blog index

久賀島ブログ!

久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
久賀島は、長崎県五島列島にある馬蹄形の美しい島です。 やぶ椿が島中に繁茂し、季節になると凛とした美しい花を咲かせ 島中を赤く彩ります。 一夜にして沈んだといわれる高麗島伝説や鬼伝説など、 伝説・伝承 の多い島でもあります。
2018年(平成30年)6月30日、久賀島は集落全体が「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産となりました。1881年(明治14年)に、久賀島の仏教徒の大工さんが建てた旧五輪教会堂や、牢屋の窄殉教記念教会堂、そして島の人たちが手づくりした「島民手造り展望台・折紙展望台」、四季折々変化する美しい風景、そして温かい人情などなど。魅力にあふれた久賀島へ一度いらしてくださいませんか。
↓公式ホームページはこちら
>>久賀島<<
椿の実(かたし)かたし採りと市小木などなど
・・・・・豪雨続きの中の晴れ間・・・・・
豪雨が続き、久賀島でも小規模ですが、がけ崩れが発生しました。
深浦では、家屋に続く道路ががけ崩れで通れなくなりましたが、復旧作業がおわりました。
道路だけではなく、山も崩れている場所が見かけられます。
水を沢山含んでいるので、これからも注意が必要だと思います。
牢屋の窄殉教記念教会堂の前を通りかかると、かたしを採っていました。





ここのかたしを採る許可を得たと言っていたので、写真を撮らせてもらいました。
細い椿の木の枝に上って、本人曰く「猿のように敏捷に」、次々とかたしを採っています。
昔は、集落ごとに全員でかたしを採り、平等に分け、其の後は個人が採りに行っていたそうです。
平等にというのがいいですね。
沢山、採ってね!





今日、9月4日は午前中は雨でした。
ところが午後からは、晴れ間が見えました。
どうか、このまま晴れますように!



久賀島の郵便局です。
旅行にいらした皆様、記念に貯金をしていきませんか。
たまに100円貯金とかする方がいらっしゃるそうですよ。
記念にということで・・・。



久賀湾です。
黄色いオイルフェンスが見えますが、これは濁り止めです。
圃場整備をしていますので、なるべく濁りがいかないようにしているんです。





前日、小雨の中、市小木へ行ってきました。
観音堂の前の桜が、だいぶ大きくなっていました。
ここの桜は、以前、台風の時に折れてしまった桜です。
その後、地域の方が水やりをしたりして大切にしていましたので、こんなに大きくなりました。
春。桜が満開の時に来たいと思います。



観音堂の側のお地蔵様です。
とても大切に守られているのがよくわかります。
ここのお地蔵さまは、一人づつのお地蔵様と二人が一緒にいらっしゃるお地蔵様とあります。
こんなに大切にされていますので、きっと地域の皆さんを見守ってくださっていることでしょうね。





我が家の庭に咲いた「ノシラン」です。
山に咲いていた種を持ってきて植えたところ、芽が出て大きくなりました。
種は、とってもきれいな青ですよ。



道路そばなどに咲いている仙人草。
薬にもなるそうですが、有毒なので素人が飲んだり食べたりしてはいけないそうです。
奇麗な花です。



どうか、このまま晴れてください。
明日、5日はキリシタン物語というツアーのガイドです。
久賀島と奈留島をご案内します。
晴れた久賀島・奈留島、そして海をご覧いただきたいなあ。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雨よ、止んでください!
・・・グラウンド・ゴルフ練習には来たけれど・・・
久賀小中学校側にあるグラウンド・ゴルフ場を通りかかると、練習に集まった皆さんが雨宿りをしていました。
9月に団体戦があるので、雨でも練習にと集まったようです。
頑張ってくださいね。目指せ、優勝!
アッ、蕨のチームも参加するんでした。
どちらも頑張ってくださいね。





大開の集落に行ってきました。
このように雨雲がかかって、真っ暗になっていました。



大開も圃場整備をしています。
今は耕作放棄地が増えていますが、以前は広々とした田んぼでした。
また広々とした田んぼに蘇るかもしれませんね。



大開の風景です。
この土地が、青々とした田んぼになる日が楽しみです。







大開にある変電所です。
変電所の横の小道を行くと、赤仁田教会堂の跡があります。
建物は無く、本当に跡ですが・・・。
カトリック墓地もありますが、知らない方はたどり着くのは難しいかもしれませんね。





