blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
<< 五輪の道路は復旧しました | main | 五輪へ続く道路の清掃(9月19日) >>
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
折紙展望台の東屋が壊れました
・・・島民がコツコツ作り上げた展望台・・・





久賀島を訪れる皆様に、きれいな久賀島をご覧いただきたいと平成14年からコツコツと作っている展望台。
これまでの台風では、びくともしなかった東屋が壊れてしまいました。



2番目の展望台の東屋は、遠目には何ともないようですが近くに行って見ると、柱が割れていました。
電信柱を利用して作ったので、古くなっていたことと、本当に風が強かったのですね。





この展望台は、360度見渡せます。
ここを訪れる皆様は、とっても喜んでくださいます。
最初は「島を訪れる皆様にきれいな久賀島をご覧いただきたい」と作り始めました。
でも今では、島民の憩いの場ともなっています。

[写真:小林先生提供]
小林先生提供







展望台の作業のあと、みんなで食事をしたりコンサートを開いたり・・・。
椿音頭に合わせて踊ったこともありました。
モンゴルの留学生に馬頭琴を演奏していただいたことも。
様々な思い出がよみがえってきました。









今でも、年に数回島民が集まって草刈りなどの作業を行っています。
そんな大切にしてきた展望台の東屋が壊れてしまいました。
今度の台風では、瓦が取られたり、作業小屋が倒れたり、また家の一部が壊れたりと被害が続出しています。
高齢者ばかりの島では、なかなかすぐには修理できないのが残念です。



| hisakajima | 最近の久賀島 | 19:54 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

bolg index このページの先頭へ