blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
椿まつりの準備中です
・・・以前の雪景色をご紹介します・・・
椿の里の掃除や食事の材料の買い出しなどで、大忙しです。
高齢化により、地元の久賀島やぶつばき会のメンバー数が少なくなりました。
そこで、皆さんにお手伝いいただきながら、準備中です。





椿まつりとは直接は関係ありませんが、以前の写真をご紹介します。
桜の花が咲いている浜脇教会堂です。
最初は教会堂の前には2本の桜がありました。
しかし桜も老木になり、1本は危険だということで切り倒されました。
そのあとには、また桜を植えています。





旧五輪教会堂の桜満開の写真です。
旧五輪教会堂の桜は、光が違うように思います。



次は、五島列島では珍しい雪景色です。
まず2016年の雪景色。
誰も歩いていない道路を歩きたくて、朝早く出かけました。







2018年の雪の浜脇教会堂と椿です。
めったに雪が降らない久賀島では、雪が降ると子どもだけではなく大人も嬉しいんです。





山の中で人々を見守ってくれていた(私は、そう思っています)椎の巨木です。
この木を見つけたときは、みんなで喜びました。
なんだか神秘的な感じがしました。



最後は、貝を掘っているところです。
大人も子ども大喜びでした。
懐かしい思い出です。



久賀島つばきまつり。
遊びにいらっしゃいませんか。
椿の里の前に、美味しいコーヒーのお店もでますよ。
みなさ〜ん、ぜひ久賀島へ・・・・。
お待ちしています。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
楽しい久賀島にいらっしゃいませんか
・・・・世界遺産の島・久賀島・・・・
今日、2月15日はお釈迦様の命日といわれています。
蕨町では、お大師堂に女性たちが集まりました。
掛け軸を掛けお供えをし、お下がりをいただきます。
よもやま話に花を咲かせ、楽しいひと時を過ごしました。



蕨町大野の棚田の今です。
道路のそばの田んぼは耕していますが、上のほうは大分荒れ地になってきました。



次の4枚は、以前の棚田の様子です。
まだ皆さんが、田んぼを作ることができたころの写真です。
とってもきれいでした。









次の写真、皆様お分かりですか。
「マテ貝」を掘っている様子です。
砂浜に空いている穴に塩を入れると出てくるんですよ。
そこをタイミングよく引っ張り出すんです。
楽しくて美味しい海の幸です。







これは私たちが「ナゴヤ」と言っている海藻を採っているところです。
茶色い海藻ですが、さっと茹でると鮮やかな緑色になります。
コリコリとした食感で、これまた美味しいです。





カキ打ち。
カラスがおこぼれにあずかろうと後をついて回ります。
気を付けないと折角のカキを取られることもあるんですよ。



細石流の海岸です。
海の色がきれいでしょう。
あちこちに大きな穴が開いています。
中に入ってみると赤い色になっているところもありました。
何だろうと思いましたが、分からないまま出てきました。







最後は、島民手づくり展望台から見た夕日です。
海に沈む夕日が素晴らしいです。
夕日を見にいらっしゃいませんか。
地上に灯りが少ないので星空も素敵です。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 01:35 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
花炭です
・・自分用に焼きました・・
できないことを悔やむよりも、自分ができること、身近にあるもので楽しむこと。
久賀島に来て以来、久賀島だからこそできることで楽しもうとやってきました。
第一は、久賀島の歴史を知ること、植物など自然を楽しむこと。
民話の収集など・・・・・。
そして今の季節は、いろいろなものをを炭に焼くことです。
木の実や花殻、そして花など、なんでも焼いてみます。
失敗しても「失敗は成功の元」



栗のイガを最初に焼いたときは、皆さん「ウニだ〜」と叫んだくらい、海にいるウニそっくりになりました。
サルトリイバラの実や椿の葉は、油分が多いのか、黒く光ってきれいです。
篭は、カズラで自由にあんでいれてみました。
まだまだ試したいものが、沢山あります。
都会ではできないことを楽しんでいます。