大開の柳坂神社です。
そして神社横の小川の側にある水神様。
6月の「川祭り」の時には、お供えをする場所が数か所ありますが、その一か所です。





刈り取って干していた稲が、雨続きで、このようになっています。
乾かないうちに雨が降るので、脱穀ができません。
芽がでないといいのですが。



クサギの花。
葉っぱなどは、その名の通り臭いですが、花は、わりといい香りがします。
ちょっと強い香りですが・・・。



蕨町に帰ってきました。
雨続きで稲刈りができていない田んぼがあります。
農業も漁業も自然に左右されます。
自然を大切にしなくてはいけないと、つくづく思います。





豪雨で被害にあわれた皆様にお見舞い申し上げます。
幸いなことに久賀島は、人的災害はなく安心しています。
しかしニュースで被害の状況を見るたびに、心が痛みます。
自然を壊さないように、できることを少しづつでも実行していこうと思っています。
田舎に住んでいると、いかに自然が変化していっているかが、よく分かります。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 06:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
夕焼けマラソン楽しんでください!
・・・・雨が止むといいですね・・・・
8月24日(土)は、五島市福江島で夕焼けマラソンが開催されました。
今日は、ガイドでしたので福江の港へ行くと、人・人・人・・・・。
小雨の中を久賀島へ出発。
久賀島、奈留島とご案内して福江港に戻ってきました。
北海道から参加しておられたお客様がいらっしゃいましたので、一緒に写真を撮らせていただきました。



実は、2016年の冬に北海道の由仁町という町に行ったことがあります。
久賀島にアトリエを構えておられる、フランス・コルシカ島在住の松井先生の講演会に参加させていただいたのです。
大勢の皆様が講演を聴きに来られて、質問も沢山あり素敵なひと時でした。
初めて行った北海道。
由仁町の皆様のご親切に、北海道が大好きになった私です。





由仁町は、とっても素晴らしい所でした。
空港から由仁町へ行く途中の風景にも感動しました。
葉が落ちてしまった焦げ茶色の木々の後ろに、真っ白く積もった雪。
焦げ茶色と白が、とてもきれいで何時までも見ていたい景色でした。
その風景は車窓から見ていましたので、写真は撮れなかったのが残念でしたが今も目の奥に残っています。
次の写真は、泊めていただいた友人宅の近くです。



久賀島行きの定期船を待っている間に、夕焼けマラソンに参加される皆様にお話を伺いました。
この方は、北海道から移住してこられたとのこと。
嬉しいですね。
これからもずっと五島市民でいてくださいね。
マラソン頑張ってください。



グループでいらっしゃっていた皆様。
皆様の明るさで雨も止むかもしれませんね。
港が一気に明るくなったようでしたよ。
楽しんで走ってください。





静岡からもいらしていましたよ。
私は、静岡といったらお茶と清水次郎長(古いかな?)を思い出します。
ファイト!頑張ってください。



最後に、五島市からの参加の方をご紹介。
五島市男子の心意気を見せてくださいね。
ぎばれ〜。



出発を見ないまま久賀島に戻ってきましたが、きっと皆さまは、夕焼けマラソンを楽しんだことでしょう。
9月22日(日)に、久賀小中学校の運動会が開催されます。
児童生徒が16人という学校ですので、地域と合同の運動会です。
もし、その頃久賀島にいらっしゃる予定がある方は、ぜひ運動場を覗いてみてください。
お待ちしています!!
| hisakajima | 最近の久賀島 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
キリシタン物語に参加された素敵な皆様です
・・・・・私も頑張ろうと思いました・・・・・
とってもお元気で、素敵な皆様でした。
皆様とお話しできてうれしかったです。
食事の時にお歳をうかがってビックリ!
83歳の方もいらっしゃいました。
お元気の秘訣は・・・・・・。
「何にでも興味を持つことです」
私も見習います。楽しい時間を有難うございました。



この日は、早朝は雨でしたが、ツアーが始まると雨がやみました。
ところがツアーが終わり久賀島へ戻るために、定期船に乗ると大雨!
良かった。ご案内が終わった後で・・・。
辺りは、瞬く間に灰色の世界です。







