blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
久賀島と奈留島はいかがでしたか
・・・キリシタン物語と久賀島のご紹介・・・
強風に耐えて咲く椿の花。
「おしん」のような椿です(若い方は分からないかな)



キリシタン物語でいらしたお客様です。
お母様とお嬢さんの二人旅でした。
久賀島の浜脇教会堂。
以前は桜が二本ありました。どっしりとした桜です。





久賀島の中を通り五輪へ車で向かいました。
旧五輪教会堂で、教会守の永松さんと記念撮影。
永松さんは、Iターンで久賀島・旧五輪教会堂の教会守をしています。



久賀島五輪から、海上タクシーで奈留島へ渡りました。
奈留島で昼食の後、ストラップづくり体験。
素敵なストラップを作った後は、江上天主堂です。
久賀島と奈留島は、いかがでしたか。
またいらっしゃってくださいね。





次は、大野という所の棚田です。
今では、高齢化のために耕作できなくなり、このような風景を見ることはできなくなりました。
寂しくなりました。



9日のキリシタンクルーズの皆様です。
今日は14名様でしたので、ガイドは二人でした。
永松さんが写真をとってくれました。ありがとう。



ストラップづくりをした三兄弟工房さんの前で、写真を撮らせていただきました。
素敵な笑顔で「ハイ、パチリ」



皆様、旅を楽しんでいただけましたか。
あまり雪が降らない五島列島ですが、たまには降るんですよ。
2010年12月31日の雪の日です。
雪が降るのことはめったにないので、真っ白な雪に足跡を付けることは嬉しいです。
雪国の方は大変なんですよね。



代々ご住職が早死にするという言い伝えの栄健寺。
もともとは恵剣寺だったのですが、名前がよくないのではないかと変えたのです。
でも同じだったそうですよ。



次は、やぶ椿の花の写真を何枚か。
「椿は千種千本」とご高齢の方にお聞きしました。
山の中の椿も、それぞれ少しづつ違うんですよ。







22日・23日と久賀島つばき祭りを開催します。
皆様、久賀島にいらしてみませんか。
お待ちしています。
問い合わせ:久賀島やぶつばき会  坂谷
        0959−77−2131
        090−9598−1197
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:05 | comments(4) | - | pookmark |
DONDON奈留の皆様お疲れ様でした
・・・・晴れてよかったですね・・・・・
久賀島潜伏キリシタン資料館を訪れました。
沢山の資料がありますので、皆様も一度訪れてみてはいかがですか。



浜脇教会堂です。
このように真っ白で大きな鉄筋コンクリートの教会は、昭和6年当時は珍しく見学者が大勢訪れたそうです。



しかし戦時中は、その白さと大きさで敵機の目標になると黒く塗られました。
向後さんと梅木さんから、黒い時の教会堂の写真をいただいていますので、ご紹介します。

[写真:向後さん提供]
向後さん提供

[写真:梅木さん提供]
梅木さん提供

現在の旧五輪教会堂は、最初はこの浜脇にありました。
今の浜脇教会堂の工事をされた野口正登さんのご家族から頂いた写真です。
鉄骨の向こうに十字架が見えると思いますが、それが旧五輪教会堂です。

[写真:野口さん提供]
野口さん提供

島民手づくりの折紙展望台でも記念撮影。
晴れて良かったですね。



展望台から眺めた久賀湾と、島民が草取りをしている写真です。
毎年、数回除草活動をします。
その時には、公民館報で島民全員にお知らせします。

[写真:久賀湾]
久賀湾



最初は、このようにして作ったんですよ。
みんなが時間をやりくりして今の展望台にしました。
まだまだ進行形の展望台です。
今回行ったときには咲いていませんでしたが、春になると藤の花がきれいに咲くんです。





台風で桜の木が折れない時には、このように桜満開でした。
五輪の山の中には、このように畑の石垣などが沢山あります。
当時の人たちの生活のあとです。





DONDON奈留の皆様は、五輪から海上タクシーでお帰りになりました。
昔は、蕨から奈留島に長丸という定期船が通っていました。
以前、蕨の男性の方々が奈留島まで定期船を通わせたいと運動していたことがあります。
でも人口減少では、如何ともしがたいことでしたけどね。