今は、椿の花盛りです。
椿は「千種千本」というんだと、昔の方に教わりました。
自分が好きな椿の花を探しにいらっしゃいませんか。



久賀島椿まつりは、ボランティアグループが、久賀島を知っていただきたいと続けている行事です。
ぜひ、久賀島を楽しみにいらしてください。





久賀島椿まつりは、2月23日、24日です。
松井画伯のアトリエ訪問もあります。
お待ちしています。
お問い合わせは下記まで。
筺  。娃坑毅后檻沓掘檻横隠械
携帯  090−5290−3691
久賀島やぶつばき会 坂谷
| hisakajima | 最近の久賀島 | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久賀島椿まつりのご案内
・・・2月23日(土)、24日(日)開催・・・
毎年恒例の「久賀島椿まつり」
今年も開催します。
道路そばの椿も、この通り満開で皆様をお待ちしています。



久賀島の玄関口である田ノ浦湾。
風がない時には、このように海が鏡のようになります。

田の浦湾

田の浦湾

久賀島やぶ椿会の活動拠点である「椿の里」で食事もできます。
殻付きの牡蠣は、久賀湾で育てています。
車エビも久賀湾で養殖。
お米も久賀島のお米・・・・と久賀島のもので食事作りをします。





お米や牡蠣、車エビ(冷凍)は、販売もしますよ。
皆様に喜んでいただいています。



また、椿の苗も販売しています。
その中には、今では久賀島の山の中にはなくなってしまった「久賀白」という名花もあります。
ぜひ、皆様の庭で育ててください。





久賀島には、「フランスの宝」と称される松井守男画伯がアトリエを構えています。
これまで椿まつりの時には、フランス・コルシカ島からはるばるいらっしゃり、アトリエで絵画鑑賞をしてくださっています。
今年もいらっしゃる予定です・・・・先生に急用などができませんようにと祈っています。
普段、見ることができない世界的な絵画を楽しんでください。
先生のお話は、とても楽しく、また世界で活躍していらっしゃいますので心に響くものがあります。



島内巡りも楽しいですよ。
順番に少しご紹介します。
浜脇教会堂です。
久賀中の小林先生がドローン撮影した写真と、日向さんの写真でご紹介します。

[写真:小林先生ドローン撮影]


[写真:日向さん撮影]


波静かな久賀湾を通り、牢屋の窄殉教記念教会堂へ。
明治元年に起こった悲惨な悲しい歴史の場所です。





ここは、島民が手作りで作った展望台です。
久賀島に来てくださる皆様に、きれいな久賀島を見ていただきたいと平成14年から作っています。
最初は、木々が生い茂った山だったんですよ。
それを島民がボランティアで作り上げました。
皆様、展望台からの眺めを堪能してください。



五輪地区にある旧五輪教会堂です。
明治14年に建てられたもので、長崎の大浦天主堂についで2番目に古い木造教会です。
久賀島の仏教徒の大工さんが建てたといわれています。





次は、「花炭」というものです。
花の種の殻や松ぼっくり、栗などを焼いています。
作り方は簡単ですが、今のところお持ち帰りが難しいので販売はしていません。
椿の実(かたし)の殻は焼いても堅いので、準備できたらいいなあと思っています。





皆様、久賀島にぜひ遊びに来てください。
北海道からも知人が「久賀島椿まつり」のお手伝いに来てくださる予定です。
以前も別の季節にいらっしゃり、北海道で「久賀島写真展」をしてくださいました。
今年も素敵な写真を撮る予定だそうです。
   久賀島椿まつり
ヽ催日    2月23日・24日
島めぐり   田ノ浦港桟橋 9:40集合
          大人・・・・・・・・・・2,000円
          小学生以下・・・・・・1,500円
食 事    11:00から
          一人 1,000円
ぬ笋す腓錣察申し込み
         久賀島やぶつばき会  坂谷
         TEL 0959−77−2131
         携帯 090−9598−1107
世界遺産の島、久賀島をお楽しみください。
できましたら、一日ゆっくり遊んでくださいね。
お待ちしています。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
農協のお店紹介


久賀町にある農協。
最近は、お店にある商品が充実してきました。
都会の商店のようにはいきませんが、私たち島民にとっては、必要な物がそろっています。
私が買い物に行った時には、野菜はありませんでした。
でも、地域の方々は、野菜は自分で作っていますし、道路沿いの100円の無人ショップでも販売しています。
農業だけではなく、毎日の食事の材料や洗濯、掃除など、生活一般に必要なものは揃っている農協です。