しかし、久賀島の田ノ浦港に着くと小雨になり、止んでしまいました。
まあ、なんて親切な雨なんでしょう。



今、久賀島では圃場整備のための工事が始まっています。
小さい田んぼや棚田などを整備して、仕事がし易いようにしているんです。
高齢化と人口減少が進む久賀島。
圃場整備が完了すると、田植えや稲刈りが捗ることでしょう。







集落全体が世界遺産の久賀島。
また国の重要文化的景観の島でもあります。
本当に「島に来たなあ」と思える島ですよ。
植物を見ながら民話を尋ねるもよし、歴史探訪もよし、海岸線を見て回るもよし・・・・・・。
そして俳句が好きな方、吟行にいらっしゃいませんか。
都会にあるものは何にもないけど、それ以外は何でもある久賀島です。
お待ちしています。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
細石流のきれいな海で海水浴していたみなさん
・・・・稲刈りが終わってよかったですね・・・・
細石流に行ってきました。



久賀島の海は、どこもきれいですが、細石流の海もとてもきれいです。
昔は、久賀小学校の分校があるほど人口が多かったのですが、現在は二家族が住んでおられます。
可愛い小さい女の子もいますよ。
元気ですくすく育っています。





テントが見えたので近づくと、知人の家族とお友達のグループでした。
子どもたちは海水浴。



大人たちは、子どもたちを見守りながら、よもやま話に花を咲かせていました。
とっても楽しそうでした。
私もおしゃべりの輪に入りたかったのですが、残念ながら帰らなくてはいけません。
またお会いしましょう。





子どもたちは、透き通った海で楽しそう!
みているだけで暑さも吹き飛びました。
どうですか。久賀島の海の美しさは・・・・・。





久賀町に戻ってきました。
観光交流拠点の藤原亭でコーヒータイム。
美味しいコーヒーをいただきました。
一杯200円です。
観光に訪れた皆様、休憩にいかがですか。



診療所の先生ご家族が飼っているヤギが、小屋の屋根でくつろいでいます。
「メエ〜」と鳴きまねをすると、ヤギちゃんも「メエ〜」と応えてくれました。
小屋の中に入っていた、もう一匹も頭を出してくれましたよ。
かわいいなあ。



みなさんも、ヤギを見かけたら鳴いてみませんか。
お返事をしてくれるかもしれませんよ。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
稲刈りで大忙しです
・・・小学生もお手伝い・・・
台風の直撃をさけるために始めた早期栽培。
ただいま稲刈りの真っ最中です。
台風前に早く稲刈りをしなくては・・・・・。
市小木では、帰省した小学生がお手伝いに汗を流していました。



暑い中、トラックに稲の束を積み込んでいます。
お孫さんと一緒だと嬉しいですね。
疲れも半分になるでしょう。





まだ沢山残っていますね。
頑張ってお手伝いをしてくださいね。



大開の田んぼでも稲刈りをしていました。
こちらの田んぼは、牛の餌になるようです。
発酵させて餌にするために栽培しています。
久賀島では、牛を飼っている農家が数件あります。





青い稲の田んぼは、普通栽培の田んぼです。
10月頃に稲刈りをします。
どうか台風がきませんように。





永里の田んぼです。
ここも稲刈りが終わっていました。
良かったですね。台風前に稲刈りが終わって・・・。



今年は、かたし(椿の実)が沢山ついています。
実がつく木に、沢山の実がついたら台風が多いともいわれています。





タカサゴユリが道路そばに咲いています。
種が飛んで増えたのか、だんだん増えてきました。
白いテッポウユリに似た花があちこちで揺れています。



前回、紹介したカノコユリは、環境省レッドデータブックで絶滅危惧粁(VU)だそうです。
昨年、花が終わった後に草刈りをしたところ、今年は沢山増えていました。
もっと増やしていきたいと思っています。



カラスウリの花が咲いていましたが、風でレースのような部分が絡まっていました。
本来は、とっても奇麗な花です。



台風の通り道の皆様、どうかお気を付けください。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久賀島は、台風8号の被害はありませんでした
・・・・カノコユリが満開です・・・・



久賀島には、カノコユリが自生している場所があります。
昨年よりも沢山咲いていました。
来年は、もっと増えるといいなあ。



数日前に、椛島へ行ってきました。
住んでおられる方に案内していただきました。



椛島は久賀島と同じ二次離島です。
人口減少や高齢化に悩んでいる島です。
お互いに頑張りましょうと思いました。



長刀岩も見に行きました。
山の中なので草が生えていると思っていましたが、地元の方が草取りをしてくださっていました。
どこの島にも、地元を愛して頑張る人たちがいらっしゃるものですね。