[写真:長丸]
長丸

皆様、お疲れさまでした。
また私たちも奈留島へ勉強に行きます。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:30 | comments(2) | - | pookmark |
「久賀島椿まつり」のご案内

・・・・2月22日(土)・23日(日)・・・・

今年も久賀島椿まつりを開催します。

人口減でお手伝いの皆さんが減る中、はたして何時までできるのかと心配です。

今年は頑張って開催します。



・島めぐり(9:40〜12:30)

 9:40  田ノ浦桟橋集合(福江港から定期船シーガルに乗ると着きます)

 料金

   大   人  2,000円

   小学生以下  1,500円

 コース

   田ノ浦・・・浜脇教会堂・・・牢屋の窄殉教記念教会堂

      ・・・折紙展望台・・・旧五輪教会堂・・・田ノ浦椿林


・食事   1,000円

       場所  椿の里

       山菜おこわ

       車エビ・牡蠣・さざえ の焼き物

       お味噌汁


・松井画伯アトリエ訪問(13:00〜14:30)


・申込 久賀島やぶ椿会 坂谷

    0959-77-2131
    090-9598-1107


以前の椿祭りの写真をご覧ください。楽しそうでしょう。

食事風景です。





島民手づくり展望台。島を360度見渡せますよ。




亀河原海岸にある椿林。

椿は「千種千本」と言われると、島のご高齢の方から聞きました。

自分の好きな椿を探してくださいね。






車えび。おいしそうでしょう。

久賀島で薬を一切使わないで養殖した車エビです。



皆様、お待ちしています。

ぜひ久賀島へいらしてください。

そして、ぜひお手伝いをしたいという方、お待ちしています。

人手不足の久賀島です。

さて、このお餅は何かといいますと、蕨町は2月2日、お祭りでした。

少し大きめのお餅と、月型日型のお餅を搗きました。

月型日型は写真に撮る暇がありませんでした。

見ていただきたかったです。



そして2日は、郷土史検定のテストの日でした。

お祭りの準備を早くして、テストを受けに行きました。

どうか合格していますように!

| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:16 | comments(0) | - | pookmark |
「五島列島観光ガイド大会in上五島」参加しました
・・・・・新上五島町へ行ってきました・・・・・
一泊二日の研修会。
会場は、新上五島町石油備蓄会館でした。
会場へ行く途中に、若松島の禁教時代にキリシタンが逃げ込んだと言われる「キリシタン洞窟」に上陸しました。



ゴツゴツした中を通ると光が見えます。
頭を低くして通り抜けると、平たい岩に出ます。
ここでは毎年1回、キリシタン迫害を乗り越えたご先祖を称えミサが開催されます。





セミナーは、とても勉強になりました。
ガイドにいかしたいです。
26日、うどん伝承館で五島うどん手づくり体験をしました。
難しかったですが楽しかったです。
はまりそうになりましたよ。









新上五島町のガイドさんにご案内していただきましたが、とても楽しいガイドでした。
見習おうと思います。
山王山一之宮のご紹介します。
以前行ったときよりも、きれいに整備されていました。
でも、確実に年齢を重ねたのでゼイゼイ言いながら登りました。







さあ、また勉強と体力づくりをしなくては。
その前に2月2日の郷土検定テストの勉強です。
ファイト!
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:56 | comments(0) | - | pookmark |
田ノ浦桟橋でアジ釣りをしていました

