇ノ浦の戦いに敗れた後、源氏の手から逃れるために各地に散っていきました。
久賀島には別当役を交えた落ち武者たちが上陸しました。
島内に隠れ住む場所を探したあげく、大森林に覆われ奥まっている今の猪之木を安住の地と決めました。



それで「重別当」という地名が起こったと言われています。
改名した猪之木の地名の由来は、猪が大変多く大森林だったので猪之木と決めたと言われています。
浜泊と地区がありますが、平家の落ち武者たちが漂着し、そこで数日間泊まったので浜泊の地名になったと言われています。
・・・・猪之木のご紹介・・・・
猪之木出身の方が作った「猪之木名所古跡めぐり甚句」の一部を写真とともにご紹介します。

山紫で水清き、誰がつけたか重別当と、とってもいい名がついたもの

[写真:小林先生提供]
小林先生提供

村の鎮めは石神で、子々孫々に至るまで、家内安全、無病息災、今後もよろしく願います。

[写真:石神神社]
石神神社

村を興した地盤様、どこからお出でになりました。
出雲の国からきましたか。

[写真:地盤社]
地盤社

山城荒神さんは、法螺貝吹いて村廻り、悪霊退散いたします。

[写真:山城荒神神社]
山城荒神神社

2007年の石神神社のお祭りの様子です。
神社にお参りした後は、公民館で町内の皆さんでご馳走をいただいていました。
この石神神社には、役行者も祀ってあるのですが、平家と関係があるとかないとか・・・。
ご存じの方は教えていただけませんか。

[写真:石神神社例祭]
石神神社例祭

[写真:石神神社鳥居]
石神神社鳥居



町内を歩いてみました。
大きな石垣の家もあちこちにあります。
どこの集落にもあるのですが、カンコロや切干大根などを干す棚がありました。







次は「へそ神様」
昔は、子どもが生まれるとへその緒を納めていたそうですよ。



猪之木町内からは遠い田ノ浦の山之上にある巌観音。
以前は「よごもり」と言って、町内の皆さんがこの観音堂に泊まっていました。
私も泊りこそしませんでしたが、夜遅くまでお話をしていただき楽しかった思い出があります。

[写真:巌屋観音]
巌屋観音



観音経やらご心経、唱えますればあらたかや、岩より出づる水の音、十八日がご命日、老若男女が詣でます。
女の神様観音様は、とっても奇麗なお顔です。

[写真:巌屋観音]
巌屋観音



猪之木甚句にそって町内を巡ったことがあります。
狭い地区ですが、見所満載です。
そして海へ行くと、昔の磯は宝の磯でした。
マテ貝が、とにかく沢山とれた磯です。





きれいな川が流れていて、蛍の名所でもある猪之木。
町内を巡ると、あちこちにお地蔵さまや祠があります。
コロナがおさまりましたら、ぜひ猪木町を回ってみませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:51 | comments(6) | - | pookmark |
コメント
今は小さな集落にも長くて深い歴史があるのですね。それが歌(甚句って歌ですよね?)で後世に伝わって行くのは素晴らしいことだと思います。またそれをブログで坂谷さんが発信してくださり遠く離れた私達が知ることができる。本当にありがたいです。大きな台風が近づいています。どうかお気をつけて。
| ゆずじろう | 2020/09/02 11:36 AM |
猪之木町のこと詳しく教えて頂きありがとうございます!
私と共に母も大変感動、感謝しておりました。

猪之木町自体がいわゆる平家の隠れ里だったとは驚きです! 当時どうゆう暮らし、文化があったんでしょう、、。

自然いっぱい、そして神秘的な神社、お寺。
町の風景を見てご先祖さんを身近に感じられます。
中でもへそ神様がとても印象的でした。
やはり独特の文化があるようですね。
各お祭りもどんなのか見てみたいです。

過去のブログを拝見さして頂いても久賀島の魅力がたっぷりで猪之木町他の地区にも興味深々です。
コロナ終息したら、すぐに行きたいと思います!



台風が来てるみたいですね。
被害がないように祈っています。
| ヨサク | 2020/09/02 2:04 PM |
ゆずじろうさま

そうなんです。
狭い地域ですが、神社や祠、お地蔵様などが沢山あります。
ご先祖さまを大切にする信心深い方々なんだなあと思います。

巌屋観音堂で、昔の暮らしなどを夜中まで話してもらったことが、本当にいい思い出ですよ。

いつもありがとうございます。
| 坂谷伸子 | 2020/09/02 2:49 PM |
ヨサクさま

喜んでいただけて、嬉しく思います。有難うございます。
重別当時代の暮らしぶりは分かりませんが、昔の暮らしや行事を聞き取りに行ったことがありますので、あとで又お知らせしますね。

このブログは、私が写真や記事を息子に送り、息子から更新してもらっています。最近、息子が熊本の災害で忙しかったので遅くなりました。
今後ともよろしくお願いします。
| 坂谷伸子 | 2020/09/02 2:57 PM |
マテ貝ほり、懐かしいです!穴に塩を振りかけると、ピュっと出てくるんですよね。面白くって、夢中で獲りました。
台風大丈夫ですか?9号の後の10号にも気をつけてください。
| 村松絹子 | 2020/09/02 5:42 PM |
村松絹子さま

マテ貝掘り、面白いですよね。
最近は、あまりいないようですが、温暖化のせいでしょうか。
また昔の磯になることを願っています。

台風は、最近にない強風がふきました。
我が家の瓦もどうかなってるんでしょうね。
雨漏りがする部屋があります。
明るくなったら大忙しです。

いつもありがとうございます。
| 坂谷伸子 | 2020/09/03 5:41 AM |
コメントする


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

bolg index このページの先頭へ