暑くて熱中症になりそうだったので、港の近くでソフトクリームを食べました。
美味しかったです。
お店の女性が頑張って商店を続けてくださっているので、椛島の皆さんは助かっていますねえ。
これからも、お店を続けてくださいね。



交通の便が悪いのですが、とっても面白い島です。
久賀島、奈留島、椛島・・・・。
島々をよろしくお願いします。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 19:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
久賀島の風景いろいろ
・・・教会守です。よろしく・・・
旧五輪教会堂には、永松翼さんが教会守として勤めています。
久賀島出身ではありませんが、いろいろ勉強して説明も上手です。
Iターンで来られている青年です。
皆様、よろしくお願いします。



外上平です。崖もきちんと草刈りをしています。
見習おうと思っている地区です。





島民手づくり展望台に、お客様をご案内したので写真を撮りました。
いいお天気でしたので、椿の葉がピカピカ光っています。
実(かたし)は、9月から採取します。





先だっての大雨にも負けずに、稲はよく稔っています。
田んぼに近づくと、稲の香がしますよ。
どうか稲刈りまで、台風の直撃などがありませんように・・・・。



これからの写真は、久賀中学校の小林先生からお借りした写真です。
上空から見ると、違った風景に見えます。
まず、久賀町です。



野園の港です。
向こうに見えるのは福江島です。



内上平の辺りです。
真ん中あたりに見えるのは、「久賀島潜伏キリシタン資料館」の屋根です。
一度、いらっしゃいませんか。
右側の土は、がけ崩れではありません。
仕事がしやすいように圃場整備をしているところです。



内上平から市小木へ行く途中の田んぼです。
以前はきれいな棚田でしたが、耕作放棄地が増えてきました。
高齢化と人口減少で、仕方がないのが現実です。





次は、久賀湾に浮かんでいる弁天島です。
まあるい島で、頂上には弁天様が祀られています。
階段が古く、登りづらくなっています。



昔々は、ここ久賀湾ではカマスの地引網も行われていたそうです。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
五輪地区と東京オリンピック秘話
・・・二次離島とオリンピック・・・



五輪の地名の由来は、五輪塔があるから・・・と、久賀島村史にあります。
今では荒れ地になっていますが、以前は蕨町の人の田んぼでした。
今でこそ陸路が主体ですが、昔は、特に離島では海も又道でした。





蕨の人は、小舟で五輪までやってきて、田植え、草取り、稲刈りを行っていたそうです。
その頃は、道路が整備されていなかったのです。
五輪は、カトリックの集落です。
でも、五輪塔があるということは、近くに仏教徒の集落があったのでしょうか。
五輪塔だけではなく、近くに「お付き人の墓」といわれる四角いお墓もあったとのこと・・・。
昔、調査のために五輪塔を掘ろうとした時のことです。
まさに今から掘ろうとした瞬間「蕨が火事よ、蕨が火事よ」と声がするので、あわてて蕨へ戻ってみると何もなかったそうです。
それ以後、掘るといけないのではないかということになったそうです。
次は、昔の五輪の写真です。



昔は、五輪塔は、もう少し高かったよ、と言われた方もいらっしゃいました。
この五輪塔を祀る人が、蕨から五輪へ来る途中にある「鳥小島」の持ち主になると言われていたそうですよ。
昔、昔のお話です。



さて、やっと東京オリンピックとの関係です。
1964年の東京オリンピックの時に、なんと、五輪地区の方が二名、オリンピックに招待されたそうです。
「五輪」がご縁となった素敵なお話ですね。
2020年の東京オリンピック。
どこの国の皆さんも、自分の実力を十分にだせる試合ができますように。

| hisakajima | 最近の久賀島 | 21:29 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
日本人のおなまえっ!
・・・五輪は出ませんでしたね・・・
残念でしたが、後日、オリンピックに関係した事柄などをブログにアップします。
五輪地区には、「五輪塔」の一部があります。
久賀島村史には、この五輪塔が五輪という地名の由来だと書かれてあります。



番組をご覧いただいた皆様、有難うございました。
| hisakajima | 最近の久賀島 | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

bolg index このページの先頭へ