場所は、久賀町の折紙神社の前です。
五島牛もありますよ。
時々、魚も入荷しています。





買い物ついでに、折紙神社にもお立ち寄りください。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 01:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
炭を焼きました
・・・松ぼっくりやクリ、木の実など・・・
1月26日は、大風でした。
「花炭を焼きます」とお知らせしていましたが、この大風では参加者はいらっしゃらないのでは・・・・。
心配していましたが、皆さん集まってくださいました。



早速、空き缶に焼く材料を詰めていきます。
松ぼっくり・栗の実・センダンの実・ヤシャブシの実などなど・・・。
空き缶には、アルミフォイルを敷いています。





そして火の上に。
すぐに燃える竹を使っています。



小学生も参加してくれましたよ。
栗のイガは御覧の通り、まるでウニのようになります。





周りは囲ってあるので火事になる心配はないのですが、風が強いので煙が充満して大変です。
みんな涙目で作業です。





だいぶ焼きましたので、コーヒータイム。
インスタントコーヒーですが、美味しかったですよ。
ほっと一息つきました。





一息ついたあとは、それぞれが好きなように小さな篭にいれてもらいました。
とっても素敵な作品ができましたよ。





薪や竹を小さく切ったり、火の始末をしてくださった火の番人、三人組です。
有難うございました。
おかげで上手に炭がやけました。



風が強いので、出来上がりは箱に入れて風よけにしています。
残念ながら出来上がりの素晴らしさはお見せできませんが、3月に展示しますので、その時に写真を撮ってご覧いただきます。
このような炭焼きに興味がある方は、いらっしゃいませんか。
材料は、そこらへんに沢山あります。
久賀島で楽しめる「花炭焼き」
楽しいですよ。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
亀河原椿林へ行ってきました
・・・・驚きの状態でした・・・・・
久賀島は、今、椿の花が満開です。



「亀河原椿林は、ヤマイモを掘った跡ばかりだった」と、福江島の友人に言われました。
でも、それは人が掘ったのではなくイノシシが掘ったのです。
見に行って驚きました。



入口から椿のトンネルがある場所に入ると・・・・。
目を覆うばかりの状態でした。





昔は、久賀島には沢山のイノシシががいました。
あまりにも増えすぎ、家の軒下までやってくるようになってしまったので、久賀島村はイノシシの駆除に乗り出したのです。
山の中に、イノシシを追い詰め落とすシシ垣を作ったり、猟師さんを雇ったりしたそうです。
その努力の結果、久賀島からイノシシは居なくなってしまいました。
では、なぜ今・・・・。
イノシシは海を渡ってきたのです。
次の写真の奥に見える石垣は、当時のシシ垣の一部です。



以前、インターネットで「アオノクマタケラン」は、イノシシの侵入予防になるという記事を見ていました。
そこで、アオノクマタケランが群生している椿林の奥へ向かいました。
「どうか、そこにイノシシが入っていませんように」と祈りながら・・・。
ご覧ください。
ここには、イノシシが穴を掘った形跡はありません。





やはりアオノクマタケランは、イノシシの侵入を防ぐのか・・・。
それとも広い場所なので、まだ穴を掘っていないのか・・・。
これからも経過を見ていきたいと思います。
日当たりがいい場所のアオノクマタケランには、赤い実がついていました。



どうか、アオノクマタケランがイノシシの侵入を防ぐ防波堤となりますように。
それが分かったら、アオノクマタケランを増やしていこうと心に決めて帰路につきました。





アオノクマタケラン、頑張って。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久賀町の20日正月
・・・・1月20日・・・・・
お正月は、各町内で様々な行事があります。
20日。
久賀町では、「20日正月」の行事がありました。
場所は文殊堂です。
久賀町では、20日は文殊堂の初命日といい町内の皆さんは、仕事を休み文殊堂に参拝します。
久賀町の禅海寺のご住職に来ていただき、般若心経などを唱えます。







それから皆さんで、ご馳走をいただきます。
朝早くから女性たちが作ったご馳走。
おいしそうでしょう。



この文殊堂には囲炉裏があり、火を焚いて暖をとるんですよ。
懐かしい風景です。
文殊堂も全体が暖かくなり、くつろげます。



ついうっかりして文殊堂の写真を撮ったのを消してしまいました。
残念!
次は、文殊堂から下りるときに写した写真です。
屋根の向こうには、干拓した水田が見えます。
この水田は、昔は海だった場所ですが埋め立てて水田にしたのです。