・・・・椿の花も満開です・・・・・

田ノ浦桟橋を通りかかると、友人がアジを釣っていました。

海の中には沢山の小アジが群れています。



見ているとすぐに釣りあげました。

から揚げや南蛮漬け、またイカ釣りの餌にしたりします。

蒲鉾だって作りますよ。




次に釣り上げたのは、エサ取りの魚です。

私が住む蕨町では、「おっせんころし」という何とも怖い名前がついています。

本当の名前は知りませんが、釣り糸を垂れると何処からともなくワイワイ寄ってきて餌をとるんです。



田ノ浦の道路そばの椿も満開です。

落ち椿も奇麗でしたが、写真の撮り方が悪かったようですね。




いつもより早く木瓜の花が満開です。

暖かいからでしょうか。

そして、夏から秋にかけて咲くタカサゴユリも咲いています。

オニユリも咲いていましたし、季節が分からなくなってきたのでしょうか。




1月25日、26日は、新上五島町でガイドの研修がありますので参加します。

そして26日の夜に戻ったら、27日にも又研修で新上五島町です。

この日は日帰りです。

一つ覚えたら三つは忘れるような状況ですが、頑張ろうと思っています。

素敵な五島をお伝えできるように・・・・。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 03:10 | comments(0) | - | pookmark |
久賀町の20日正月
・・・・1月20日・・・・・
久賀町では、毎年「20日正月」を行っています。
場所は、「おもんじ様」と親しまれている文殊堂。
長い階段を上っていくと、地域の皆さんが集まって準備をしていました。





おもんじ様の中には、囲炉裏があります。
囲炉裏では男性たちが火を焚き、部屋はとっても暖かいです。



外では、20日正月に欠かせない「ソーメン」を湯がいています。
ご高齢になったので、男性もお手伝いしていました。
重くて鍋を持てないですからね。







おもんじ様の中も外も、準備に大忙しでした。
もう少し、ゆっくり写真を撮りたかったのですが用事があったので帰ってきました。



階段を下りていると参加するために上って来ている男性とぱったり。
お正月いかがでしたか。



若い時には大丈夫だった階段ですが、だんだん大変になってきましたね。
私はぜいぜい言いながら上りました。
みなさん、お元気ですね。



ガイドをしていると体力が必要です。
今年は、体力をつけるために運動をしようと思っています。
先日、研修のために長崎の本原周辺を歩き回りましたが、山登りのような行程でした。
約12,500歩、歩いていました。
これくらいの歩数を楽に歩けるようになりたいです。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 00:39 | comments(0) | - | pookmark |
炭焼き講座を開催しました
・・・・大人も子どもも楽しみましたよ・・・・
松ぼっくり・ヤシャブシ・そして北海道の友人から送っていただいたクルミなどを焼きました。
今年は、福江からも参加してくださいました。
有難うございます。



まず、蓋に穴をあけた缶にアルミフォイルを敷き、木の実を詰めます。
その時は、同じ時間に焼けるように同じものを詰めます。
子どもたちも一生懸命詰めました。
焼くときには、蓋の穴の上に石をのせて空気が入らないようにしました。





火にかけて、煙の状態を見ます。
焼けてくると煙の色が青白く透き通ってきますよ。



さあ、その間にティータイム。
お茶とコーヒーで一服しました。



焼きあがりました。
蓋を開ける時には、缶が冷えてからにしてくださいね。
火からおろして直ぐに開けると、中の木の実に火がつきます。
いかがでしょうか。
今日は、少しづつ皆さんに持って帰っていただきました。
小さな篭や箱に詰めて楽しんでくださいね。





久賀島にあるもので楽しみましょう。
できないと嘆くよりも、できることを探しましょう。
久賀島には、宝物が沢山あります。
宝物の宝庫、久賀島へ遊びにいらっしゃいませんか。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:23 | comments(0) | - | pookmark |
「久賀殿の墓(といわれている)」?と田ノ浦の祇園社へ行きました
・・・・久賀島は不思議がいっぱいです・・・・・
まず、田ノ浦の美しい断崖をご覧ください。
現在、五島市ではジオパークの勉強をしていますが、この写真は、30数年前に撮った写真です。





田ノ浦の祇園社です。
数少ない方々が掃除をしてくださっていました。

[写真:祇園社]




そして発見!
一緒に行った方が「平山亀吉さんが寄進した灯篭がある!」
平山亀吉さんをご存じない方にご説明させていただきます。
平山亀吉さんは、世界遺産の旅で必ず皆様が訪れる「旧五輪教会堂」を建てた棟梁です。
旧五輪教会堂は、現存している教会堂では大浦天主堂につぐ二番目に古い教会堂です。
平山さんという姓の大工さん4人で、明治14年に建てたと言われています。
田ノ浦出身の仏教徒の方です。
尋ねて行った祇園社で、お名前だけですがお目にかかれるなんて何となく感激しました。