20日には、猪之木町では、「注連縄うち」がありました。
神社の注連縄を新しくするのです。
そして、蕨町では「お茶会」をしましたよ。
これはお正月行事とは関係ありませんが、毎月第3日曜日に女性たちが集まってお茶を飲みながらお話をするんです。
高齢者が多いので、お互いの健康状態を把握するいい機会でもあります。
私は、皆さんから昔のお話を聞けるので、とても楽しみです。
高齢者による高齢者のためのお茶会。
これからも楽しみながら続けていきます。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 00:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久賀島潜伏キリシタン資料館について
・・・・電話番号をお知らせします・・・・



常駐しているわけではありませんので、下記の番号にお電話ください。
この資料館を維持管理していくために、入館料を頂いています。
宜しくお願いします。

 筺。娃坑毅后檻沓掘檻横沓牽
 入館料 一人 300円

資料館に係員がいない時には、携帯に繋がるようになっています。
なるべく早いご連絡をお願いします。
久賀島の潜伏時代の資料などが沢山展示されていますので、ぜひお立ち寄りください。
お待ちしています。



このブログは、私が写真や記事を送り、島外にいる息子が更新しています。
息子がインフルエンザに罹り、しばらく更新できませんでした。
軽い症状で終わったようでよかったです。
母親の私は、二次離島に住み空気がきれいなためか、まだ風邪にも罹っていません。
久賀島は、心身ともに健康になる島ですよ。
ぜひ久賀島へお越しください。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 22:27 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
折紙展望台のドローン写真
・・・久賀中学校 小林先生提供・・・
島民手作り「折紙展望台」の写真を、小林先生から提供していただきました。
折紙展望台は、久賀島を訪れる皆様にきれいな久賀島を見ていただきたいと作った展望台です。
最初は、本当に木々に覆われた山でした。
その山を切り開き、急な雨にも困らないようにと、私たちが「東屋」と言っている建物も建てました。
不要になった電信柱をいただいて来て、柱にしました。
アスファルトは、道路工事で少し余ったものを頂いてきたものです。
何か必要なものがあるらしいという情報があると、みんなでワーツと行って頂いてきました。



次は久賀湾の入り口です。
久賀島は馬蹄型をしています。
湾の中は波静かですが、湾から出ると風が強い時には、大きな波が立ちます。
昔、昔、湾の中だけで漁をしていた時には、久賀湾は、とてもいい漁場でした。
しかし、外へ出て漁をするようになると、湾の出入口が荒れることが多いので、いい漁港とはなれなかったのです。



湾の中ほどにある弁天島です。
弁天島の小高い山の上には、弁天様が祀られています。
弁天島の登り口には、鳥居が建てられています。
しかし祠まで登る階段は、だいぶ壊れていて用心しながら登らないと危ないです。



久賀湾の奥には干拓の水田が見えます。
左手に見えるのは、車エビの養殖場です。
丸い島は、やはり弁天島といい鳥居と祠があります。
祠には、この海岸に流れ着いたと言われる小さな仏像が祀られています。
昔は、弁天島は陸から離れていましたが、今では陸続きになっています。



こちらは久賀湾の反対側で、蕨町の風景です。
小さなピーナッツのような形の島は、蕨小島といいます。
ずっと昔「ひょっこりひょうたん島」りという、テレビ番組がありましたが、ひょうたん島にそっくりでしょう。
カトリックの方々が住んでおられます。
蕨小島の向こうは、奈留島です。



この山は、折紙という集落へと続きます。
現在は、一家族が住んでいます。
息子は、この折紙の同級生の家へよく泊りがけで遊びに行っていました。
当時は大きな道路が無く、獣道のような道路を歩いて行ったものです。
小中学校の歓迎遠足やお別れ遠足の時には、折紙か五輪へ行っていました。
その時に先生方は、家庭訪問もかねていました。
当時は、五輪へ行くにも途中から歩かないと行けなかったんです。



久賀島には、大きなお店もなく、遊ぶための場所もありません。
でも、豊かな自然と奥深い歴史があります。
住んでみると宝の島ですよ。
一度、ゆっくりといらっしゃいませんか。
自然を楽しんでもいいし、歴史を訪ねてもいいし、民話を訪ねて歩き回るのもいいし・・・。
楽しみ方は千差万別です。



久賀島は、集落全体が世界遺産です。
世界遺産の島を散策しにいらっしゃいませんか。
お待ちしています。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:05 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

bolg index このページの先頭へ