久賀島には、「くが殿」と呼ばれていたキリシタンの島主がいたという伝説があります。
キリシタン禁教時代に、キリシタンをやめるように説得されたが、死を覚悟して決してキリシタンをやめることは無かったそうです。
しかし、詳しいことは分からず、ただ伝説のみが伝わっているようです。
久賀島出身の丸尾神父様が書かれた「神の恩恵に支えられた先祖の旅路」を参考に、久賀殿の墓と言われている場所へ行きました。



イノシシなのか、それとも強風によってなのか倒れていました。
大きく重いので、残念ながら元に戻すことはできませんでした。





以前は、「ななとこ祭り」というお祭りがあり、その七か所のうちの一か所でしたので昔の写真を探しました。
以前は、このように建っていました。
そして鳥居のようなものもありましたが、それは残念ながら映っていませんでした。



どこの地域も、行事などの存続が難しくなってきています。
次の写真は、「高野山行僧」の墓と言われているお墓です。
久賀町にあります。
流刑にあった高野山の僧侶のお墓だそうです。
昔の人からは、久賀島は流人の僧侶を厚くもてなし、いろいろなことを学んだと言い伝えられていると聞きました。
しかし、帰ることなく亡くなられたんですね。



これは内幸泊の山の中にあるお墓です。
蕨の叔父さんたちに聞いて探したお墓です。
どこからやってきて、どこへ去っていったか分からない方々のお墓です。

[写真:内幸泊の墓]


ここで一息。
つい最近まで山の上まで、棚田を耕していました。
その時の写真です。懐かしいなあ。
道路そばの小さな田んにも田植えをしていました。







最後に注意!注意!
久賀島にはイノシシが多くなっています。
昼間は大丈夫だと思いますが、皆様、どうぞお気を付けください。



罠をしかけている場所には、このように印がしてあります。
うっかりして踏まないようにお願いします。



みなさん、調べると調べるほど謎が深まる久賀島へお越しください。
お待ちしています。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 12:34 | comments(0) | - | pookmark |
蕨町のお正月の行事
・・・お墓参り・鉦おこし・・・



蕨町では、元日の早朝、お墓参りをします。
そして、ご先祖様に赤飯をお供えして、一緒にお正月を祝うのです。
元日の朝早くに赤飯を作り、熱々の赤飯を持っていきます。
久賀島でも蕨町だけの習わしのようです。



3日には、町内の初寄りといい、町内の人たちが集まり話し合いをします。
最近は高齢者ばかりになり、集まれる人も少なくなってきました。
5日には、鉦おこしといい、お大師堂においてある鉦を叩きながら回ります。
お大師堂を一回りしてから、旧道の峠まで行きます。
今年は、イノシシがいるのではないかとおっかなびっくりで行きました。



昨日、展望台に上ってみました。
いいお天気でしたので、椿の葉がキラキラ光っていましたよ。



2月月22・23日に「久賀島つばき祭り」を開催します。
皆様、どうぞこの機会に久賀島にお越しくださいませんか。
島めぐりや地域の食材での食事、また販売などもあります。
そして何より松井守男画伯のアトリエ訪問もあります。
画伯自らがお話をしてくださいますので、ぜひ久賀島つばき祭りにご参加ください。
お問い合わせは下記まで
 久賀島やぶつばき会  坂谷善衛
 TEL 090−9598−1107
お待ちしています。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 14:26 | comments(0) | - | pookmark |
明けましておめでとうございます
・・・今後ともよろしくお願いします・・・



久賀の干拓に、昨年コハクチョウ一羽が舞い降りました。
残念ながら私は写真を撮ることができませんでした。
残念!
久賀の干拓には、2016年3月20日過ぎに、ナベヅルが100羽ほど羽を休めに立ち寄ったことがあります。







以前は水田だったその場所には、今は年中、水が溜まっています。
渡り鳥が立ち寄れるようにと・・・・。



コハクチョウは、もう、旅だったのかもしれませんが、カモが沢山浮かんでいました。
最近は、カモ・シラサギ・アオサギなどが、年中、久賀島に残っています。
気候が変わったせいでしょうか。
コハクチョウ、来年も立ち寄るでしょうか。



高齢化と人口減少に関しては、日本のトップを走っている久賀島。
不便な島ではありますが、住めば都です。
不便よりも素晴らしいものが沢山あります。
一度、久賀島へ来てみませんか。
お待ちしています。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:04 | comments(2) | - | pookmark |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

bolg index このページの先頭へ